CoinPostで今最も読まれています

Liskオフィス訪問レポート:Core1.0実装日やロードマップ変更日について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン・スタートアップのオフィス風景
時価総額ランキング上位の仮想通貨であるLisk。その開発チームが拠点を置いているドイツ、ベルリンのオフィスを訪問しました。
LiskのCEOに進捗状況をインタビュー
Lisk Core 1.0の進捗状況をLisk財団のCEO、Max Kordek氏に伺いました。
Liskとは
分散型アプリケーションプラットフォーム「dApps」の機能を持つ。 スマートコントラクトの記述言語に、メジャーなプログラミング言語である「Javascript」を導入、Microsoftとパートナーシップを締結したことでも話題に。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Max Kordek(マックス・コーデック)氏

出典:CoinPost撮影

現Lisk財団CEO、LightcurveCEO

大学で電子工学を学び中退。その後、オープンソース仮想通貨プロジェクトであるCriptiに携わる。

2016年にCriptiから派生するような形でLiskを立ち上げ1万4千BTCをICOで集める。

現在は、Lisk財団の会長とlightcurveのディレクターを務める。

マックス氏が創設したLiskプロジェクト、及び仮想通貨LSKは常に時価総額ランキング上位に名を連ねています。

ドイツ・ベルリンの様子

Liskのオフィスは首都ベルリンの中心地のポツダム広場の近くにありました。

ポツダム広場は以前ベルリンの壁により分断されていて、壁の跡地には線が残っていました。

出典:CoinPost撮影

この広場から通りに沿って歩くと10分程度でドイツの国会議事堂に着きました。

出典:CoinPost撮影

通称Reichstagと呼ばれるこの建物は1999年に再建築されており、さすがヨーロッパと唸らせるほどスケールが違いました。

ベルリンは上のような歴史のある建物とモダンな高層ビルが入り混じり立ち並ぶおしゃれな街でした。

Liskオフィスに突入

Liskオフィスに訪問させていただきました。

今回の訪問はメディアとしては初めてのオフィス潜入インタビューだったそうです。

新オフィス移転が予定されている中、快く迎えてくれたLisk本社の皆さまに御礼申し上げます。

Lisk本社の様子

発足から2年間、ベルリン中心部のコワーキングスペースのWeWorkに所在しているLisk本社の様子を取材させていただきました。

今後さらに多くの人材を雇用するということで数週間後に新しいオフィスへ移動するそうです。

現在のオフィスは80人収容できるサイズですが、新しいオフィスは2倍の広さで160人を収容できるそうです。

出典:CoinPost撮影

新しいオフィスは現在の拠点から数百メートルで、現住所のベランダから見られました。

6月中の引っ越しを予定しているそうです。

今回は移転目前ですが、現在のオフィスをCEOのマックス氏に紹介してもらいました。

Liskオフィスには開発、デザイン、マーケティングと人事・経理などのチームがいて、各々Liskプロジェクトを進めていました。

出典:CoinPost撮影

また以前コインポストでインタビューさせていただいた日本人開発者の遠藤秀説氏にもお会いし、ご挨拶させていただきました。

【Vol.1】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー
Lisk社の日本人開発者である遠田秀説氏にCoinPostが独占インタビュー。Liskの開発者の中で唯一日本人である遠田さんの経歴やLiskでのお仕事、また注目されるCore1.0の詳細を含む今後のLiskについて伺いました。
【Vol.2】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー
CoinPostによるLisk日本人開発者遠田秀説氏独占インタビューvol.2記事です。世界の市場で活躍される遠田さんから見た日本のブロックチェーン市場や、これから業界で働きたい方へのメッセージをいただきました。

実際に訪ねた際の動画を録りましたのでこちらからご覧下さい。

インタビュー内容まとめ

Core 1.0の本格実装はいつ?

Core 1.0は7つのAlpha版がありました。

Beta.7が5月末に出ました。8、9くらいまで行くと思います。 (追記:6月15日日本時間午後6時Beta.9がリリースされる予定です)

その後テストネット段階に移行してからようやくメインネットにたどり着きます。 .9から1.0のネットワークに移行する段階でどのような問題が出るか不明なので具体的な時期は言えません。

しかしAlpha版とBeta版でテスティングはほぼ完了しているのでテストネット段階自体は短いとおもいます。 長い道のりでしたが、ようやく完成の兆しが見えてきました。

ベルリンはブロックチェーン企業の拠点として有名?

元々ベルリンはスタートアップの中心地としてのインフラ(ベンチャーキャピタル、投資家、アクセラレーターやインキュベーター)が整っていて、それに伴う開発者やデザイナー、マーケティングの人材が集まっていました。

ですからAI、モノのインターネットと流行に敏感なベルリンのスタートアップ企業が最新の技術であるブロックチェーンを取り上げるのは自然な流れだったと思います。

今後の予定は?

Lisk Hubが一番の課題です。

Liskも急成長しているので副社長のOliver Beddows氏がLisk Core、ElementsとCommanderの開発を担当しています。

私(マックス氏)はUXにフォーカスしています。

2月のリブランディングは成功だったと思いますが、今でも初心者の方がLisk Hubを使えるかと言うとまだ難しいのが実態です。

現状で満足せず、仮想通貨が初めての方でも使いやすいアプリケーションを作っていきます。

出典:CoinPost撮影

ロードマップに変更が加わるのは本当?

はい。実現可能性と実装の難易度を見極めた上で今後の方針をもっと効率的なものに変えていきます。

新しい機能をいち早く提供する事を第一に考えていきます。 必要なものと時間がかかる機能を見極めていきます。

過去2年間で見えない部分の機能(バックエンドの頑丈さ、安定性、効率性)に焦点を当て続けていました。

しかしようやくユーザーが見える部分のUIやUXの機能に取り掛かる段階にたどり着きました

私たちはLiskコミュニティーのユーザーの要望やコメントを全て聞いています。

具体的なことは言えませんが、これからはどんどんユーザーが不満に思っている部分に着手していく方針です。

日本の方々へ一言

毎回日本を訪れるのを楽しみにしています。

私は毎週日本語のクラスに通っているのですが、日本に1週間いる方が2ヶ月勉強するより向上できるとおもっています。

以前日本に行った時はLiskのロゴがたくさんあったネクタイを持っている方と会いましたので今度行く時はどんなユニークなプロジェクトがあるか楽しみです。

また日本の方々がLiskはこの都市でミートアップをやるべきなどアイデアや提案がありましたら、是非メールを送ってください。 東京、京都、大阪を訪れるロードショーを面白いかもしれませんね。

CoinPostの関連記事

『Lisk Tokyo Meetup 3/26』イベントレポート
LiskのCEO「Max Kordek」氏の緊急来日にあわせて、Lisk公式の「Meetup」をCoinPostプレゼンツとして開催した時の模様をレポートでまとめました。Max氏のプレゼンでは、Liskのビジョンについても語られています。
ブロックチェーンや仮想通貨は、日常をどのように変えるのか|業界著名人インタビュー
Microsoft Azure、Lisk、Cryptocompare、Factomの代表者の方々から「ブロックチェーンや仮想通貨が、我々の日常をどのように変えるかについて、CoinPost編集部でインタビューさせていただきました。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア