仮想通貨アバランチ、340億円相当の報酬プログラムを開始

DeFiなどの開発をサポート

アバランチ財団は、暗号資産(仮想通貨)アバランチ(AVAX)で最大400万AVAX(340億円相当)規模のインセンティブプログラム「Avalanche Multiverse」を開始したことが分かった。

最初はブロックチェーンゲーム、DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)、企業利用といった領域のエコシステムをサポートするために資金を提供するが、他の領域も対象にしていくという。今回のインセンティブプログラムは、サブネット(Subnet)の機能を普及・発展させることが目的だ。

サブネットとは、アバランチブロックチェーン内にある、複数のノードで構成されるネットワークのこと。誰でもネットワーク内で個別のブロックチェーンを作成することができ、カスタマイズも可能である。

例えば、ブロックチェーンを許可型にするか自由参加型にするかを選べたり、本人確認(KYC)をした人だけ参加できるようにしたりすることもできる。これは、ユースケースに合わせたブロックチェーンを作成できるというアバランチの機能だ。

関連初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

今回のインセンティブプログラムには、ブロックチェーンゲーム「DeFi Kingdoms」が参加することが決定。DeFi Kingdomsでは、最大1,500万ドル(約17.3億円)相当をインセンティブに使うが、報酬の配分については改めて発表するとした。

また、アバランチの開発を主導するAva Labsが、企業が利用するDeFiのブロックチェーンを構築するために、Aave、Valkyrie、Securitize、Jump Cryptoらと協業。このブロックチェーンは本人確認機能を備えたものになるという。規制下にある企業がサブネットを活用し、DeFiを利用できるようにすることが目的である。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

関係者のコメント

Valkyrie InvestmentsのDeFi部門のマネージングディレクターは、今回の発表に際し、以下のようにコメントした。

 

本人確認のインフラを備えたサブネットの開発は、企業のDeFi参入に向け、大きな一歩になるだろう。我々はこの開発をサポートしていきたい。

 

Valkyrieは、パートナー企業に許可型のエコシステムに参加してもらったり、分散型台帳技術を活用するために、規制の枠組みの中で協業したりできるようになることを楽しみにしている。

また、アバランチ財団のディレクターは以下のように述べた。

 

サブネットは、仮想通貨が成長するための次の原動力になるだろう。

 

新しい技術の開発を可能にしたり、今まで経験したことのないような規模で実験を行なったりすることも可能になる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します