CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨法規制で世界をリードする日本とそれに伴う課題

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本の規制は世界をリードしている
日本政府は仮想通貨に対する規制に比較的寛容であり、その寛容さが日本を世界一のビットコイン市場たらしめています。
投資家保護が課題点
その寛容さゆえに、無名のアルトコインがビットコインと同様の扱いを受けるなど、消費者保護の観点からその規則が不十分であることも指摘されています。

IndieSquareの共同創業者で仮想通貨研究者である東晃慈氏(Koji Higashi 以下、東氏)は、ビットコイン市場の1日の取引高で世界一を誇る日本が、ビットコインビジネスや、投資家に対しての規則が寛容でゆるいことを主張しました。

日本政府がビットコインを通貨として、そして、正式な支払い方法として法的に認められている中、その他の仮想通貨(アルトコイン)もビットコインと同じ扱いを受けています。

東氏は、一般消費者が小規模のアルトコインをビットコインの代替品として捉えていることを考慮すると、日本政府は消費者保護の観点から充分でないと述べました。

「結局、日本の規制はゆるく、消費者保護が不完全なまま取引所に自由を与えてしまっています。この業界は、金融業界のようにトップダウン的な側面を持ち、技術的な発展が投機的な需要に追いついていないのです。」

と東氏は言及しました。

投資家の認知と保護に関して

特筆すべきことに、東氏は、日本政府が仮想通貨取引所及び、取引プラットフォームに自由を与えたことで、消費者が正規の取引所で取引されているアルトコインがビットコインと同価値であると錯覚してしまったと考えています。

さらに東氏は

「Pepecashは、公式な仮想通貨という定義がどれほどゆるいものであるかを示す良い例です。この Pepecash という仮想通貨は、日本で合法的に取引ができ、公式な取引所でも取引可能なビットコイン同様に扱われています。」

と付け加えました。

しかしこの視野を仮想通貨業界全体に広げてみると、比較的認知度が低く、小規模なアルトコインである Pepecash は、CoinMarketCap の上位100にも含まれてないません。

多くの投資家はこのようなマイナー仮想通貨の本質や、価値についてしっかりと把握せずに取引をしてしまうことも考えられるため、将来的に各通貨の本当の価値が問われ、現在の株式と同様にそれぞれの価値に比例した価格変動となった場合、問題となる可能性があります。

投資家の保護という面を考えても、まず国や企業が規制の段階で選別することや、リスク面に関する内容を、国民に警告することもとても重要となるでしょう。

自由性は市場にとって好影響ではないのか

対照的に、日本政府によって自由を獲得した国内の仮想通貨取引所は日本のビットコイン及び、仮想通貨業界に多くの恩恵を与え、市場や消費者が特定の仮想通貨の合理性を決断できるようになっています。

アメリカのような一部の市場では、厳格な本人確認(KYC)やマネーロンダリング対策(AML)を始めとする様々な規制が設けられ、多くのビジネスがそのサービスの供給の停止を余儀なくさせられました。

例えば、ニューヨークのビットライセンスは、ShapeShiftやBitfinex、クラーケンの3つの仮想通貨取引先駆者をその非効率的で非友好的な規制によって取り締まりを行いました。

特にICOトークンのような分野で、国際的な仮想通貨市場は、投資家が健全なプロジェクト、アルトコイン、そして、仮想通貨トークンを識別し、利益を得られるような地点まで成熟しなければなりません

ビットコインのような急速に成長を遂げている市場に対しての厳格な規制は、その仮想通貨全体の指数関数的な成長を減速させる可能性があります。

その側面からすると、日本政府の仮想通貨ビジネスや投資家に対する友好的で柔軟な規制は好都合であると言えます。

東氏が主張するように、日本市場の規制が投資家保護の観点から不十分であると言えるものの、実際に施行されているこの規制が日本を世界一の仮想通貨に仕立て上げていることは評価すべき点です。

さらに、日本は市場の安定を可能にする国家ライセンスを仮想通貨取引所に課す唯一の市場なのです。

World’s Largest Bitcoin Market Japan has “Loose” Regulations, Doesn’t Bode Well: Analyst

Nov 28, 2017 by Joseph Young

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

このように不安点はあるものの、日本の金融庁は新たな市場である仮想通貨を寛容に受け入れ、日本を世界一の市場へと押し上げています。

さらに、私たちがインタビューを行なった取引所BinanceやLISKなど仮想通貨のスタートアップ企業にとってとても魅力的な国であり、多くの有名仮想通貨企業が日本でのサービスや事業展開を望んでいます。

このような状況が続くことで、日本が世界をリードする市場形成やビジネスの拡大をより促進することに繋がるでしょう。

【第1弾:紹介編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー
2017年7月に設立し、9月に日本語対応、そして日本支社を設立中の香港の仮想通貨取引所Binanceに、CoinPostが独占インタビューを行いました。Binanceは1日の取引高が世界ベスト5入りする程までに急成長を遂げた大手取引所です。
Lisk CEO Max氏に独占インタビュー/価格やリブランティングについて
Lisk CEO Max氏にCoinPostが独占インタビューを実施しました。Lisk価格や予定されているリブランディング、今後の世界に対してのマーケティング等について質問しました。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/28 土曜日
16:45
証人へのオンライン接触、米司法省がFTXサム前CEOに禁止要請
米司法省は、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOによる従業員関係者との連絡を禁止するよう連邦地裁判事に要請した。証人等買収罪につながる可能性があるという。
14:30
SkyBridge、昨年の運用成績は-39%
仮想通貨にもエクスポージャーを有す米大手ヘッジファンドSkyBridgeの昨年の運用成績が39%のマイナスだったことが明らかになった。22年9月末時点で同社基幹ファンドの運用顧客資産は1,690億円とされている。
12:30
米破産裁判所、BlockFiの従業員維持プログラムを承認
米国の裁判所は、破産手続き中の仮想通貨貸借サービス企業BlockFiの従業員維持プログラムを承認。BlockFiは、残っている上級社員にボーナスを提供できるようになった。
12:00
国税庁の「NFTの税金」に係るFAQ概要について詳しく解説|寄稿:泉絢也
今年1月に国税庁が発出して反響を呼んだ「NFTの税金」に係るFAQ概要について、著書『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務」のある泉 絢也 千葉商科大学准教授が詳しく解説。
11:10
バイナンス、5通貨ペアを提供廃止
大手暗号資産取引所バイナンスは27日、一部の通貨ペアの取引廃止を発表した。
10:30
BTCマイニング企業アルゴ、IPOめぐる集団訴訟に直面
上場仮想通貨マイニング企業アルゴブロックチェーンの投資家らは同社に対して集団訴訟を起こした。IPOの際に事業リスクなどについて適切に開示していなかったと申し立てている。
09:50
Azuki、公式SNSが乗っ取り被害
NFTコレクションAzukiの公式Twitterアカウントが乗っ取られ、偽のNFT発行イベントを告知したことが明らかになった。少なくとも9,700万円相当のステーブルコインUSDCが奪われている。
09:00
FRB、仮想通貨銀行Custodiaのメンバー申請を否認
米FRBは、仮想通貨などのデジタル資産に関する銀行サービスを提供するCustodia Bankが提出していたメンバーシップ申請を否認したことを発表。否認の理由も説明している。
08:40
米IT・コインベースや仮想通貨も続伸 インフレ減速で利上げ緩和期待
本日のニューヨークダウやナスダックは6営業日続伸。ビットコインなどの仮想通貨も上昇。米物価統計などの最新データがインフレ減速と米FRB利上げ緩和の裏付けとなったもようだ。
01/27 金曜日
18:00
DEA、法定通貨でのNFT購入が可能に
ブロックチェーンゲームを展開するDEAは、NFTマーケットプレイスで法定通貨による決済を導入すると発表。株式会社イオレとの提携により新たなゲームプレイヤーの拡大も目指す。
17:51
BuzzFeed株急騰、OpenAIのコンテンツ強化策で
BuzzFeedの株価高騰 米デジタルメディア企業BuzzFeedが米OpenAIのAI(人工知能)技術を使ったコンテンツ提供を計画しているとの報道を受けて、同社の株価(BZF…
14:00
イーサリアムのL2、Optimism(OP)が過去最高値を更新
イーサリアムのL2ネットワークOptimismの仮想通貨OPは26日に過去最高値をつけた。同ネットワーク上の1日の取引量は1月12日に過去最高の80万件に急騰した。
13:13
ビットコイン高値圏で揉み合う、未実現損益(NUPL)にシグナルの変化も
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰で過熱感のあった一部アルトコインが反落、ビットコインも上値を重くした。全体のトレンドでは大底圏を示していた未実現損益(NUPL)に変化の兆しも見られる。
13:10
Web3財団、「ポルカドット(DOT)は証券ではなくなった」
ポルカドット・プロトコルの開発・推進を行うWeb3 Foundationは、3年に及ぶ米証券取引委員会との積極的な関与を経て、ネイティブトークンDOTはもはや証券ではなく、調整用のソフトウェアであると主張している。
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧