CoinPostで今最も読まれています

ProShares版ビットコインETFの最終可否判断、8月23日に迫る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

もう一つのビットコインETF可否判断日程が目前に
ウィンクルボス兄弟のETFが非承認となり相場が下落に転じて以来初となるビットコインETFの可否判断日程が近づいている。アメリカの証券会社、ProSharesが発行元となる、二つのビットコインETFの可否判断日程は、現地時間8月23日となる予定だ。
ETFとは
Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。 金融商品取引所に上場している投資信託を指し、機関投資家参入障壁低減の観点から仮想通貨最重要ファンダメンタルズの一つとなっている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

7月27日に、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFの上場申請が、アメリカ証券取引委員会(SEC)により却下され、本命視されているVanEck・SolidXのビットコインETFに対するSECの判断も延期されるなど、ビットコイン ETFの進展状況は停滞している感が否めず、相場もそのようなセンチメントを反映しているかのようです。

そんな中、アメリカの証券会社、ProSharesが発行元となる、二つのビットコインETFは、来たる現地時間8月23日までに、SECの最終判断が下されます。

ETFの可否判断は、元の45日と3回の延長を合わせて最大240日の延期ができるが、この日程が最終決定日時となり、これ以上の延期はありません。

1つのビットコインETF、最終可否判断日時が迫る

300億ドル(約3兆3000億円)の資産を持つProSharesは、ETFの最大のプロバイダーの1つで、レバレッジETFとインバースETFなどの分野をリードしています。

今回の判断の対象となるのは、ProShares Bitcoin ETF と ProShares Short Bitcoin ETFで、ビットコイン現物ではなく、ビットコイン先物をベースにしており、その価格はシカゴ・ マーカンタイル取引所(CME)またはシカゴ・オプション取引所(CBOE)で取引されているビットコイン先物取引によって決定されます。

これらのProSharesビットコインETFは、昨年12月19日にアメリカのETF取引ではトップのNYSE Arca取引所により、SECへ申請されています。

VanEck・SolidXのビットコインETFのSECによる判断は、ひとまず9月30日まで延期されたものの、最終判断は、遅ければ来年2月まで延長される恐れもありますが、今回のProSharesビットコイン ETFに関しては、アメリカの証券取引法の規定により、SECは、前述の8月23日までにはっきりとした判断を示さなくてはなりません。

申請許可の可能性は?

SECは、今年1月に、申請中のほとんどのビットコインETFに対し、投資者保護の欠如の観点から取り下げを要求していましたが、この二つのProSharesビットコイン ETFは、そのまま申請が取り下げられず、残されていました。

SECは書簡のなかで、ビットコインETFに関する次の五つの懸念を表明していました。

1.価格の評価:公正な価格はどのように評価され、ハードフォークやエアドロップにはどのように対処するか

2.流動性: 日々の償還高を満たす流動性のある資産か

3.保管:  その資産はどのように入手され、保証され、認証されるか

4.裁定取引:どのようにして市場価格と純資産価格の範囲が維持されているか

5.価格操作:規制されていないスポット市場は価格操作のリスクにさらされているか

ProSharesのビットコイン ETFが承認されるかどうかは、このようなSECの懸念を払拭できるかどうが焦点となります。

ウィンクルボス兄弟のビットコインETFが却下された理由の一つに、上場先が、Bats BZX Exchangeという、市場規模の小さい取引所であったことが挙げられていますが、ProShares の上場先は、CMEとCboeという広く認められた市場であるという利点はあるでしょう。

しかしこの先物市場はSECに認められたものであるものの、その先物を支えるビットコイン 市場そのものは、未だ規制が充分整っているとは言えません。

また対象となる投資家ですが、ProSharesの場合は、一般投資家を除外してはいないため、SECの懸念である投資家保護対策を充分満たしているとは言い難いでしょう。

このような観点からProShares のビットコイン ETF承認の可能性は、昨今の仮想通貨市場の停滞による流動性に対する懸念とも相まって、あまり期待できないかもしれません。

しかしながら、ETFの可否判断は、SECが、直近のETFについての考えを表明する機会でもあるため、今後のビットコイン ETFの進展の考慮材料として、SECの姿勢には着目する価値があると思われます。

8月23日の、SECの判断を待ちたいと思います。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア