CoinPostで今最も読まれています

NFTゲーム「Mythical Beings」、Simplexと戦略的提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たなパートナーシップ締結

アーダー(Ardor)ブロックチェーン上に構築されたNFTトレーディングカードゲーム「Mythical Beings(直訳:伝説上の生物)」が、法定通貨と暗号資産(仮想通貨)間のインフラを提供しているSimplexと戦略的パートナーシップを締結したと公表した。

アーダーとは、スイスのブロックチェーン企業ジェルリダ(Jelrida)によって開発が行われているスケーラビリティ向上に特化したブロックチェーンプロジェクト。

アーダーエコシステムではNFT開発に注力しており、4月にもコミュニティ主導で新たなNFTマーケットプレイス「Unicorn.art」のローンチが発表されている。

関連:アーダー上にコミュニティ主導のNFTマーケットプレイスがローンチへ

提携内容

今回のSimplexとの提携により、Mythical Beingsのユーザーはゲームウォレット内から直接イグニス (IGNIS)を購入することが実現した。

イグニスは、ジェルリダが開発を行っているパブリックブロックチェーン、アーダーで最初に作成されたチャイルドチェーン「Ignis」のプラットフォーム通貨。Mythical Beings内でもイグニスはプラットフォーム通貨として採用されており、NFTを購入するときなどの多くの場面においてイグニスが必要となる。

関連:Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

関連:ジェルリダがSimplexと提携、クレジットカードでARDR購入が可能に

今回のパートナーシップの提携について、Mythical Beings側は「法定通貨と暗号資産間のインフラを提供するリーディング企業とパートナーシップを結べたことを誇りに思う。これにより新規プレイヤーが参加し、NFTトレーディングカードゲームの主流になれれば」と語っている。

関連:NFTやブロックチェーンゲームなどの開発が活発化、アーダーエコシステム概説

Simplexとは

今回パートナーシップを締結したSimplexは、仮想通貨決済サービスのインフラを提供するEU認可の金融機関。Visa、MasterCard、Apple Pay、SWIFT、SEPAといった幅広い決済サービスに対応しており、世界各国の法定通貨から現在130種類以上の仮想通貨を購入することが可能。

Simplexは提携にも注力しており、BinanceやPolkadotをはじめとした業界内の著名な企業350社以上とのパートナーシップを締結済みだ。

同社は2021年9月、世界有数の決済技術プロバイダーNuveiによって買収されたが、「仮想通貨をより身近なものにする」というビジョンのもと、引き続きパートナーに対して優れたフィンテックソリューションを提供している。

関連:仮想通貨取引所が提携するSimplex、USDTのユーロ換金サービスを開始

NFTトレーディングカードゲーム「Mythical Beings」

Mythical Beingsは、Tarasca GmbHが開発した、アーダー基盤のNFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)トレーディングカードゲーム。ユーザーは、NFTの形で表された世界中に生息しているとされる「伝説上の生物」の収集を通じて、ゲームを楽しみながら仮想通貨を稼ぐことができる。

開発を行うTarascaとは、アーダーエコシステム内のチャイルドチェーン(シャードチェーン)「イグニス(Ignis)」上に構築されているゲーム特化型プラットフォームだ。多くのブロックチェーンゲームと比較して、Tarascaが開発するブロックチェーンゲームはNFT技術を活用しつつ、NFT価格が投機的にならないように意図されているという点、および現実世界とブロックチェーン世界の接続に焦点を当てているという点において非常に特徴的だ。

関連:アーダーブロックチェーン活用のゲームプラットフォーム、Tarascaとは

Mythical Beingsで発行されるNFTでも投機的な要素をできるだけ排除するために、NFTの発行枚数を大幅に増やしたり、「Jackpot」と呼ばれる、NFTを短期で売却するインセンティブを減らす仕組を導入したりしている。

また、Mythical Beingsは他ブロックチェーンとの互換性への意識も強い。第2弾のアップデートでは、ポリゴン(MATIC)を介してイーサリアム(ETH)のブロックチェーンに対応し、第3弾のアップデートではポルカドット(DOT)のネットワークとの互換性も実現している。

関連:NFTゲーム「Mythical Beings」、ポルカドットに接続へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 火曜日
15:15
bitFlyer、トラベルルール導入に伴う対応内容を発表
国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としては、Coincheckだけという状況が生じる格好だ。
15:07
群馬県沼田市、歴史文化保全のためNFTアート返礼品の「ふるさと納税」受付開始
群馬県沼田市は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクやCoinBestと提携し、「ガバメントクラウドファンディング」を利用したNFTを返礼品とする寄付金の受付を開始した。
13:50
米債務上限合意で仮想通貨業界に朗報 マイニング増税案は見送り
バイデン米大統領と共和党のマッカーシー下院議長は、連邦政府の債務上限引き上げで最終合意に達し、米国政府によるデフォルトが回避される運びとなった。合意を反映した法案では、マイニング企業に対する新たな課税提案は阻止され、仮想通貨業界にとっては朗報となった。
13:20
BNBチェーンNFT市場Tabiが14億円を調達
BNBチェーンに注目したNFTマーケットプレイスであるTabiは、大手Web3企業Animoca Brandsが主導するエンジェルラウンドで約14億円の資金調達を果たしたと発表した。また、コミュニティ向けの報酬プランを5月29日からスタートさせている。
12:29
ソーシャルとライフスタイルの融合「BOOOST」 旅行先でトークンを貯めて大切な人に会いに行こう
徒歩や車移動といった日常生活とソーシャルアプリを融合させたweb3アプリ「BOOOST」利用のメリットを初心者向けに解説。 旅行先で暗号資産(仮想通貨)トークンを貯めて、友達と交流を図ることができます。
12:28
ビットコインは上昇一服、米債務上限法案の行く末見守る
米債務上限問題を巡り基本合意に達したとの報道を受け買われたビットコインは30日までに上昇を一服した。議会で可決するまで史上初のデフォルトリスクが燻っており、米債務上限法案の行く末を見守るため様子見基調が根強いか。
12:05
Geminiら、米SEC提訴の棄却を求める申し立て
米国の仮想通貨取引所であるGeminiと、融資企業の Global Capitalが米証券取引委員会が起こした訴訟の却下申立書を提出したことが、裁判所の公開文書を通じて明らかになった。訴訟の却下申立書が認められた場合は、訴訟は棄却される。
11:35
Bybit、カザフスタンで仮想通貨事業の原則的な承認を取得
ビットコインなどを扱う仮想通貨取引所Bybitは、カザフスタンで事業について原則的な承認を得たと発表。規制整備の進む同国から旧ソ諸国へサービスを展開していきたいと述べた。
10:50
エヌビディア、AI向けのスパコン発表
エヌビディアは、AIのためのスーパーコンピューターDGX GH200を発表。ゲーム領域などでの活用を想定しており、Google Cloud、メタ、マイクロソフトといった大手企業も利用する予定だという。
10:03
オアシス(OAS)、SBI VCトレードに上場へ
ゲーム専用ブロックチェーンプラットフォーム「Oasys」のネイティブトークン「オアシス(OAS)」の上場が、国内の暗号資産取引所SBI VCトレードにて確定したことが明らかとなった。予定上場日は5月31日、OASトークンの国内での取り扱いは、bitbankに次いで2つ目の取引所となる。
10:00
ロシア、国営仮想通貨取引所の設立計画を取り下げ=報道
ロシアは国営の仮想通貨取引所を設立する計画を取り下げたと伝えられる。その代わりに民間の仮想通貨取引所規制などに関する実験的な法的体制を導入することを検討している。
07:30
デジタル円、日銀がパイロット実験
日銀は、CBDCに関する実証実験の概念実証フェーズ2の結果報告書を公開。概念実証では、分散型台帳技術との連携も想定している。一般的に分散型台帳技術には、ブロックチェーンが含まれる。
05/29 月曜日
14:35
JPモルガン、金融系AI(人工知能)「IndexGPT」の商標登録を申請
米JPモルガンは金融システムに活かすための人工知能「IndexGPT」の商標登録を申請した。株指数の作成や投資コンサルティングなど様々な金融サービスに使うことを念頭に置いている。
13:25
JPモルガンのアナリスト、ビットコインが45000ドルに達する可能性を指摘
JPモルガンのアナリストは顧客向けの相場予想で、暗号資産(仮想通貨)ビットコインが45000ドル(630万円)に到達する可能性を示唆した。
12:31
中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画 
中国北京市の科学技術委員会は、Web3イノベーションの開発をテーマとした白書を発表。北京市がWeb3産業育成のため政策支援を行っていくと述べた。朝陽区は毎年20億円以上を投資する計画だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア