CoinPostで今最も読まれています

リップル/XRP価格超予測(後編)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップルの市場は今後も成長を続け、価格は上昇するだろう
ビットコインはまだバブルでもなく、成長は拡大し、その成長にリップルの価格を当てはめると大きく上昇するのではないかと予測されています。

この記事は「XRP価格超予測(前編)」の続きの記事となっています。まだ読んでいない方はこちら↓

XRP価格超予測(前編)
XRPの将来的な価格予測。XRPは、実用性を持ち、将来的にも非常に期待されている通貨です。多くの人は、今後短期的な価格の乱高下が繰り返される可能性はあるとしても、長期的に価格は一貫して高騰し、期待できる通貨です。
目次
  1. SWELLの影響は
  2. 2017年4月- 5月に起きた変化
  3. 仮想通貨がバブルではない理由
  4. 時価総額から価格予測
  5. リップル社員のXRPの将来性についての見解
  6. 価値に投資する

SWELLの影響は

銀行国際間送金について考えるとき、SWIFTリップルという2つの機関が候補として挙げられます。

この成果は、決して過小評価されるべきものではありません。リップル社がSWELLを開催すると知った時、私にとってそれは”ゲームオーバー”とも呼べる出来事でした。

それは、リップルが次のステージに進み、SWIFTの市場占有率を奪い取りにかかったことを表していたからです。

また、このカンファレンスではブロックチェーン技術が将来において非常の有能であるものであり、この技術に参入し、事業の展開をすることを考える必要があると会議され、リップルのシステムがこれから送金において重要なシステムになると触れられました。

【SWELL最終日&まとめ】ブロックチェーン革命:リップル社が歩む未来とは
リップルの大型カンファレンスSWELLの最終日と、3日間の中で発表された内容のまとめ記事です。SWELLに参加した仮想通貨界隈の著名人達の発言と、同日開催されたSWIFT主催のSibos国際会議の内容についても解説します。

2017年4月- 5月に起きた変化

投機の力が表面的に現れたのは2017年の4月から5月のことでした。仮想通貨市場全体が、これまでになかった規模に成長し、一時的に現在の投資水準に落ち着きました。

これは、嵐の前の静けさとも言えるでしょう。ヘッジファンドが、仮想通貨業界に参入する意向を示し、未だファンドの運用金額は不明確ではあるものの、将来の多額の資金流入に備えて地盤は固まったであろうというのが私の意見です。

アメリカで、ビットコインに対するETFライセンスが認可されなかったからと言って、海外市場でも認可されないということには繋がりません。

メインストリームにいる個人投資家たちは、仮想通貨市場で投資信託を購入できないことに対してうんざりしています。

もう2017年であるのにも関わらず、アメリカの公式な証券取引所で仮想通貨を購入できないことも未だに信じられません。私は、2018年はどの国が一番”フィンテック中心地”の称号にふさわしいかを競う年になると思っています。

仮想通貨がバブルではない理由

あなたは誰かによって仮想通貨はバブルだという思想を埋め込まれてしまっているかもしれません。金融業界の前線にいる人でさえ、仮想通貨について理解に乏しく”詐欺”という誤解を招きやすい言葉を使用してビットコインの説明をしたりもしています。

私は、この兆候は社会に新たなイノベーション(仮想通貨)が浸透してきている証拠だと考えています。

下記の図は、実際の状況を視覚化した私のお気に入りの画像です。(ビットコインの時価総額は2ヶ月前のもので、実際の状況は伝わると思います)

時価総額から価格予測

2017年10月時点での仮想通貨全体の時価総額は1690億USドル(約20兆円)です。

では、仮想通貨の時価総額がピークとなる地点や最終的に落ち着くであろう地点は一体どこなのでしょうか?これはきっと聞く人によって答えが変わってくるでしょう。多くの予想は、数兆USドルほどとされています。

ある最近の予想では、約2兆USドル(約225兆円)で、強気な予想だと5兆USドル(約565兆円)と語る人もいます。

2兆USドルという予想に沿って基礎的な数学的観点から価格予測をしてみましょう。今回は実用性分析のことは忘れて、私たちのお気に入りのデジタル資産であるXRPの現在の価格と現在の仮想通貨全体の時価総額から2兆米ドル(約225兆円)に達するまでの倍率を掛け合わせてみます。

(2兆USドル / 1690億USドル)* 0.2 USドル = 2.37 USドル / XRP

よって、1XRP当たりの価格は、2.37USドル(約270円)となりました。

リップル社員のXRPの将来性についての見解

リップル社の従業員はXRPの価格についてどのように考えているのかを詮索することは興味深いものです。彼らは、XRPを買い付けているのでしょうか、それとも売り払っているのでしょうか?

7月にリップル社元従業員が私にコンタクトを取ってきました。

彼は、少なくとも価格が相当上昇するまで”XRPを手放す気はない”と語り、彼はその判断について非常に自信を持っているようでした。

会社から公表される公式な書類は、もちろんとても大切でポジティブな変化を起こすこともありますが、元従業員からリップル社のビジネスプランや将来的に大きな成功を掴む可能性などについて意見を聞くのはとても有効な手段だと考えています。

リップルの社員は、具体的な日時に対しての予測は避けていましたが、SNS上で一時的な分析を行うことに関しては特別避けてはいないようでした。

リップル社の暗号化責任者である David Schwartz氏はReddit上でXRPの将来起こりうる価格変動の可能性について短い文章を投稿しました。

彼の予測は、その価格が2USドルから120USドルの間で収まっており、投稿の最後にこのような文章が記述されていました。

「リップルが現在のビットコインの時価総額に到達するのは、2012年にビットコインが1000USドルで取引されると予測するよりもよっぽど現実的なものとなってきています」

この文章は、現時点でXRPが描く道のどの地点にいるのかを予測する指標になり得るかもしれません。XRPがこれからもさらに多くの銀行に使われるようになるのであれば、ビットコインの時価総額は、XRPにとっては単なる通過点に過ぎないのかもしれません。

価値に投資する

あなたがどのような予想をするにしても、仮想通貨への投資はもはやハイリスクな投資ではなくなってきていると言っても過言ではないでしょう。

XRPは、デジタル資産でありながら非常に実用的な機能を持ち合わせた投資先と言えます。今後、より多くの銀行XRPを採用することによって、ビットコインや他の仮想通貨からの流入を見込め、メインストリームとなるのではないでしょうか。

多くの人が、投資において健全な判断を下す際に、ウォーレン・バフェットの言葉を引用します。仮想通貨では、その賢明な言葉をより拡張させ自問自答する必要があります。

Q:誰が最高の技術を有しているのか? A:リップル社です。 

Q:どのアメリカ基盤の会社によって発行された仮想通貨はどれですか? A:XRPです。

SWAT分析は2016年と同様にまだ投機のチャンスがあることを明らかにしますか? するでしょう。 リップルがこの一年で何を成し遂げたかをぜひ見てください。

2016年に比べると出来高が何百倍に増加していても、XRPの価格上昇は決して直線ではありません。もしビットコインが辿ってきた道が参考になるのであれば、短期的にはXRPの価格は今後も乱高下を繰り返すかもしれません。

しかし、この傾向はいつか終わり、長期的に安定する時がくるでしょう。そして、あなたが所有しているXRP高い実用性を持ち、将来有望なデジタル資産だということを忘れないでください。

Crystal Ball: XRP Price Speculation

Oct 29th, 2017 by xrphodor

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

前編・後編を踏まえて、XRPの価格予測をお伝えしましたが、これらはあくまでも色々な観点から計算された予測です。

確実に予測価格まで上昇するとは言えませんが、非常にポジティブな予測となっています。XRP保有者からすれば、なかなか価格が上がらず、安定している仮想通貨でありますが、この予測価格になることを期待せざるを得ません。

またXRPはとても実用的な通貨であるため、その可能性も否定できないでしょう。2020年までという見解ですが、注目されている仮想通貨の一つであるため、常に話題には取り上げられると思いますし、日本国内の企業もリップルの技術に期待し、プロジェクトにも参加していますので、大きな成長を遂げる可能性は十分にあるでしょう。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア