Dapper LabsやChainalysis、下落相場でも相次ぐブロックチェーン企業の資金調達

資金調達事例が多数

ビットコイン(BTC)価格が21年7月以来、10ヶ月ぶりに30,000ドル台を下回るなど、下落基調が続く暗号資産(仮想通貨)市場。「仮想通貨の冬」(クリプト・ウィンター)の再来も懸念される中、複数のブロックチェーン企業が大手金融企業などから大体的な資金調達を行う事例が目立つ。

11日だけでも、大手企業を含む以下の関連企業が資金調達完了を発表した。(アルファベット順)

  • Casa
  • Co:Create
  • Chainalysis
  • Dapper Labs
  • KuCoin
  • Talos

関連:成長産業への巨額投資相次ぐ、暗号資産関連企業の資金調達事例まとめ

Casa

仮想通貨ウォレット開発企業Casaは27億円(2,100万ドル)相当のシリーズA資金調達ラウンドを21年12月に実施したことを発表。調達資金を用いて新たなウォレットAPI「Casa API」をリリースする方針を明らかにした。

資金調達にはAcrew Capitalのほか、Castle Island VenturesやAvon Venturesなどが参加した。

Casa APIは今夏、残高機能とデポジット機能を搭載した状態でクローズドβ版をローンチ予定。自己カストディ型のAPIソリューション提供を目指す。

Co:Create

新たなNFTプラットフォーム「Co:Create」は10日、シードラウンドで32億ドル(2,500万ドル)の資金調達完了を発表。出資ラウンドには著名VCのa16z crypto、VaynerFundやNot Boring Capital、NFTプラットフォームAutographなど50以上の企業や投資家が参加した。

Co:CreateはNFT(非代替性トークン)ブランドなどWeb3.0企業などにトークン発行ツールやインフラを提供する企業。長期的にはDAO(自律分散組織)化や独自トークン「CO」の発行も計画しており、現在はGesso Labs傘下に所属している。

Chainalysis

ブロックチェーン分析企業チェイナリシス社が、シリーズFの出資ラウンドで約220億円(1億7,000万ドル)の資金調達を行なっていることが明らかになった。11日に海外メディアThe Informationなどが報じた。

同社は、米国を拠点とする企業で、世界60カ国以上で政府機関、取引所、金融機関、保険・サイバーセキュリティ企業にデータ、ソフトウェア、調査などを提供。20年には、日本でも法人登録を行っている。

今回の出資は、シンガポールの政府系ファンド「GIC」が主導し、Dragoneer、Durable Capital Partners、9Yards Capital、Altimeter Capital Management、Blackstone、Sequoia Heritage、SVB Capitalなどが参加。ラウンド後の評価額は、約1.1兆円(86億ドル)規模となっている。

Dapper Labs

資金調達ラウンドとは異なるものの、「NBA Top Shot」などを手掛ける著名ブロックチェーン開発企業Dapper Labsは10日、Flowエコシステムを支援するための「Flow Ecosystem Fund」の設立を発表。同ファンドはVC大手のa16zやDigital Currency Groupなどから約950億円(7.25億ドル)相当の資金を集めた。

特定のエコシステムを支援するファンドの規模としては最大規模だと説明している。

なお、Dapper Labs自体は21年9月に9,900億円(76億ドル)の評価額で、320億円(2.5億ドル)の資金調達を実施したばかりだった。

関連:Dapper Labs、Coatue Venturesやa16zなどから270億円調達

KuCoin

また、大手仮想通貨取引所KuCoinは200億円(1.5億ドル)相当のプレシリーズBの資金調達ラウンドを実施を発表。評価額は1.3兆円(100億ドル)で行われたもので、Jump CryptoやCircle Venturesなど複数の投資ファンドも傘下した。

今回調達した資金は、取引システムのパフォーマンス向上やグローバル規制のコンプライアンスやリスク管理システムの強化に活用される。

KuCoinはCMCのデータでは、TOP5に入る大手仮想通貨取引所。シリーズAの資金調達は18年11月に行なっていた。

同取引所は4月に130億円規模のNFTファンドを設立したばかりだった。

関連:KuCoin、約130億円規模のNFTファンドをローンチ

Talos

また、機関投資家向け仮想通貨取引企業Talosは1,600億円(12.5億ドル)の評価額で約140億円(1.05億ドル)のシリーズB資金調達完了を発表した。同社にはStripesやBNY Mellon、Wells Fargoなどの大手金融機関も出資ラウンドに参加して、注目を集めた。

Talosは2018年に設立された機関投資家向けの仮想通貨プラットフォーム。トレードや取引処理などをブローカーディーラーやヘッジファンド、取引所などの幅広い顧客層に提供している。

過去にはa16zやPayPal Ventures,Fidelity VenturesやCastle Island Venturesなど有名企業が多数出資してきた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します