CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム財団、「ゼロ知識証明」サマープログラムのオンライン説明会を6/26に開催 学生が対象

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Summer Contribution Program

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、「ゼロ知識証明(ZKP)」をテーマにした短期集中プログラム「Summer Contribution Program」を7月31日から開催予定だ。日本、韓国、台湾の学生を対象としており、応募期限が6月30日に迫っている。

これに先立ち、イーサリアム・ジャパンは6月26日(月)20:30-21:30にサマープログラムのオンライン説明会を開催する。Summer Programに興味のある学生や、ゼロ知識証明に興味を持った方の参加を受け付けている。

オンライン説明会では、Summer Contribution Programを主催する研究チーム「Privacy and Scaling Explorations(PSE)」のエンジニアが、ゼロ知識証明の基本的な紹介と、オープンソースプロジェクトに関する経験や知見を共有する。開催場所はOnline Google Meet

Summer Contribution Programは計8週間を予定し、東京、ソウル、台北で同時進行となる。主要目標は、ゼロ知識テクノロジーについての理解を深め、ZKPプロジェクトへのオープンソースソフトウェア(OSS)の貢献を行い、GitHubポートフォリオを強化することだ。

カリキュラムは「自己学習とメンターによるワークショップフェーズ」と「プロジェクトフェーズ」の2つのフェーズで構成される。参加者は、プログラム終了後にイーサリアム・ファウンデーションからの助成金を受け取れる可能性がある。

応募条件は以下の通りだ。

・応募締切:2023年6月30日
・開催期間:7月31日から8週間(全8週間、柔軟なスケジューリングが可能)
・リモート参加:可
・応募方法:特設サイト
・その他:
– 基本的なプログラミング経験がある学生(プログラム内で実際にコーディングが行われる)
– 自己学習が得意で、本プログラムに専念できる方(数学やコンピュータサイエンスを専攻していることは歓迎)
– ゼロ知識証明の開発経験がほとんどなくても大丈夫

ゼロ知識証とは

「ゼロ知識証明」は英語で「Zero-knowledge Proofs/ZKP」と表現される。これは、自分が持っている秘密の情報に関するある命題が真であることを伝えるとき、その他の情報を一切相手に与えずに証明する方法だ。

ゼロ知識証明を用いた暗号技術は、パブリックブロックチェーンが抱えるプライバシー、スケーリング、インターオペラビリティという課題への解決策として期待される。

プライバシーにおける具体例として、分散型IDが挙げられる。証明プロセスにゼロ知識証明を用いることで、公開する情報を必要最小限に抑えつつ、ゼロ知識証明に基づき自身の身元を証明できる。イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏は、ウォレットが単なる資産保護のツールだけでなく、個人データの保護をも担うべきだと主張している。

関連:ヴィタリック氏の提案、イーサリアムの進化に不可欠な「3つの移行」とは

スケーリング問題に対する視点からは、ZKロールアップというレイヤー2スケーリングソリューションが存在する。ZKロールアップは、トランザクションをオフチェーンで検証し、ゼロ知識証明を用いてその結果をまとめてレイヤー1のブロックチェーンに記録するという技術。

ZKロールアップが提供する「有効性証明」は、取引の正当性をレイヤー1のブロックチェーンに保証する。これはOptimisticロールアップと比較してセキュリティが高く、また反証(チャレンジ)期間が不要という利点がある。

一方で、この複雑な暗号技術から分散型アプリケーション(dApps)の移行に課題があったが、最近では開発が急速に進行している。ScrollやPolygon zkEVMのような、イーサリアム仮想マシン(EVM)と同等の機能を持つZKロールアップが、現在、実用段階への移行を着実に進めている。

関連:ヴィタリック氏、イーサリアムのロードマップを更新 ロールアップやZK-EVMsの存在感高まる

インターオペラビリティの観点からは、複数のレイヤー2ネットワークに分散した資金を管理するため、自動的に資金を統合する機能を持つウォレットが検討されている。レイヤー1または特定のレイヤー2上の秘密鍵保管コントラクトを設置。各アドレスからの支払いに使用する「支出公開鍵の証明」にゼロ知識証明の使用が検討されている。

関連:新たな開発計画「Polygon 2.0」を発表、ZK技術活用のレイヤー2ネットワーク

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア