CoinPostで今最も読まれています

ビットコインキャッシュ分裂から取引開始までの裏側|大手仮想通貨取引所が詳しく解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所ポロニエックスがBCHのリプレイ問題について説明
仮想通貨取引所において出来高50位以内の出来高を誇る仮想通貨取引所ポロニエックスがビットコインキャッシュのハードフォークに関するブログを公開し、二重支払い問題について言及。同取引所のHF後の動きを合わせて掲載。

PoloniexがBCHの判断に関する説明を発表

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は、11月中旬にハードフォークを実施し、2つの新通貨BCH-ABCとBCH-SVに分岐し、ハッシュ戦争を繰り広げていた。またリプレイプロテクションがすぐに実装していなかった為、取引所の対応などにおける不安定な時期が続いていた。

一週間で23億円以上の出費に至ったと思われるハッシュ戦争の終わりをSV派のCoinGeek社がプレスリリースで発表したことや、リプレイプロテクション導入が確認されたことで、ビットコインABCを多くの取引所がビットコインキャッシュティッカー(BCH)として引き継ぐなど、事態は収束に向かったが、仮想通貨市場全体に及ぼした影響は大きかった。(ハードフォーク後の下落に関する詳細はこちらから

そんな中、CoinMarketCapで出来高上位50位以内を誇る仮想通貨取引所Poloniexは、そのリプレイプロテクションが実装されていないハードフォーク直後にどのような対応を取ってきたのかを12月7日に公式ブログにて明らかにした。

Poloniexの対応まとめ

Poloniexのハードフォーク後の対応は以下の通りとなっている。

  • 2種類の新通貨(ABCとSV)の配布(予定)を決定(14日
  • HF後取引停止、2つの新通貨のBTCとUSDC建の取引を開始(16日
  • BCHABCとBCHSVの入出金再開 (21日
  • BCHABCの入出金一時停止、再開に向けたメンテナンスを実行 (28日

リプレイプロテクションの説明

リプレイプロテクションを説明する前に、ハードフォークについて説明する必要がある。

通常ハードフォークはブロックチェーンのアップデートを指すが、今回のハードフォークではABC側とSV側でアップデート内容に関して双方の意見が対立した為、今回のようにチェーン・スプリットが発生し、2つの別の通貨、ビットコインABCとビットコインSVが生まれることとなった。

さらに詳しく言えば、ABCを支援するノード運営者グループがBCH-ABCチェーン側のアップグレード・クライアントを導入し、もう一方のSVを支援するノード運営者グループが、BCH-SV側のアップグレードを実装した。

つまり、実際同じであったものが2つに分岐した。その場合、本来であれば、BCH-ABCチェーンとBCH-SVチェーンは明確に区別されるべきであり、区別が行われなかった場合、BCH-ABCで処理されるものがBCH-SVで処理されてしまったり、BCH-SVで処理されるべきものがBCH-ABCで処理されてしまったりする。

例えると、アリスがボブに10BCH-ABCを送金したとする。もし2つのチェーンが明確に区別されていれば、アリスがリクエストした通り、10BCH-ABCが送金される。しかし、2つのチェーンが区別されていない場合、アリスはBCH-ABCを送金リクエストすると同時に、BCH-SVのチェーンでも同額の送金リクエストを送ってしまう場合もあり、結果的に、1つの送金リクエストで10BTC-ABCと10BCH-SVが送金されてしまう可能性があるのだ。

この取引の重複をリプレイ、または二重支払いといい、そのリプレイが起きないために、プロテクトする(守る)ことをリプレイプロテクションと呼ぶ。

ポロニエックスの対応方法

このリプレイプロテクションを実行するために仮想通貨取引所Poloniexはどのような対策を講じたのか。それは、仮想通貨の仕組みにもう一歩踏み込んで考える必要がある。

まずビットコインキャッシュでは、未使用トランザクションアウトプット(UTXO、Unspend Transaction Uutputの略称)と呼ばれる残高管理方法が用いられている。日常的に使われる法定通貨のように自分が持っているお金が直接的に残高になる通常の方法とは違い、仮想通貨は、インプット(着金)とアウトプット(送金)を求め、その差額(着金額—送金額)、つまり、送金されていない分(UTXO)の額が残高となるのである。

その為、あるアドレスの残高が100BTCであったとしても、その100BTCは、20BTC分のUTXO、50BTC分のUTXO、30BTC分のUTXOといったように未使用トランザクションアウトプット(UTXO)の総額が残高となっている。Poloniexは、このフォーク後のUTXOを集めることで、リプレイプロテクションを可能にしたのだ。

例えば、前述したアリスが取引所Poloniexの顧客で、5BCH-ABCを引き出したいとリクエストを送る。すると、Poloniexは、アリスへの送金に、フォーク後の(ABC側の)UXTOを少なくとも1つ以上折り込んで対処する。そうすることで、万が一そのリクエストがSVチェーンに流れても、ABC側のUXTOが含まれているため、SVチェーンでは取引として認識されなくなるのだ。

この様に、フォーク後のUTXOをBCH-ABC、BCH-SVの出金に含めることで、取引所Poloniexは自信を持って、リプレイアタックを回避し、出金対応を行うことができたと記述されている。

ビットコインキャッシュ・ハードフォークの行方

仮想通貨市場の下落の大きな要因となったハードフォークはいわゆるハッシュ戦争につながり、界隈の懸念材料となっていた。

しかし、先日11月末にBCH-SV派の20%をマイニングしていたCoinGeek社のCEO Calvin Ayre氏(以下、Ayre氏)がリプレイプロテクションを実装し、ハッシュ戦争に終止符を打つことを公式ブログで明らかにした。

出典:CoinGeek

実際プロトコル自体へのリプレイプロテクションの実装は2019年の第1四半期ごろになると予想されているが、BCH-ABCとBCH-SVは別々の通貨として認識される方向で動いている。

Ayre氏は、BCH-ABCがBCHというティッカーシンボルを獲得したが、BCH-SV(BSV)はBCHの開発者やユーザー等のエコシステムを多く引き継ぎ、今後BSVチェーンではなく、仮想通貨BSVとして邁進していくと語っている。

CoinPost関連記事

ビットコインSV、仮想通貨暴落の要因「ハッシュ戦争」の終了を宣言|BSVは時価総額7位にランクイン
ビットコインSV派のCoinGeek社が同社ブログで正式にハッシュ戦争を終了すると発表し、プロトコルレベルでのリプレイプロテクション導入は2019年の第1四半期頃になるだろうと予想した。また仮想通貨ビットコインSV(BSV)はCoinMarketCapで時価総額7位にランクインした。

そして、そのAyre氏の発言を反映するかのように、12月7日時点でBCH-SVは、価格上昇により、時価総額5位を記録し、時価総額7位のBCH-ABCを抜いていた。(現在12月10日時点では、ランキングは逆転している。)

出典:CoinMarketCap

このように、大きな波乱を呼んだビットコインキャッシュのハードフォークではあったが、現在は安定に向かいつつあると考えられており、今後のビットコインキャッシュ(BCH-ABC)とビットコインSV(BSV)の仮想通貨市場での活躍が期待される。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

SBI北尾代表がビットコインキャッシュのハッシュ戦争で強い懸念を表明『仮想通貨の採掘シェア3割保有で保有構造を是正したい』
マイニング事業を行うSBIの北尾代表は、株主向け説明会で、仮想通貨の暴落を招いたビットコインキャッシュのハードフォーク問題及びハッシュ戦争について強い懸念を表明した。
ビットコインキャッシュ分裂後のロジャー・バー氏「仮想通貨業界の明るい展望」を語る|専門家の最新見解も
ビットコインキャッシュ分裂から半月、BitcoinABCの主要メンバーであるロジャー・バー氏が、仮想通貨の明るい展望をBloombergのインタビューで答えた。 その他業界の専門家に関する見解も。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧