CoinPostで今最も読まれています

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するライトニングネットワークが早急に必要な理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨は日に日にたくさんの人を巻き込んできており、その急激な成長からスケーラビリティに対しての問題が提起されている
より多くのユーザーは、より多くの取引を生み出し、ネットワーク上でその取引承認の遅延が起きているのです。この問題の解決策として、ライトニング・ネットワークの採用が挙げられています。

報告によると、ビットコイン・ネットワークでは現在135,000以上の未承認取引が存在しており、手数料が跳ね上がっているようです。

これは、ビットコインのブロックサイズを2倍にするというSegWit2xへの拡張が合意に至らず、拡張を取りやめた数日後に起こっています。特に比較的大きいブロックの流動性が明らかに低くなっている中、このスケーラビリティ問題を解決することができるのは、ライトニング・ネットワークただ一つしかありません

ライトニング・ネットワークは、スケールフリーで、手数料を極力減少させることのできる解決方法で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する可能性を秘めています。

ビットコイン・ネットワークの取引量が増加していく中で、ブロックの中に格納できる容量が変わらない場合、ネットワークでは遅延が起き、ビットコイン経済は悪影響を受けると考えられています。

取引がビットコイン・ネットワークに承認されるまでに、場合によっては数時間もかかってしまうほど、時間が長引いてきており、取引手数料もそれに伴い上昇してきています。

ビットコインのスケーラビリティ問題

ビットコインの各ブロックの容量は1MBしかないにも関わらず、ビットコイン・ネットワーク上での取引量は劇的に増えてきています。現時点での、ブロックの容量では、ネットワーク上の取引の数を対処しきれていません。

スケーラビリティ問題は、細い煙突の中に、たくさんの物を入れ込もうとしているようなものです。多数のビットコイン取引データが、大きく空いた煙突の入り口に入れたとしても、現段階でのブロック容量では、ビットコイン・ネットワークが効率的に捌ける範囲を制限してしまっているのです。

結果的にいうと、ビットコイン・ネットワークへの取引の書き込みが、ユーザーによる取引の作成よりも遅いペースで行われているのです。

このように、バックログ(未承認取引)が溜まってくると、取引がブロックに格納されるまで何時間も待たなければならなく、ユーザーがもし取引を迅速にネットワーク上へ反映させたいのであれば、高い手数料を払わなくてはなくなってしまうのです。

ライトニング・ネットワークとは

ライトニング・ネットワークは、スマート・コントラクトをビットコイン上に組み込み、個人とその個人がやり取りする全ての人との間にプライベートなペイメントチャネルを構成します

各個人は、プライベートなペイメントチャネルの他にも、ビットコイン・ブロックチェーンとのチャネルも構成する必要があります。

さらに、各個人は、プライベートチャネル上で取引を行い、最終的な取引の結果だけが、ブロックチェーン上に取引として送られます。これを行うことで、マイナーたちは現在の取引量よりも遥かに少ない取引量の承認で済むのです。

理論的には、ライトニング・ネットワークは個人間のやり取りをより効率的、スケールフリー、そして、低コストにすることができます。このソフトウェアは、現在ライトコイン・ネットワーク上で試用されています。

ライトニング・ネットワークへの敷設

ライトニング・ネットワークの組み込みの第一歩は、SegWitの施行にあります。このコードは、ブロック内の容量を空けるため、取引データから署名部分を抜き出します。

SegWitは、ビットコイン・ネットワークの1つのブロック内に、(ネットワーク自体の容量を2倍程度にしか拡張させることはできないと予想されていましたが)以前の4倍ほどの取引量を格納することを可能にしました。

SegWitは、ビットコインがライトニング・ネットワークを採用する際の足枷となってしまう順応性バグを修正するのに必要でした。

そこに至るまでに、マイナーや界隈のビジネスがニューヨークにて集まり、拡張の妥協案に対して合意しました。このグループは、11月にブロックの容量を倍の2MBにすることを条件にSegWitの適用を認めました。

しかし、11月8日の SegWit2x は、支持者の欠如という理由により延期されました。ビットコインのコア開発者たちやコミュニティがブロック容量の増加に強く反対したため、残った唯一の解決策は、ライトニング・ネットワークのみとなってしまっています。

ライトニング・ネットワークは何が特別なのか

ライトニング・ネットワーク上では、検証を同時、そして、即座に行うことができます。マルチシグ及び、タイムロックによって保証されたプライベートなペイメントチャネルは、個人間の即座の取引を可能にします。

つまり、個人は取引が承認されるまで長時間待たなければならないということがなくなるのです。

プライベートなチャネルはビットコイン・ネットワークとは別で存在していることから、マイナーたちは現時点よりも少ない取引量の承認を行うことになります。

一つ一つ全ての取引をブロックチェーン上で承認せず、個人間の最終的な結果のみをブロックチェーン上で承認すれば良いのです。これは、ビットコイン上にあるデータ制限の効率的な使い方であると言えるでしょう。

ライトニング・ネットワークのような拡張性があり、比較的安価なプロトコルは、低コストであることから、既存の金融仲介の役割を果たす Visaなどから顧客を離反させることになるかもしれません。

加盟店は、取引、輸送、監査、仲介などの法外な手数料を取られることもなくなります。何よりも注目すべきなのは、取引が、あなた自身とあなたが取引する相手の間で直接的に行われるため、その間に、実際は取引に何の関係もない金融仲介企業を省くことができることです。

スケーラビリティの危機はまだ解決していない

ビットコイン・ネットワークにとって、まだスケーラビリティの問題は払拭された訳ではありません。

ここ数日の間、ビットコインの取引価格が下落している中で、ビットコイン・キャッシュの価格は大きく上昇しました。ビットコイン・キャッシュは、ビットコインからSegWitを取り除いたフォークにより作られ、そのブロックサイズを8MBにまで拡張しました。

ビットコイン・コミュニティの中で、より大きい容量のブロックを支持していた人々がビットコイン・キャッシュに移っていったようです。

その他のアルトコインもスケーラビリティ問題に対して、様々な取り組みを行なっており、そのスケーラビリティにどう対処したかというのが、今から数年後の上位仮想通貨を位置付けると言っても過言ではないかもしれません。

そして、もしビットコインがうまく対処できないのであれば、他の通貨がうまく対処するでしょう。現段階で、イーサリアムはこのスケーラビリティに対して、Raidenネットワークというライトニング・ネットワークと類似のペイメントチャネルを採用しました。

同様に、仮想通貨ダッシュも、大容量のブロックを取り入れることで、チェーン上でこのスケーラビリティ問題に対して対応できないかと模索しています。このプロジェクトでは先日アップデートの発表があり、1ヶ月ほどでダッシュのブロックサイズを2MBに拡張するようです

Lightning Must Strike Soon, Bitcoin Facing Backlogs as Scalability Solution Awaited

Nov 12, 2017 by Patric Thompson

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア