CoinPostで今最も読まれています

「ビットコイン半減期は年単位で見れば価格に大きなインパクト」Bitwise分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

過去の半減期データを分析

暗号資産(仮想通貨)インデックスファンドを提供するBitwiseは17日、ビットコイン半減期の長期的な影響は過小評価されていると述べた。

Bitwiseは2012年、2016年、2020年と過去三回の半減期を振り返っている。まず半減期の翌月には2012年で9%の上昇、2016年に10%の下落、2020年に6%の上昇があったと指摘。

出典:BItwise

さらに、半減期の翌年でみると2012年の半減期では8,839%の上昇、2016年の半減期では285%、2020年の半減期では548%の上昇が、それぞれ一年後に見られたと報告している。

つまり、短期スパンで見ると、相対的にそれほど大きな変動はないが、年単位の長期スパンで見た時のインパクトが圧倒的に大きいと述べる格好だ。

過去のデータを見ると、ビットコインの価格は半減期の前月には平均約19%上昇したが、半減期の翌月には約1.7%の上昇に留まっていた。Bitwiseは、これは短期的に見ると半減期が「事実売り」につながる出来事であることを示唆すると分析している。

一方で、年単位で見れば、半減期後のリターンは半減期前よりも高くなっていると説明した。

関連: ビットコイン半減期まであと4日、コインベースが動画で価値の変遷辿る

半減期とは

ビットコインなど仮想通貨のマイニング報酬(=新規発行量)が半分に減るタイミングを指す。仮想通貨にはインフレを防ぐために「発行上限」が定められているものが多く、一定周期で訪れる半減期の度に、新規発行量が半分に減る仕組みになっている。供給量が減ることで希少価値が大幅に上昇し、価格が高騰しやすくなるため、仮想通貨特有の注目イベントでもある。

▶️仮想通貨用語集

ゴールドマン・サックスは慎重論

一方、投資銀行大手のゴールドマン・サックスは半減期についてより慎重な意見を披露している。同行の債券・通貨・商品・株式チームは4月12日付の顧客向けメモで次のように意見した

過去3回の半減期では、その後にビットコイン価格が上昇したが、史上最高値に達するまでにかかった時間は各回で大きく異なっている。

また、過去の半減期でのマクロ経済的状況を考慮すると、過去のサイクルで起きた状況から、今回の半減期の影響を推定することには注意が必要だ。

過去の半減期には、先進国の金利が低く、金融市場でリスクオンを促進する環境にあった。ただし今回は、例えば米国二年債の金利が4.5%とまだ高い水準にある。

ゴールドマン・サックスは、半減期はビットコインの供給量上限を投資家に意識させるものではあるが、中期的な見通しはETFの普及に左右されると推測した。

半減期まであと2日に迫っているが、識者の間では様々な意見が聞かれるところだ。

米上場BTCマイニング企業マラソン・デジタルのフレッド・ティールCEOは、半減期はすでに現在のビットコイン価格に織り込まれている可能性があるとの見解を述べている。

また、仮想通貨取引所BitMEXの創業者アーサー・ヘイズ氏は、米ドルの流動性低下などを背景にして、ビットコインは半減期前後に売り圧に晒されると話した。

関連: 「半減期はすでにビットコイン価格に織り込まれている可能性」マラソンCEO

関連: 「ビットコインは半減期前後に投げ売りされる可能性がある」BitMEX創業者アーサー・ヘイズが警鐘

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア