CoinPostで今最も読まれています

GMOコイン仮想通貨FX最強アプリ【ビットレ君】の使い方

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

目次
  1. GMOコイン:仮想通貨FX専用スマホアプリ【ビットレ君】
  2. GMOコイン【仮想通貨FX】の特徴
  3. 【仮想通貨FX お取引ルール】
  4. 【ビットレ君】使い方
  5. ビットレ君で使えるチャート

GMOコイン:仮想通貨FX専用スマホアプリ【ビットレ君】

【ビットレ君】はGMOインターネットのGMOコインが提供する、スマホ専用仮想通貨FX専用アプリです。現物売買はできません。

ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコイン
ビットレ君 – 仮想通貨FXはGMOコイン
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted with アプリーチ

GMOコイン【仮想通貨FX】の特徴

取引手数料無料
新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料です!
24時間取引
24時間・365日、土日祝日でも取引可能です!
【追加証拠金制度】なし
「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!
2wayプライス
注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!
少額取引
最低0.01BTCから発注可能、数十円から取引できます!
gmoコイン ビットコインfx

【仮想通貨FX 取引ルール】

公式 公式サイトリンク
銘柄コード BTC / JPY
取引時間(注文受付時間) 24時間 365日(メンテナンス時を除く)
取引手数料 無料
レバレッジ 5倍・10倍
必要証拠金 建玉金額の20%に相当する日本円
取引単位 BTC
最小注文数量(最小注文単位) 新規・決済ともに 0.01 BTC / 回
最大注文数量 新規・決済ともに 5 BTC / 回
最大取引数量 新規 1,000 BTC / 日
保有建玉上限 新規 1,000 BTC / 日(決済注文数量の上限はありません)
注文方法 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO
両建取引 可能
ロスカット 証拠金維持率が75%を下回った場合
ロスカットアラート 証拠金維持率が100%を下回った場合
受渡日 即時受渡(約定日と同日)
レバレッジ手数料 0.04% / 日
   
【各取引所レバレッジ取引比較】
GMOコイン Coincheck bitFlyer Zaif bitbank Trade
手数料 新規注文/決済注文: 無料 Taker/Maker 0% 手数料無料(2017/11月現在) 手数料無料(信用,AirFX) 新規0.01% (税抜)
スワップ手数料 建玉ごとに0.04%/日 ロングポジション0.04%/日 ショートポジション0.05%/日 買建玉(Long):0.04%/日 売建玉(Short):0.04%/日 Taker/Maker 0% AirFX: 日次手数料(0.039%/日) 新規建0.01%
レバレッジ 最大10倍 5倍 最大15倍

2.5倍.5倍.7.7倍

AirFX最大25倍

最大20倍
ロスカット 証拠金維持率が75%を下回った場合 証拠金維持率が 50% を下回った場合 証拠金維持率30%下回った場合 証拠金維持率30%下回った場合 維持率が20%を下回った場合
追証ルール なし なし 証拠金維持率が 80% を下回った場合 なし(利益が出た場合のみ利益に対して0.7%) なし
gmoコイン ビットコインfx

【ビットレ君】特徴

▲豊富な情報を見ながらトレード
FX取引に必須の 建玉(ポジション)サマリー,建玉一覧 ,注文一覧 ,約定履歴 を確認しながらトレードできます。
相場変動のタイミングを逃さない『スピード注文』
スピード注文は、1タップで即時発注できる注文方法です。 新規・決済・ドテン・同一銘柄の全決済注文も、1タップで操作していただけます。
■全9種類のテクニカル指標が利用できる『チャート』
ビットレ君のチャート画面では、以下のテクニカル指標をご利用いただけます。 (1)チャートエリア ・単純移動平均線 ・指数平滑移動平均線 ・ボリンジャーバンド ・一目均衡表 ・平均足 (2)テクニカル(縦最大3本、横最大2本まで表示できます) ・MACD ・RSI ・DMI/ADX ・RCI

【ビットレ君】使い方

1:まずGMOコインの口座開設が必要となります。公式ページから口座開設後、スマホにGMOコインのアプリ【ビットレ君】をインストールする必要があるのでこちら↓ダウンロードします。

ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコイン
ビットレ君 – 仮想通貨FXはGMOコイン
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted with アプリーチ

2:アプリを起動するとGMOコインのアカウントで登録している【メールアドレス】と【パスワード】を入力してログインします。

【トレード】を押すと次の画面が表示されるのでここで売買注文が可能になっています。ここでは建玉(ポジション)や注文一覧、約定履歴などを確認でき、上部のBID(売),ASK(買)で売買注文が出来ます。

3:ここでBID(売),ASK(買)のどちらかを選択すると次の画面で注文方法を選択します。

成行注文

成行とはその時の相場で、値段を指定しない注文方法です。

すぐに注文を成立させたい時に使用しますが仮想通貨は急な価格変動が多いので想定外のレートで注文が入ってしまう可能性があります。基本的にスピード重視で注文する方や、急な価格変動中に損切りをする時に使用します。

スリッページとは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことを指します。

価格の変動が大きい際成行注文をするとスリッページが発生し、不利なレートで約定する可能性があります。そのためGMOコインではスリッページの許容を0円〜999円まで設定することが可能です。

通常注文

指値注文(リミット注文)とは売買する金額を入力して注文し、設定金額に達すると自動で売買され希望額で取引ができる方法です。

例えば1BTCが80万の時、指数注文で79万に入れるとすると79万に達しなければ注文が成立しないです。ショートポジションの時も同様で81万で売に入れたい時、その額まで上がらなければ成立しないです。

逆指値注文(ストップ注文)は基本的には損切りをする際に使用し、指定したレートより「BTC/JPY」の価格が高くなったら買い、安くなったら売るという注文方法です。

例えば1BTC80万でロングポジション(買)で持っている時、損切りを78万で入れるときは逆指値78万で入れます。80万ショート(売)で持っている場合、損切りを82万で逆指値で入れます。

OCO

OCOとはOne Cancels the Other orderの略(複数注文とも呼ばれる)で、すでにポジションを持っている時に使用します。

2つの注文を同時に出してどちらかの注文が約定すればもう一つの注文が自動キャンセルになる方法です。ポジションを持って張り付いてみる必要がなく【利確】と【損切り】を同時で出すことが出来ます。

IFD

IFDとはIf doneの略で新規注文でのみ選べます。

OCOとは違いでは2つの注文を同時に出して最初の注文が約定すれば、2つ目の約定が自動発注される注文方法です。1BTC=80万の時、79万で新規注文して81万で利確したい時など同時に注文できる方法になります。

IFDOCO

IFDOCOとはIFDとOCOをさらに組み合わせた注文方法です。

指値注文と一緒に利確+損切りの両方に注文を出したいという時に使う方法です。こちらが非常によく使う注文方法で一度入れれば自動売買をしてくれるのでリスクを限定する注文が可能です。

下の画像は1BTCを80万に指値注文を入れて

81万に利確の指値、79万5千円に損切りを入れている形です。

スピード注文

スピード注文は、1タップで即時発注できる注文方法です。新規・決済・ドテン注文も1タップで操作していただけます。

スピード注文画面では、取引数量を入力していただいた後、BID(売)/ASK(買)のどちらかのタブを押すと注文ができ、GMOコイン独自の昨日になっています。

チャート

GMOコインでは【ビットレ君】のチャート機能がかなりしっかりしていて、FX上級者の方にも見やすく使える仕様となっています。

チャートではTick(リアルタイム)、1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日足、週足、月足と合計12種類の表示時間軸を表示することが可能になっています。

加えてチャートの設定をすることも可能で下記画像の右上の矢印を押し、設定(歯車)マークをタップすると次の画面が表示されます。

ビットレ君で使えるチャート

単純移動平均
移動平均線は、一定期間の平均価格を日々計算して出した「答え」を線でつないだものです。
指数平滑移動平均
加重移動平均線、指数平滑移動平均線は、直近の価格に比重を置いているので、単純移動平均線と比べて相場の動きに早く反応するので、トレンドの転換を早めに確認できます。
ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。売られ過ぎ買われ過ぎを判断し価格予想を判断することが可能です。
一目均衡表
一目で株価の均衡状態を捉えるチャートです。特定の時間枠の中での値動きとその中心地段を考慮し、将来の株価を予測しようというものです。
平均足
平均足とは、ローソク足と高値と安値は同じものの、始値と終値が違います。 平均足の始値は前の足の実体の始値と終値の中心に。そして、終値は当日の始値・高値・安値・終値の平均となります。
マグネットモード
マグネットモードとは、チャート上にラインを描画する際、ローソク足の高値・安値にピンポイントが張り付いており、ラインを引きやすくするモードです。

テクニカル指標

MACD
MACDとは2本の移動平均線を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。MACDの傾きからトレンドの方向性を見るといった利用方法もでき、一番使われる指標です。
RSI
RSIとは直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。
DMI/ADX
DMI一般的に方向性指数といわれ、トレンドの「方向性」に着目した指標で、ある一定期間内における値動きの方向性を数値で示します。ADXは、今の相場がレンジ相場なのかトレンド相場なのかを見分けるためのテクニカル指標です。FXのチャートトレードではよく使われるテクニカルです。
ストキャスティクス
ストキャスティクス(売られ過ぎ)、(買われ過ぎ)を判断するための指標の一つで、一定期間の価格のレンジの中で直近の終値が相対的にどのレベルに位置するか見るための指標です。
RCI
RCIは、相場の過熱感を測り、現在の価格が高いか安いかを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標の一つです。投資家の心理を数値化して、売買のタイミングをとるのに役立てようという考えから生まれたものです。

まとめ

これで大体の説明は以上となります。11月からGMOコインのスプレッドが300円固定になっており他社と比較してもずば抜けてお得に使えるようになっています。

大手GMOの子会社とのこともありサーバーが非常に強いので快適に使えるのも魅力の1つになっています。

gmoコイン ビットコインfx
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア