CoinPostで今最も読まれています

英国にはトークンエコノミーのグローバルリーダーになる素質がある:DAG Global 調査

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

英国のブロックチェーン企業への投資額は2年で3倍に
英国のブロックチェーン企業への投資額は、2016年3Qに約56億円だったが、2018年2Qには約170億円まで急成長。さらに、今後1年間で約750億円の資金が流入する可能性がある。
2022年から2025年にかけて「トークンエコノミー」への移行がピークに
現在、ブロックチェーン技術は金融以外にも浸透し始めている。今後、AIなどの技術と統合し、社会活動の大部分を担うようになる。仮想通貨などの代用通貨を用いる経済「トークンエコノミー」も発展する。
英国はブロックチェーンリーダーになる素質がある
英国はかつて金融のグローバルリーダーであった経験があることや、すでに多額の資金がブロックチェーン企業に投入されていることから、将来ブロックチェーンの世界的ハブになる可能性がある。
トークンエコノミーとは
仮想通貨などの代用通貨を用いた経済。ブロックチェーン技術の台頭によって、企業や個人が発行する独自トークンが価値を持つようになり、注目が集まる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

DAG GlobalとBig Innovation Centerは英国のブロックチェーンの動向に関する調査結果を発表しました。

また、AIなどの技術とブロックチェーン技術との統合が進めば、英国は「2025年までにブロックチェーンの世界的な中心地になる大きな可能性」を持っているといいます。

ブロックチェーン企業への投資額は3倍に

DAG GlobalとBig Innovation Centerは、英国企業や政府のブロックチェーンに対する動向を調査した結果をまとめた1000ページ近くに及ぶレポートを発表しました。

調査結果によると、英国のブロックチェーン企業への投資額は、2年間で3倍に増加しました。

2016年の第三四半期には約56億円だった投資額が、直近の2018年第二四半期には約170億円になりました。

さらに、2017年から2018年にかけて、約750億円が英国のブロックチェーン企業に流入すると予想しています。

2018年は「トークンエコノミー」台頭の年

この調査では、2008年以降のブロックチェーンを取り巻く環境について、具体的にまとめられています。

ブロックチェーンの変遷と予想は、以下のようにまとめられています。

2008-2014年:ブロックチェーンの台頭

2008年、Satoshi Nakamoto氏がビットコインに関する論文を発表し、ビットコインの中核技術であるブロックチェーンに注目が集まりました。

2008年以降、ブロックチェーンの開発コミュニティが拡大し、金融分野などでユースケースが考案されるようになりました。

その一方で、政府による仮想通貨などの法整備は整っていませんでした。

2016年:ブロックチェーン産業の台頭

2016年頃から、数多くの企業でブロックチェーンの開発が積極的に行われるようになり、ブロックチェーン産業が本格的に始動します。

この時期には、ブロックチェーンが一般に広く認知されるようになり、政府による規制も始まりました。

2018年:「トークンエコノミー」の台頭

2017年から2018年にかけて、ブロックチェーン産業がさらに発達し、AIやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)などの技術とも統合されるようになりました。

また、LegalTech(法務サービスにITを導入する)などが認知されるようになり、ブロックチェーンのユースケースが金融以外にも広がりました。

また、多くの企業や個人がブロックチェーンの信頼性を担保にして、独自の仮想通貨を発行するようになり、トークンエコノミー(仮想通貨などの代用通貨を用いた経済)という言葉が広まりました。

2022-2025年:「デジタルエコノミー」から「トークンエコノミー」へ

予想によると、2022年から2025年にかけて、デジタルエコノミーからトークンエコノミーへの移行がピークに達します。

この時期には、ブロックチェーンなどの技術がファイナンス、法律、ガバナンスなどの社会活動の大部分に浸透すると予想されます。

英国はブロックチェーンやその他の技術を統合し、様々な分野に応用することで、この時期には「ブロックチェーンの世界的なハブ」になっている可能性があるとされています。

英国が世界のブロックチェーンハブになる理由

この調査では、英国がブロックチェーンのグローバルリーダーになる素質があると結論づけています。

英国は、ブロックチェーンのグローバルリーダーになる様々な素質を持っています。

  • 英国議会がブロックチェーン技術を重要視している
  • 金融業でグローバルリーダーになった経験がある
  • ビジネスや法務などが先進的である
  • すでに多額の資金がブロックチェーン企業に投資されている

「トークンエコノミー」において、世界のブロックチェーンハブには、ブロックチェーン技術を様々な技術と統合し、ファイナンスをはじめ、社会活動の大部分に応用する必要があります。

英国には様々なリソースが揃っており、これらを有効に利用すれば、世界のブロックチェーンハブになるでしょう。

CoinPostの関連記事

主要ブロックチェーン国家として名乗りを上げる、カナダで高まる仮想通貨熱
イノベーションに寛容なカナダは環境も適しており、マイニングも盛んに行われている。また、カナダ中央銀行の最新データによると、1年間で男性の仮想通貨保有割合が4.2%から8.1%とほぼ2倍に達する上昇を遂げた一方で、女性比率は2%と横ばいに。
ブロックチェーン先進国マルタ島:ビットコインATMを搭載
ブロックチェーン先進国マルタ島にて、ビットコインATMが設置される。ビットコインATMのような「ATM」という馴染みのあるサービスからビットコインの普及が始まるのかもしれない。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧