CoinPostで今最も読まれています

「米SEC長官に限らない?世界の当局が対応する暗号資産取引所規制」|WebXレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

世界の暗号資産規制

7月下旬に開催したWebXカンファレンス(WebX実行委員会主催、CoinPost協力)では、「米SEC長官に限らない?世界の当局が対応する暗号資産取引所規制」をテーマにディスカッションを開催した。

このディスカッションには、以下の4名が参加。モデレーターは、米証券取引委員会(SEC)で勤務経験を持つ、Sadis&Goldbergのパートナーのヴィオラ・ダニエル氏が務めている。登壇者には約30分に渡り、暗号資産(仮想通貨)規制について広く語ってもらった。

  • ティアナ・ベイカー-テイラー氏:サークル(EMEA地域の政策・規制戦略部門のヴァイスプレジデント)
  • エミリー・パーカー氏:CoinDesk(グローバルコンテンツのエグゼクティブディレクター)
  • 波多野恵亮氏:アンダーソン・毛利・友常法律事務所(パートナー)
  • 小田玄紀氏:一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA、会長)

ディスカッションの内容

米国の規制について

今回のディスカッションは、米国の規制が主なテーマの1つである。タイトルにもある通り、暗号資産業界に対して規制の執行措置を継続しているSECのゲイリー・ゲンスラー委員長についても語られた。

SECは現在、暗号資産業界に対し規制の執行措置を継続。これまで、リップル社やコインベース、バイナンスら業界の大手企業も提訴してきた。一方でSECは裁判で「苦戦している」との見方もある。

関連米SECが提訴した「リップル裁判」まとめ(20年12月〜23年7月)

関連バイナンスとコインベースのSEC訴訟|仮想通貨規制の現状と業界の反応を整理

そのSECを率いるゲンスラー氏についてモデレーターのダニエル氏は、最初に以下のように話した。

ダニエル氏:

たしかにゲンスラー氏を「敵」と捉えている人がいますが、個人的には決して悪意があるわけではないと考えています。しかし、彼の規制措置は、暗号資産業界や投資家、米経済にとって肯定的ではありません。

一方で、米国には規制に対する様々な考えがあります。例えば、SECには、暗号資産に肯定的で「クリプトママ」という愛称を持つへスター・ピアース氏がいます。

あと、リップル裁判の7月の判決で、全ての暗号資産が有価証券であるかのような考えは白紙になったかとは思います。この裁判によって、米国の競争力を維持するために、SECは見方を変えないといけないと感じています。

ほかには、パーカー氏が以下のように語った。

パーカー氏:

米国の規制については、全てをゲンスラー氏の責任にすることはできないと思います。米国では暗号資産の規制を整備するという政府のモチベーションが低く、もっと広い問題だと感じています。

また、消費者が暗号資産などの必要性を示すことも重要です。一方で、米国を待つ必要はありません。日本や欧州、香港などに目を向けましょう。

ステーブルコインについて

今回のディスカッションでは、ステーブルコインについても多く時間が割かれた。日本では今年6月の改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が高まっている。

ベイカー-テイラー氏のサークルは、ステーブルコイン「USDC」の運営企業。今回は波多野氏から日本の規制について説明があり、他の登壇者から日本のルールに高い関心が示された。

関連米サークルCEOが明かす、日本でのステーブルコインビジネスの可能性と展望

以下、ステーブルコイン規制に関する発言をまとめる。

波多野氏:

6月から施行された日本のステーブルコイン規制は、他の国や地域と比べると非常に独特かもしれません。まずお伝えしたいのは、ステーブルコインを発行する場合、暗号資産交換業とは別の認可が必要ということです。

もう1つお伝えしたいのは、海外のステーブルコイン発行企業が日本の消費者に直接はステーブルコインを発行したり、償還したりしない場合は、日本の企業と協業すれば、必ずしも事業を行うのに日本のライセンスは必要ありません。

ただし、1回の送金額の上限を100万円にするなどの条件があります。

関連6月1日施行の改正資金決済法で国内ステーブルコイン発行可能に、多国籍企業にメリットも

ベイカー-テイラー氏:

日本や欧州、ドバイなどでステーブルコイン規制の整備が進められていますが、簡単ではないと思います。ステーブルコインには、多くの義務が発生します。

サークルとしては、決済の選択肢を消費者に与えることができるような規制の明確化に関心があります。

決済手段としては中央銀行デジタル通貨(CBDC)も研究・開発が進められていますが、ステーブルコインやCBDCが普及するには5年から10年かかるかもしれません。

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

パーカー氏:

日本はステーブルコインの法律を最初に作成した国かもしれないですね。

米国ではステーブルコインの法案が提出され、すぐに法制化されると思っていたのですが、予想以上に時間がかかっています。おそらく銀行と同じような規制が定められると思うのですが、現時点では米国に国家レベルの規制はありません。

小田氏:

日本でステーブルコインの規制が明確化されたことは、ステーブルコインだけでなく、暗号資産市場全体にとって重要です。

日本政府の判断は肯定的で、市場は拡大していくと思います。

日本の規制ついて

WebXが日本で開催され、波多野氏と小田氏が参加していることもあり、今回のディスカッションではステーブルコイン以外でも日本の暗号資産規制について語られた。世界的にみて、日本の暗号資産規制は進んでいるとされている。

以下、日本の規制に関するコメントをまとめた。

波多野氏:

日本の規制当局は、フィンテックのイノベーションを推進していると思います。最初に法整備を行う際に、技術の活用を重視する傾向にあります。

特にステーブルコインについては、日本での事業には可能性があると感じます。今後については、ハッキングなどの問題が起きた場合に備え、顧客保護を強化していく必要があるでしょう。

小田氏:

ゲンスラー氏が日本にいないことを幸運に思います。私も金融庁や自民党のメンバーは、暗号資産やWeb3に肯定的だと感じています。

ダニエル氏:

日本は、首相がトークンやWeb3の環境について前向きな考えを示していました。ポジティブな雰囲気が日本にはあると思います。

関連WebX開幕 岸田文雄 内閣総理大臣がビデオ登壇|WebXカンファレンス

ベイカー-テイラー氏:

日本の規制で素晴らしいと思う点の1つは、業界と規制当局のパートナーシップです。JVCEAは金融庁から認可を得て、会員の企業を監督しています。

問題が起きた時に金融庁と協力して解決するようなモデルは、他の市場も学ぶ点があると思います。

また、暗号資産規制については、グローバルな枠組みが必要だとの声が多く上がっている。この点についてダニエル氏は、暗号資産のグローバルな規制を主導する機関ができると思うかをパーカー氏に聞いた。

関連G20議長国インド、「グローバルサウス」に配慮した仮想通貨規制の枠組みを提言

パーカー氏:

良いアイデアではありますが、率直に言って、グローバルな規制機関はできないと思います。それはインターネットを見ればわかります。インターネットにグローバルな規制機関がないのと同様です。

さらに、インターネットに比べて、暗号資産は様々な国が異なったアプローチをとっており、対立を生みかねません。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア