CoinPostで今最も読まれています

M2EゲームSTEPN、ゲーム内経済の改善プランを公開 第3チェーン展開を見据え

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

STEPNアクションプラン

「Move to Earn」分散型ゲームアプリSTEPN(ステップン)運営は8日、ゲーム内経済(エコシステム)が直面している課題解決に向けて、4つのアクションプランを発表した。

「第1レルム」のソラナ(SOL)、「第2レルム」のBNBチェーン(BSC)経済圏に次ぐ、第3,第4のチェーン構想を控える中、プロジェクトが抱えている4つの問題点を共有。コミュニティからのフィードバックを募っていた。

22年4月のアシックスコラボを発端に生まれた「第2レルム」BNBチェーン(BSC)展開では、やがてコントロール不能のバブルの様相を呈し、中国ユーザーの全面規制発表を機に靴やGST売りが殺到して暴落するなどエコシステムは激動を経験した。チームは反省点が多く相応の犠牲を払ったと認めつつ、今後のためのアクションプランを用意した。

これに先駆け6月3日には、コミュニティ対応や発信を専門とする「PR/マーケティングチーム」を発足している。

関連:STEPN、コミュニティ対応で専門の「PR/マーケティングチーム」を発足

8日のリリースによると、募集したフィードバックフォームに対し、わずか5日間で1500通もの意見・要望が寄せられたという。チームはコミュニティの熱意に感謝を示すと共に、多くの意見がアクションプランの方針に組み込まれたことを強調している。

今回導入されるアップデートは、STEPNにとって経済システムを調整するためのルール作りに他ならない。それゆえ、ドラスティックに変更するものは除外され、危険なシナリオの発生リスクを緩和するための施策や、ユーザーエクスペリエンスを損なわないレベルの施策が優先的に選択されている。

その実装はプロジェクトの持続可能性のバランスを損なわないよう段階的に行われ、微調整も加えられる。

関連:STEPN、コミュニティ対応で専門の「PR/マーケティングチーム」を発足

STEPNの改善策

アクションプランで最初に示されたSTEPNの改善策は、「レルム間のエナジー共有」に上限を設けること。

STEPNにおける「レルム(領域)」という概念は、ゲームユーザーをホストするサーバー、及びブロックチェーンを指す。レルム間でユーザーがブリッジ(移行)できる資産(GMTやエナジー)とできない資産(GST)があるが、STEPNの第1レルム(ソラナ)と第2レルム(BNBチェーン)とで相場が異なるために、ゲームバランスに歪みが生じていた。

一部のユーザーからは、ブリッジ機能の停止を求める声もあったが、STEPNとしては忠実なユーザーの過去の貢献を反故にしないために毎月の上限を設ける形を採用したとしている。こうすることで、まもなく公表予定の第3レルムへの既存ユーザーの過剰な資産移動が抑制され、健全な市場形成につながるだろう。

なお、エナジー(Energy)というのはデジタルスニーカーにとってのバッテリーのようなステータスのこと。1分毎に消費され、エナジーがゼロになると運動しても報酬(GST)を獲得できなくなる。

エナジーはプレイ時間外に徐々に回復するため保有するエナジー数は収益率に直接影響する。初期段階ではスニーカー1足につきエナジーを2個保有でき、スニーカーをたくさん保有したり、高品質なスニーカーを持つことで保有エナジー枠を増やせる。

STEPNが次に挙げた改善策は、「運動しないユーザーのミント&セル活動」の抑制を目的としている。STEPNにはユーザーが所有する2足のスニーカーを掛け合わせて「子」を作成する「シューミント(SME)」という機能があり、これに特化したユーザーを抑制する施策が導入される。

SMEには回数上限やクールダウン時間など複数の制約があるが、BSC側では短期間で大きな利益が出るとして靴の価格がSOL側の5〜10倍近くまで過熱したことでバブルの様相を呈して市場バランスを崩したとの指摘がある。

この対策として、STEPNは実際にアプリを利用するプレイヤーが時々拾える宝箱「ミステリーボックス」から、「ミントスクロール」が出現するように変更する。ミントスクロールはまもなく実装予定の新機能で、前述したシューミントに必要なアイテムとなる。

また、ミント後のクールダウンタイムを48時間から72時間に増やすとともに、ミンティングコストを上げることで、新しいスニーカーが市場に投下されるペースを抑制する。

関連:STEPNの「GMT(Green Metaverse Token)」とは|主な特徴と注目ポイントを解説

3つ目のチェーン展開に向けて

3つ目の改善は、ミント時に消費するコストが動的に変動する「ダイナミック・ミントコスト」の微調整だ。特に第2レルムである(BNB)では、GST価格が12ドルを超えて急上昇した段階でミントコストと利益のバランスが崩れ、第1レルム(ソラナ)よりも極端に早いペースでコストを回収できるような状況が生じた。

今後はGST価格にかかわらずミントに必要なGST量は一定となり、上乗せされるGMTの部分のみが動的に変動するようになる。これにより、アプリケーションの持続性を高めることができるという。

最後の施策は「スニーカーのリサイクル・メカニズム」のバージョンアップ。保有しているスニーカーを合成してバージョンアップできるようになる。具体的には、同じ品質のスニーカーを5足合成して、1つ上の品質のスニーカーを作成できる。STEPNによると、このアイデアはあまりにも大勢のユーザーから熱烈な要望を集めたため実装に踏み切ったという。

関連:STEPNへのDDOS攻撃受け、チームがメンテナンス完了を報告

また、合成により誕生したスニーカーには「短い文章を刻み込み、永久不変のまま残る」といったアイデアも組み込まれ、ユーザー主導の未知なる発展性に期待する社会実験的な要素も付加されている。

全体として、STEPNプロジェクトが提案するアップデートにより、ゲームを実際にプレイした人が報われ、スニーカーの作成ペースがより安定するようになることを目指す設計だ。新たなレルムが追加された場面においても、ネイティブトークン「GST」や「GMT」の相場がより安定し、STEPN全体のゲーム経済がポジティブなループに切り替わることが期待されている。

STEPNは、技術的な観点から参入障壁を最適化し、優れた顧客体験を維持するためにゲーム・プロセスを極力シンプルにすることを心がけている。そのためボット問題を解決するための価格変更時の手数料や、GST価格に応じたアプリ内のプラットフォーム手数料の導入など、優れた提案でありながら見送ったアイデアもあり、今後の経過を見ながら随時再評価していく方針だ。

関連:暗号資産を歩いて稼ぐ、フィットネス系NFTゲーム「STEPN」とは

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア