CoinPostで今最も読まれています

チャーリー・リー氏:LTCの分散化を推進する理由と、他プラットフォームとの提携方法

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトコインの現状
ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏がライトコイン普及のために行っている事、ライトニングネットワークやアトミックスワップのメリットについて、CoinPostインタビューを行いました。
『いずれライトコインを離れる』
分散化を進めるため、最終的にはライトコインを離れるとの発言をいただきました。保持するライトコインを全て売却するなど、分散化へ込められた思いとは。
ライトコインとは
2011年に登場した仮想通貨で、ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」とされている。ビットコインの欠点を補うことを目指して開発された送金重視の通貨であり、ビットコインのブロック承認時間約10分に対し、約2.5分まで短縮している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

今回、快くインタビューの承諾をしてくださったBobby Lee氏とCharlie Lee氏にお礼申し上げます。

Bobby Leeが語る『お金の自由』:法定通貨とビットコインの違い
中国最大級の仮想通貨取引所であるBTCCの元CEOがブロックショーで登壇し、法定通貨のウィークポイントとビットコインの優れている点について話しました。 またCoinPost編集部でインタビューした質問も掲載されています。

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏

出典:CoinPost撮影

プロフィール

主要仮想通貨の1つであるライトコインの開発者。

MIT卒業後、Googleでエンジニアとして働きながらライトコインを開発。

その後Coinbaseで働き、現在はライトコイン財団のディレクターとしてライトコインの普及に携わっている。

 

またリー氏は、昨年12月に自身の保持していたLTCを全て売却した事をreddit上で発表。

そして、そのスクリーンショットをツイッターに投稿しました。

リー氏は、利害対立を避けるため、このような動きに至ったと説明しました。

ライトコイン創業者が利害対立を避けるために保有LTCを全て手放す
ライトコイン創業者のCharlie Lee氏は自身が所有する全てのライトコインを手放しました。SNSを使い価格操作を行っているという疑いをかけられていたため、こういった利害対立を避ける目的で全てのLTCを売ったとのことです。

インタビュー内容一覧

―セグウィット発動してから1年以上経過して、近況は

セグウィットのおかげで、ライトニングネットワークが運営できるようになりました。

ビットコインとライトコインにとって、スケーラビティ問題などを解消するための”セカンドレイヤーソリューション”になる事でしょう。

決済がより早く、安く出来るようになるのが楽しみです。

―2018も半年近く経過したが、どのような成果があったか

加盟店とユーザーの採択を主に進めています。

もっと多くの商店に加盟店になってもらい、ライトコインを決済の手段として採用してもらう動きを広めています。

CoinpaymentsやCoinbase Commerce、Veemがオンライン決済やPOS(ポイントオブセール)でライトコインを受け入れています。

―仮想通貨は数多くのタイプがあるが、他の通貨と異なる点は

ライトコインの長所は、流動性です。

ほとんどの取引所で交換ができるので、売買も簡単に出来ます。

流動性はとても重要で、決済を行う際プロセスを速やかに決行する為に必要です。

決済が速ければ、加盟店にとってライトコインは使いやすくなりますし、現金に交換するのも簡単で、価格の変動が安定すれば採用もしやすくなります。

―昨年12月にライトコインを全売却されたが、ネットワークの分散化についてどう考えるか

ビットコインの問題点として挙げられるのが、サトシ・ナカモトが100万BTC(約1兆円)ほど保有しているとされることです。

もし仮に、その100万BTC(約1兆円)を一斉売却した場合、市場価格に大きな影響を与える事になってしまいます。

私の場合は、すでに所有するライトコインを全て売却しており、市場への大きな影響はありませんでした。

同時に、今後ライトコインの市場に影響を与える事ができなくなり、これは非中央集権化を促進するために良い事です。

(補足)redditで、所有ライトコインの売却を公式に発表した際、『Gdaxの1日の取引量の数パーセントにも及ばなかった』としています。

―なぜ分散化を推しているのか

分散化(非中央集権化)は、目的を達成する為の手段に過ぎません。

一番大事なのは、検閲への耐性です。

つまり、いかなる政府や企業などの第三者でも、ライトコインの送金と受け取りを止める事はできないという事です。

健全なコインを作るためには、これは欠かせません。

―ご自身のライトコインを売ったことで、他に変化は

ライトコインを売却したもう1つの理由は、開発の焦点を短期的な価格の動きにではなく中長期的な成長とライトコインの採択に置きたかったからです。

つまり、以前は”利害の衝突”が生じていたのです。

ライトコインを所有しない事により、価格の動きを気にすることなくライトコインの普及に専念できるようになりました。

―いずれLiteCoinを離れると聞いたが、本当か

本当の意味でライトコインを分散化させる為には、いずれ私が離れる必要性があると思います。

ですが、それはまだ先の話で、あと数年はLiteCoin財団と共に働くつもりです。

―本当の意味で分散化するには、どれほどの時間が必要か

あと10年程度はかかりそうですね。

―他のプラットフォームとはどのように提携するのか

ライトニングネットワークは、ビットコインとライトコインをアトミックスワップのように2つを即座に接続します。

この2つを接続する事で、遍在を可能にします。

これは、今後とも重要になってくる要素です。

仮想通貨は価値を交換出来ればどのネットワークを使うかは重要ではない、というのが我々の考えです。

―アトミックスワップについて詳細を

アトミックスワップは、異なる仮想通貨を交換する際に生じる、持ち逃げのリスクを回避する為のシステムです。

例えば、ビットコインとライトコインを交換したい場合、まずどちらかがビットコインを送ります。

しかし、相手側が責任を果たさずライトコインを送らない場合、持ち逃げされて終わってしまいます。

アトミックスワップでは送るコインに暗号で『鍵』をかけ、どちらも責任を果たすまでロックが開けられないようにします。

アトミックスワップを使えば、持ち逃げのリスクがなくなります。

また仲介人、相手側への信頼や相手との面識もそれぞれ必要なくなります。

分散化するには非常に重要なステップです。

―アトミックスワップはどのような変化をもたらすか

まず、オフチェーンのアトミックスワップがあります。

これはスピード重視で決済が瞬時にできます。

ライトニングネットワークでビットコインとライトコインが使える事で、アトミックスワップを可能にしています。

ライトニングノードで変換価格を宣伝できます(1BTC-100 LTC)。

―ビットコインはバブルで「いつかはドミナンスを失う」という声もあるが

私は、ビットコインは今後も優勢を保つと思います。

ビットコインは仮想通貨の『ゴールドスタンダード』ですし、ビットコインが消えることはないでしょう。

―その根拠とは

一番分散されていて、信頼性と安全性も高く、匿名性も十分だからです。

―今後ライトコインはどのように使われると思うか

決済手段として主に使われると思います。

特に加盟店からのご利用を期待しています。

―最後に一言

先月、アメリカの仮想通貨取引所「Gemini」から、ライトコインの取引を開始するという発表がありました。

これで王道の取引所は全て、ライトコインを扱う様になりました。

ライトコインはこれからますます使いやすい通貨になっていくでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧