CoinPostで今最も読まれています

BNBチェーン、LUNAエコシステムを誘致へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

LUNAエコシステムを誘致

BNB Chain(旧バイナンススマートチェーン)は17日、暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)エコシステム上のプロジェクトの誘致を目的に、資金・インフラ面でサポートしていく方針を打ち出した。

BNB Chainは、Terraブロックチェーンから移行してくるプロジェクト専用のサポート体制を設けている。これには、コミュニティへのコネクション、マーケティング、ビジネス開発、トークン設計への助言の他、1,000億円規模のBNB成長ファンドからの出資も含まれる。

5月7日以後、アルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」のドル・ペグ(固定)崩壊をきっかけに、裏付け資産となるテラ(LUNA)の価値が99.99%下落。これにより、Terraチェーンは2度の停止を余儀なくされ、ネットワーク上の資産の預入総量を表すTVLは以前の4兆円規模から400億円規模に縮小している。

BNB ChainのGwendolyn Regina投資ディレクターはリリースで、「市場の大勢にとって困難な時期に、BNB Chainのエコシステムに新たなコミュニティを受け入れたい」として、以下のように述べている。

ユーザー数と取引規模で世界で最も使用されているブロックチェーン上への移行を検討しているプロジェクトは是非声をかけてほしい。革新的なdAppsの次のムーブメントを形成するために協力したい。

関連:バイナンス、1,000億円規模のBSCファンドを発表

BNBChainにリキッドステーキング

17日付のリリースによると、Terraエコシステムの主要なステーキング・デリバティブである「Stader Labs」が、まもなくBNBChain上で稼働するという。Stader Labsは現在4つのブロックチェーン上で「リキッド(流動的)ステーキング」ソリューションを提供しており、新たにBNBChainにも対応する格好だ。

リキッドステーキングとは、仮想通貨のステーキング利回りを得ながらその代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できる仕組み。今後、Staderを通じてBNBのステーキング利回りを受け取りながら、「デリバティブBNB」をレンディングの担保としたりDEX(分散型取引所)等で運用できるようになる。

BNBChainは、EVM互換のスマートコントラクトプラットフォーム。デイリーアクティブユーザー数は100万人強、TVLは約1兆円(87億ドル)を誇る。Staking Rewardsによると、BNBトークンの時価総額は6.5兆円(490億ドル)そのうち約7,000億円(56億ドル)相当のBNBがステークされている(執筆時点)。

Stader LabsのAmitej Gajjala CEOは、「ロックされていたBNBの流動性が市場に流入し、BNB Chain上のDeFiエコシステムを活性化できる」と強調している。

EVMとは

EVM(イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムのスマートコントラクトのコントラクトコードを実行するための「翻訳機」として機能するもの。

▶️仮想通貨用語集

テラ(LUNA)の暴落を受けて、テラ・エコシステム上のdApps(分散型アプリ)の争奪戦が始まっている。ポリゴン(MATIC)やファントム(FTM)といったブロックチェーンプロジェクトが、Terraチェーン上のNFT(非代替性トークン)およびDeFi(分散型金融)関連プロジェクトの誘致戦略を強化している。

一方、テラの開発を手動するTerraformLabs社のDo Kwon共同創設者は、エコシステムの優れた人材とリソースを引き留めようと「リバイバルプラン(復興)プラン」を17日に提案。コミュニティ投票を控えているところだ。

関連:ポリゴンやファントム、LUNAエコシステム争奪戦に

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
Starknet(STRK)がコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア