CoinPostで今最も読まれています

ウィンクルボス兄弟の米仮想通貨取引所「ジェミニ」がイギリス進出を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所「ジェミニ」が欧州進出へ
米ニューヨークの仮想通貨取引所Geminiが、国際金融市場の中心地であるイギリス進出を検討していることが判明した。英国で登録されている取引所数は、香港やアメリカを抜いて世界1位となっている。

仮想通貨取引所「ジェミニ」が欧州進出へ

9月24日のファイナンシャル・タイムズ紙の報道によると、米ニューヨークに拠点を置くウィンクルボス兄弟運営の仮想通貨取引所、Geminiが、イギリスへの進出を検討していることが新たにわかりました。  

Gemini側からの正式な発表はありませんが、関係者によると、Geminiは、イギリスでの仮想通貨取引とカストディサービスの提供に詳しい相談役を雇用したとのことで、近いうちに、イギリス規制当局へ取引所開設認可申請を行うのではないか、と言われています。 

 

モルガン・スタンレーの調査によりますと、イギリスの仮想通貨取引高は、世界の取引高の1%に過ぎない一方、イギリスで登録されている取引所の数に注目すると、香港やアメリカを抜いて、世界1位となっています。 

出典:number of exchanges M.S.

 

ニューヨークのウォール街とともに、国際金融市場の中心地であるシティ・オブ・ロンドンを抱えるイギリスは、ヨーロッパ進出の拠点として、今でも重要な地位を占めていることの証明とも言えるかもしれません。 

 

世界の主要金融機関が結集しているだけではなく、世界中から集まる金融やにテクノロジーに精通した人材が豊富であることも、企業としては魅力的な点だと言えるでしょう。 

イギリスの仮想通貨環境

しかし、ヨーロッパにおいて、仮想通貨関連の規制整備を進め、積極的に関連企業の誘致を進めていることで知られるマルタやジブラルタルなどに比べると、イギリスの仮想通貨投資環境は、多くの課題が残されているようです。  

一般的にイギリスは、規制の面に関しては、大変慎重なアプローチをとっており、未だに明確な規制のガイドラインは示されていません。 

 

イギリス金融行動監督機構(FCA)の最高責任者Andrew Bailey氏は、今月、規制当局は、「仮想通貨が持つリスクを軽減し、投資家保護に努めることが必要だが、同時に革新技術が発展するための余地を残すような、バランスのとれた政策が欠かせない」と述べています。  

 

一方で、政治家グループは、マネーロンダリングや価格操作、投資家リスクに対する懸念を、「ワイルド・ウェスト」(アメリカ西部開拓時代になぞらえた未開拓地)状態であると表現し、仮想通貨産業をFCAの下で規制すべきであると主張しています。 

 

このように規制面では、不透明な部分も多いイギリスですが、同じく規制環境の整備が遅れているアメリカで、積極的に規制の先を見越した行動をとってきたGeminiにとっては、問題とはならないのかもしれません。 

ウィンクルボス兄弟の動き

Geminiを運営するウィンクルボス兄弟は、Forbes社の「世界の仮想通貨長者ランキング」第4位となった初期からのビットコイン支持者であり、度重なるビットコインETFの不承認にも臆することなく、アメリカ政府に「仮想コモディティ協会」の設立を提案したり、米ドルに裏付けられたステーブルコイン、「Gemni Dollar(GUSD)」を発行するなど、仮想通貨業界を積極的にリードする存在として知られています。  

Geminiは、ビットライセンスを取得する代わりに、ニューヨーク州金融サービス局から規制を受ける信託会社として運営されている特異な立場にある取引所で、ニューヨーク州金融サービス局が規定する規制とニューヨーク銀行法に準拠する義務があります。 

   

仮想通貨取引所ランキングでは、執筆時点で52位と、仮想通貨の取引高では、すでにイギリスに進出している大手取引所のコインベースから、大きく引き離されているものの、世界で初めて、Zcashの取引承認をニューヨーク州金融サービス局から許可されるなど、差別化を図った運営を行ってきているようです。  

 

また、違法な取引活動を監視、発見するため、Nasdaqと提携し、株式市場で用いられているリアルタイムの市場監視技術を取り入れ、セキュリティの強化に力を入れています。 

 

Geminiは、ファイナンシャル・タイムズ紙に当てた声明の中で、次のように説明しています。 

 

Geminiは、デジタル資産コミュニティ全体の成長とインフラ整備のため、最高のデジタル資産取引と保管サービスを提供するように、世界各地の潜在的な法治区域を調査している。 即座の計画はないものの、弊社では、常に世界経済の中で規制され、安全で法に準拠した方法で、デジタル資産の売買と保管ができるような機会を見極められるよう評価を続けている。 

 

今年に入ってからの仮想通貨価格の低迷とは対照的に、仮想通貨取引所のグローバルな進出計画は着実に進められているようです。 

CoinPostの関連記事

ビットコインETF不承認のウィンクルボス兄弟、米政府に「仮想コモディティ協会」の設立を提案
ビットコインETF不許可となったウィンクルボス兄弟は、次の布石としてNY証券取引所の最高情報責任者を引き抜き一般向け事業を拡大、米国政府の後ろ盾をもって規制を行う「仮想コモディティ協会」の設立を提案している。
ウィンクルボス兄弟:BTC・XRP・ETH等を含むETPの扱いに関する特許取得
ビットコイン・仮想通貨億万長者のウィンクルボス兄弟が経営する、Winklevoss IP社が、仮想通貨を含むETPの扱いに関する特許請求を受理されました。ビットコインやリップル、イーサリアムなどを含むETP取引のシステム特許とのことです。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧