CoinPostで今最も読まれています

Steamのビットコイン決済廃止、LTCとBCHが名乗りを上げる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

オンラインゲームプラットフォームSteamがビットコイン決済廃止
取引手数料と価格変動を理由にビットコイン決済の廃止を決定しました。
未来的にはビットコイン決済を導入し直すことも視野に
再評価の結果、ビットコイン決済がSteamにとって有用であると判断された場合、再度導入することも考えています。
手数料の安いライトコインとビットコインキャッシュが決算通貨として名乗りを上げる
SteamからBTC決済廃止が理由である手数料などの問題をカバーできる通貨としてライトコインとビットコインキャッシュが注目を集める。LTCはバウチャーに採用決定。

人気オンラインゲームプラットフォームSteamが長期にわたる取引手数料や価格変動による問題を理由にビットコイン決済を廃止しました。

2016年4月、ゲーム開発会社バルブ・コーポレーション(Valve)が運営するSteamはビットコインウォレットBitPayと協力し、ビットコイン決済を導入しました。

当時、ビットコイン決済はクレジットカードなどの決済方法が利用できない新興市場でしか考えられませんでした。

ビットコイン決済費用の問題点

12月6日、バルブ・コーポレーションは高い手数料価格変動を理由に暗号通貨での決済を認めていません。

会社は大きな要因として、Steamプラットフォームを利用しているユーザーの最近数ヶ月での高い決済費用を引き合いに出しました。

会社の説明によると

「今年、ビットコインネットワークからユーザーに請求される取引手数料が急上昇しました。例えば先週の時点では一回の取引につき$20(約2268円)(ビットコイン決済を導入した当時は$0.20(約23円))の手数料がかかりました。ただバルブ・コーポレーションは手数料の決定において全く権限がなく、ビットコイン使用してゲームを購入した際には高い費用がかかってしまっています。そしてビットコインの価値が急落したときにはその問題がさらに大きくなるのです。」

この記事の一部のケースでは、ビットコインから米ドル換算のために差額が発生する場合があることを説明しました。そしてその差額を埋めるために追加取引を要求してもさらに手数料がかかってしまいます。

結果的に、ビットコイン決済はSteamにとって「支持できない」という判断が下されました。

それに伴いバルブ・コーポレーションは「過少支払いまたは取引手数料による懸案問題の解決に向けて働き続ける」と約束しました。

しかし同時に暗号通貨を将来的に再導入することも視野に入れているようです。

「我々、そしてSteamコミュニティにとってビットコインが有用かどうかを後日になって再評価するかもしれません」

と説明しました。

代替通貨としてのライトコインとビットコイン・キャッシュ

このニュースを耳にし、高額な手数料への解決案として仮想通貨界隈から2つの意見が挙がってきています。

ビットコイン・キャッシュについてはRoger Ver氏(以下、Ver氏)、そして、ライトコインについてはCharlie Lee氏(以下、Lee氏)がこの主題に対してコメントを求められました。 Ver氏は12月6日にTwitterを介して、ビットコイン・ハードフォーク通貨への代替を勧めました。さらに注目すべきは、彼が、Steamに対し、ビットコイン・キャッシュに対応していてBitPayに似た支払い方法を提供するCoinfyを使用することを勧めたことでしょう。彼のツイートでVer氏は、CoinbaseのBrian Armstrong氏及び、BitPayのTony Gallippi氏、Stephen Pair氏をタグ付けしました。

ロジャーバー氏

@SteamDB に対し、本当のビットコインである #ビットコイン・キャッシュ を使用することを勧めます。@BitPay と @coinbase が#ビットコイン・キャッシュ に対応するのを待つ間に、@coinfy は喜んで協力してくれるでしょう。

どちらかと言えば、このメッセージはCoinbase及び、BitPay(大手仮想通貨決済サービス)に対してビットコイン・キャッシュの対応を勧めている内容とも解釈できます。

Coinbaseの元メンバーで、ライトコインの創業者である Charlie Lee氏もSteamの発表に対し回答しました。

Ver氏と同様、Lee氏もライトコインとビットコインの違いについて言及し、BitPayにライトコイン対応を促しました。

本日(12月8日)多くの人から、Steamに連絡をとって、ライトコインの採用を説得すべきだという意見をいただきました。しかし、彼らが@BitPayを使用してビットコインを取り入れていたことを忘れてはいけません。よって、代わりに、@BitPay に対し、支払いに最適なライトコインを採用してもらうように説得してみましょう。

LTCで購入可能になる

12月8日にLee氏はBitrefillを使用したライトコイン決済でSteamのバウチャーを購入できることを発表しました。

SteamのバウチャーをLTCで購入できるようになりました! @bitrefill ライトコイン対応にしてくれてありがとう!

ライトコインで最も注目すべき性質としては、高速なネットワークと効率の良い取引手数料が挙げられます。

どちらにせよ、サトシ・ナカモトが作成した通貨を代替し得る2つの通貨が、ビットコイン・ネットワーク上で日増しに深刻化しているコスト及び、スケーラビリティという問題を解決してくれることを望むばかりです。

ライトコインの売り時は2018年?それとも2017年末?
ライトコインは仮想通貨全体でも時価総額で7位になるなど、非常に良いパフォーマンスをあげたが、2018年中には、その優位性も失われ、ビットコイン・キャッシュに押され始め、勢いが失速、または、下降トレンドに転換されてしまうのではないかと危惧されています。

Steam Drops Bitcoin Payments Citin High Fees and Price Volatility

Dec. 7, 2017, by Stan Higgins

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

仮想通貨の人気上昇に伴い、ビットコインのスケーラビリティ問題や手数料の上昇は日に日に問題視されています。

一番仮想通貨決済に利用できる通貨なだけに、利用者や決済システム導入店にも影響が出ることに繋がってしまうレベルまできているのかもしれません。

この問題を決済仲介業者が価格フィックスなど、多くの取り組みで解決を試みていますが、結局のところLTCやBCHの決済導入も増えている現状から、決済通貨の世代交代が行われ、ビットコインはGold2.0のような価値の担保として注目される時代へと突入するかもしれません。

またロジャーバー氏は、ビットコインキャッシュ用のデビットカード発行を発表するなど、ビットコインキャッシュを主流の通貨にすることに注力しています。

仮想通貨ライトコイン(LTC)最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ライトコイン(LTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新情報を更新していきます。
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧