CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン暴落時こそ重要性を理解すべき、米NY「仮想通貨取引所Bakkt」の可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新仮想通貨取引所「Bakkt」が期待できる理由
BakktのCEOに就任予定のICE取締役は、「機関投資家、企業、顧客がデジタルアセット投資参入の拡張性を持つ入口として、より高い効率性・安全性・実用性を推進する、画期的な取引所が構築される」と発言した。

新仮想通貨取引所「Bakkt」が期待できる理由

8月3日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICEが公表した仮想通貨取引所Bakktのニュースは、そのインパクトの大きさにも関わらずあまり認知されず、相場への影響は軽微で、Googleトレンドの検索数は15,000足らずでした。

 また数カ月前には、米ニューヨーク・ウォール街の象徴でもあるウォーレンバフェット氏が、ビットコイン及び仮想通貨に対する批判を強めており、「Warren buffet bitcoin rat poison」という検索は、100万件近くに達していました。

しかし、米国経済誌ForbesのコントリビューターNorbert Michel氏は、「新取引所のBakktは、遠くない未来に”ウォール街の強豪”にのし上がる」と見ています。その根拠は、主に2点あります。

  • 仮想通貨は、いずれ法定通貨に代替し、決済システムの役割を果たす可能性があるが、現時点では法定通貨のように普及していない
  • 仮想通貨が主流決済システムとなった場合、ブロックチェーンのメリットとして、”決済コスト”を大幅に削減できる

Michel氏はこの2点から、「Bakktは仮想通貨を”ウォール・ストリート”から”メイン・ストリート”にまで普及することができる」と述べています。

また、ICEのCEOを務めるJeff Sprecher氏は、「特別優れた改革者」であり、世界の取引所を「超効率的な電子取引市場」に現代化した要であり、ニューヨーク証券取引所を救った男とも呼ばれているとされています。

さらに、BakktのCEOに就任予定で、現ICE取締役であるKelly Loeffler氏は、「機関投資家、企業、顧客がデジタル・アセット投資へ参入するための拡張性を持つ”入口”として、より高い効率性・安全性・実用性を推進する取引所が構築される」と発言。

注目すべきポイントとして以下の3点を挙げました。

①機関投資家

②小売業

③顧客

へのサービスを提供すると説明。

Bakktの共同事業参画企業は、マイクロソフト社やスターバックス社であり、商品の社会的普及についてはプロフェッショナルです。中でも、スターバックスは、企業と顧客間におけるモバイル決済に関して長年のノウハウを蓄積した先導者でもあると言えるでしょう

つまりBakktにとっては、企業と機関投資家を繋ぐのにもってこいな事業参入者だと考えられます。なぜなら、Bakktは今まで仮想通貨業になかったもの、つまり信頼に値する「第三者の役割」を提供することになるからです。

Bakktは、利用者が間接的にBTCを売買することを促進する第三者と見做されます。

親会社ICEの影響力

ICEは、法的認定を持つ2つの世界最大の先物商品取引所(ICE先物米国とICE先物欧州)の経営も行なっているため、Bakktに対する信頼度は非常に高いと言えるでしょう。

ICE社が、先物契約の清算業務(クリアリング)を提供することにより、売買の信用リスクを排除し、機関投資家間での取引が法律上で認定されます。

ヘッジファンドマネージャーは通常、リスクを犯してまでポートフォリオに不明瞭な仮想通貨を購入することはあり得ません。

スターバックスが仮想通貨をマネーとして直接受け付けない点も、機関投資家が規制に準拠した高額売買しか行わない点も、Bakktがマッチングを提供することで解消されます。

その要は、Bakktの「BTC引き渡し1日先物契約」にあると考えられます。

つまり、投資家(機関投資家)も、企業(スターバックス)も、価格のボラティリティを抑えながらデジタル・アセットのポジションを変換することが可能となるわけです。業界的に言えば、Bakktは機関投資家による日常的取引に必要なインフラを提供する形になります。

Bakktが仮想通貨を大量に保存していれば、機関投資家はブロックチェーンに記録させることなく、いつでも取引が可能となります。それと同時に、個人投資家は今までの通り、BTCを買ったり、それでコーヒーを購入したりできるのです。

つまり、①機関投資家は第三者へ直接頼り、②顧客はブロックチェーンを直接利用できる、ということになります。

米国において、クレジットカードとデビットカードを利用し、買い物するのは一般的ですが、仮想通貨のアドバンテージ(より低い決済手数料及び、法定通貨の価値変動を避けた使用し方)を活用すれば、より大きなメリットが生み出されると思われます。

Michel氏は、それがBakktが先導する”仮想通貨普及の始まり”と見なしています。

参考記事:forbes.com

CoinPostの関連記事

ICEによる新仮想通貨事業は、ビットコインETFのチャンスを高めるだろう|米CNBC番組でBrian Kellyが語る
米投資会社BKCMのCEO「Brian Kelly」氏は、CNBCの経済番組で、ICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)による新たな仮想通貨取引所Bakktについて、「ビットコインETFのチャンスを高める」と語った。
今年最大とされるビットコインニュース「ICE」による影響|専門家の意見は?
米NY証券取引所を子会社に持つICEが、仮想通貨関連の新会社「Bakkt」を立ち上げると発表、スターバックスとの提携が注目を浴びているが、同社広報は、コーヒーをビットコインで購入するサービスではないと否定した。実際にこのニュースはどのような影響が考えられるのか?
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア