観光大国タイ:政府・中央銀行主導の2つのデジタル通貨発行計画を元に、仮想通貨業界参入を目論む

東南アジアの観光拠点と知られているタイにて、完全な規制体制を敷き、中央銀行による規制された独自デジタル通貨の発行計画などを進めていることが明らかになった。

タイ当局は、税金目的で、仮想通貨取引やICOなどに焦点を絞り、様々な議員の議論を退けている状況にあるようだ。

2018年開始以来、国内仮想通貨企業にライセンスを発行し、仮想通貨取引所やICOが機能するための公式許可を与えている。

タイでの仮想通貨業務を行うことは、他の国と比較すると、明確かつ明白な合法的な枠組みが存在するため、多くの外国企業が魅力を感じているという。

加えて、タイ政府も、タイ債券市場協会(ThaiBMA)が今後12ヶ月間に渡りブロックチェーンプラットフォームの上に「Bond Coin」の開発することと、タイ中央銀行発行プロジェクトである「Project Inthanon」でブロックチェーン産業に参入しようとしていることも明らかになっている。

参考記事:Proactive Cryptocurrency Regulation: The Thai Example

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

タイ:7つの仮想通貨企業のみ合法的に運営を許可
タイ証券取引委員会(SEC)は、タイ国内で合法的に業務を行うことが認可されている7つの仮想通貨企業名を発表。そのうち5つは仮想通貨取引所であり、残り2つは仮想通貨ディーラーとのこと。
タイ:新しいICOライセンスに20もの仮想通貨取引所が興味を示す
木曜日、大手新聞紙「バンコック・ポスト」が出版した内容によると、タイの証券取引所(SEC)の事務局長が、20もの仮想通貨取引所は、認可された取引所となるために公式申請を提出したと明かした。タイでの仮想通貨関連業務の法的規制として、ICOプロジェクトを規制するルールが先月実効となり、同局長は、およそ50ものICOプロジェクトが合法でトークン販売できるように認定を獲得しようとしていると付け加えた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら