CoinPostで今最も読まれています

初心者でもわかる仮想通貨 ネオ(NEO)とは|特徴などを解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

様々な大手企業が関わっている
ネオ(NEO)の開発会社はアリババと提携。IBMや富士通などと同じプロジェクトに参加。
スマートコントラクトを実装
イーサリアムと同じくスマートコントラクト機能を実装しているため、中国版イーサリアムとも呼ばれる。
開発者にとって馴染みのあるプログラミング言語をサポート
イーサリアムと違い、プログラマーにとって馴染みのある言語「Java」などをサポート
目次
  1. 概要
  2. 歴史
  3. 特徴
  4. まとめ

概要

通貨コード 旧ANS→新NEO
取引開始日 2016年10月
コンセンサスメカニズム DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)
発行上限 1億NEO
ブロック生成サイクル 約15〜20秒
公式サイト NEO公式サイト
ブロックチェーンURL ブロックチェーンエクスプローラー
White paper NEO White Paper
配当 NEO To Gas

ネオ(NEO)はアントシェアーズ(Antshares)から名前を変えた、中国初のパブリックブロックチェーンプロジェクトです。

そのため中国での人気が根強い仮想通貨となっており、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

歴史

旧アントシェアーズ(Antshares)、現ネオ(NEO)は2015年にICOが開始され、2016年10月にPoloniexやBittrexなどの取引所に上場しました。名称の変更は2017年6月に発表されました。

NEOは中国のOnchainというスタートアップ企業が開発しています。

Onchainは、Hyperledger(ハイパーレッジャー)プロジェクトと呼ばれるオープンソースのブロックチェーン技術推進コミュニティに中国のブロックチェーン企業の中でも初の参加を果たしています。このプロジェクトに参加するIBMや富士通、MUFGといった30社以上の大手企業や金融機関と共同でブロックチェーン基盤の技術開発を行っています。

アリババとも提携しており、大手企業から注目を集めています。

特徴

ネオ(NEO)は様々な利点を備えた通貨です。それぞれを詳しく解説します。

スマートコントラクト機能

ネオ(NEO)は中国版イーサリアムと言われていることから分かるように、イーサリアムと同じくスマートコントラクト技術を持つプラットフォームです。

スマートコントラクトについてはイーサリアムでも触れていますが、ここでも簡単に解説しましょう。

スマートコントラクトとは、プログラム化して自動的に実行できる契約のことを言い、執行条件と契約内容を事前に決めておくことで、その条件に合致した場合に自動的に契約が履行される仕組みのことです。

これだけでは分かりにくいので、スマートコントラクトの導入例である自動販売機に例えてみましょう。

上図の①は自動販売機では「利用者が必要な金額を投入する」、「特定の飲料のボタンを押す」という契約条件です。この条件を果たすと、②→③→④が自動的に実行されて「特定の飲料を利用者に提供する」という契約が果たされます。

条件が整った場合には、販売事業者などの第三者や仲介業者などの許可を得ることなく自動的に契約が履行されています。スマートコントラクトはこのような仕組みです。

仮想通貨に話を戻すと、①の契約執行条件と契約内容がブロックチェーン上に記載されているため、契約書類の発行なく取引を行うことができ、また取引自体も仲介者を必要とせず、素早く安く契約内容を実行できます。

例えばビットコインでは、取引記録(例:AさんからBさんへ3BTC移動した)だけがブロックチェーン上に記載されているため、契約を果たすためには別途契約書類が必要となりますが、スマートコントラクトではこれを省き、契約内容も安全なブロックチェーン上に保護させることが出来るのです。

2017年6月まではネオ(NEO)のスマートコントラクトの全ての機能が実装されている訳ではありませんでした。

2017年7月にNEO2.0へとアップデートされたことにより、スマートコントラクトの機能がフル実装されました。

開発者にとって馴染みのあるプログラミング言語をサポート

この特徴がイーサリアムとネオ(NEO)の一番の違いと言えます。

イーサリアムでは、開発者に難しく馴染みのないSolidityと呼ばれるプログラミング言語を使うことが求められます。

ネオ(NEO)では、Microsoft.net、Java、Kotlin、Go、Pythonなどのプログラミング言語をサポートしており、スマートコントラクトを簡単に記載することが出来るのです。

プログラミング難易度を下げることで、ネオ(NEO)の開発が更に活発になると期待されています。

ネオ(NEO)の関連トークン、ガス(GAS)

ネオ(NEO)のプラットフォームにはガス(GAS)という通貨が存在します。スマートコントラクトの作成や使用等に、ガス(GAS)が必要とされます。

その過程で使用されたガス(GAS)は、マイナー、そしてNEOホルダーに分配されます。

ネオ(NEO)とガス(GAS)は別の通貨ですので、当然価格も異なります。

このガス(GAS)の入手方法の代表例として、対応ウォレットにネオ(NEO)を預けることが求められます。

NEON wallet等の対応ウォレットではネオ(NEO)保有数に応じて配当が得られます。この配当がガス(GAS)です。

PoW方式のマイニング(CPU・GPUの提供)によってNEO・ガス(GAS)を取得することは出来ませんので、こちらは注意が必要です。

貰える額を知りたい場合は、ネオ(NEO)の保有量を入力することで貰えるガス(GAS)を換算してくれる、NEOTOGASというサイトがありますのでそちらを参照して下さい。

NEOTOGAS

ブロックチェーン上のファンドであるNest Fund

NEOのCEOでありNest Fundの創設者でもあるTony Tao氏は、2017年6月にイーサリアムの投資ファンドであるDAOのコンセプトに基づく、似たような事業のホワイトペーパーを提出する予定であると発表しました。

DAOと聞くと、イーサリアムが分裂する原因となったTHE DAO事件を思い浮かべる人が多いと思います。
THE DAO事件について詳しくはこちら

Nest FundはDAOの失敗から学んで改善されたファンドである、とTony Tao氏は語りました。

まだ詳細は不明ですが、バグを発見したハッカーに報酬を支払うことにより、Nestが世界中から監視されるシステムを作るとのことです。

まとめ

仮想通貨業界、特にマイニングにおいて、中国のユーザーは一大勢力と言えます。

彼らのバックアップを受けることで、ネオ(NEO)は更に成長してく可能性があるでしょう。

今まではネオ(NEO)に関連して実際に実働したプロジェクトが少なかったのですが、海外の巨大掲示板であるredditで開設されたNEOチャンネルにおいて、NEOの創業者の一人であるDA Hongfeiはこう発言しました。

I believe we will see plenty of dApps/projects built around NEO in the 2nd half of 2017.

原文はこちら

「2017年後半から実働プロジェクトが増えていく」というこの発言通り、これからも多くのニュースが発表されて更に価格を上昇させるかもしれません。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア