ビットコイン年初来安値を更新、イーサリアムは1300ドル台前半まで大幅続落

仮想通貨市況

10日のニューヨーク株式市場は、ダウが前日比880ドル(2.73%)安、ナスダックが前日比414.2ドル(3.52%)安と大幅安となった。

これを受け、週明け13日の東京株式市場では、日経平均株価が前週末比735.43円(2.64%)安と急落した。

大幅下落の背景として、10日夜に発表された先月のCPI(米消費者物価指数)が挙げられる。前年同月比8.6%上昇で40年ぶりの高水準を更新し、市場を予想を上回って着地した。記録的なインフレ長期化とリセッション(景気後退)リスク、FRB(米連邦準備制度)による金融引き締め加速への懸念が高まった。

これに伴う長期金利上昇は、株やビットコイン(BTC)などのリスク資産の下押し要因だ。13日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比8.54%安の338万円(25,000ドル)と暴落。12日の年初来安値を割り込んだ。

BTC/USD週足

「トロンDAOリザーブ」は11日、USDDの準備金として67億円相当のビットコインを購入した。

関連:トロンDAO、USDDの準備金として67億円相当のビットコインとTRXを購入

今年5月にローンチされたトロン基盤のUSDD(Decentralized USD)は、ルナ(LUNA)を裏付け資産としたアルゴリズム型ステーブルコイン「UST(TerraUSD)」を模倣した仕組みだ。

先日発生したUSTショックでは、Luna Foundation Guard(LFG)がディペッグ解消のため、準備資産として大量保有していた8万BTCを売却したことがFUD(恐怖、不安、疑念)を増幅させたとされ、市場関係者からは同様のシナリオへの懸念の声が上がった。

関連:テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

イーサリアム(ETH)

イーサリアム価格は、前日比9.84%安に。

昨年11月に記録した最高値から70%以上下落し、2017〜2018年の仮想通貨バブルの最高値1420ドルを下回った。

ETH/USD週足

21年5月の暴落時に持ち堪えた1700ドルのサポートライン(下値支持線)を割り込み、下落が加速した。

Coinglassのデータによれば、暗号資産(仮想通貨)先物市場では、過去24時間でETHのロングポジション2億4500万ドル相当が強制清算された。

bybt_chart

11日には、Lido Financeのステーキング報酬で得ることができる債権トークン「stETH」の価格下落も市場の懸念材料となった。

その価値を1:1でETHに裏付けられ、ビーコンチェーンとのマージ成功後に償還可能なstETHには、アルゴリズム型ステーブルコインであるTerraUSD(UST)のようなデススパイラルによる崩壊リスクはないとされる。

しかし、ETH価値とのディペッグが進んだ場合、レンディングプロトコルCelsiusでの取り付け騒ぎ、及びstETHの価値を担保にDeFi(分散型金融)レンディング市場などでレバレッジを効かせて利回りを追うユーザーの連鎖清算リスクが懸念される。

詳細:イーサリアム関連「stETH」の価格乖離、その背景は

Celsiusは13日、極端な市場環境を理由に「出金・スワップ」機能の一時停止を発表した。

またイーサリアム(ETH)のリード開発者であるTimBeiko氏は10日、マイニング(採掘)の難易度を上げる「難易度爆弾(ディフィカルティボム)」の発動を2022年8月まで延期することを提案した。最大500,000ブロック(約2ヶ月)遅延する可能性がある。

関連:イーサリアム開発チーム、難易度爆弾の発動延期

最も古いテストネットRopstenのマージの過程で発見されたバグの修正が必要な状況にあり、ディフィカルティボムの発動は、プルーフオブステーク(PoS)コンセンサスモデル移行への最終局面を示すものだ。

次は、メインネットマージ前のドレスリハーサルとして、Goerliテストネットのマージを予定する。

詳細:イーサリアム、Ropstenテストネットの「The Merge」実行間近に

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します