CoinPostで今最も読まれています

ゴールドマンサックスのビットコイン先物は機関投資家を呼び込めるのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゴールドマンサックス、ビットコインの先物取引開始を決定
ゴールドマンサックスはビットコインの先物取引を開始することを決定しました。この試みは、規制金融機関の中では初となります。
BitMEXはデリバティブ取引に強気の姿勢
ゴールドマンサックスがデリバティブ取引に慎重な姿勢を見せる中で、BitMEXはデリバティブ取引を牽引しており、収益を伸ばしています。
デリバティブ取引とは
デリバティブ取引は、リスクを覚悟して高い収益性を追及する手法として考案されたものです。デリバティブ取引は、大きく分けて先物取引、オプション取引、スワップ取引の3種類に分類されます。
先物取引とは
先物取引とは、将来のあらかじめ定められた日に、ある特定の商品を現時点で取り決めた価格で売買することを約束する取引です。

ゴールドマンサックスはビットコイン先物取引を開始を決定

ゴールドマンサックスはニューヨークの担当部署を介してのビットコインの先物取引を開始することを決定しました。

ゴールドマンサックスはこのサービスを実施する最初の規制金融機関となります。

ゴールドマンサックスのこの決定は世間のデジタル通貨への信頼の高まりに繋がるのでしょうか?

ゴールドマンサックスとBitMEX、デリバティブ取引に対する姿勢

今となってはゴールドマンサックスがビットコインの機関取引を促すと予想され、デジタル通貨の正当性は高まっていますが、もともと同社はビットコインの取引をするつもりはなく、慎重な足取りを見せていました。

ビットコインに対し懐疑的な意見を持っている社員もゴールドマンサックスにおり、全面的な信頼を寄せているわけではないようです。

しかし、世界でのビットコインの先物取引の影響力が無視できないものになってきたため、今月の2日にデリバティブ取引に動き始めました。

ゴールドマンサックス社:取締役会の承認を得てビットコイン市場へ参入
ウォール街を代表する金融機関であるゴールドマンサックス社が、ビットコイン価格と連動する商品を自己資本によって構築し、投資商品として取引事業に参入する事を発表しました。

仮想通貨が持つボラティリティが大きいことが、同社の慎重な姿勢の一つの要因となっています。

ビットコインの価格は過去数カ月間で激しく動いています。

2017年は、ビットコインへの関心は上昇を続け、ボラティリティーの暴騰を引き起こしました。

また2017年後半には200万円に到達した価格が、今年の2月には100万円台にまで落ちるという乱高下を見せており、ボラティリティは非常に大きくなっています。

機関投資家はこれらに対し、慎重に対応しなければなりません。

この状況に対し、ゴールドマンサックスが慎重に事を進める中で、ビジネス、金融系を取り扱うメディアのCultureBanxはBitMEXがますます勢いを強めていると言います。

BitMEXのCEOArthur Hayes氏(以下 Hayes氏)は仮想通貨のデリバティブ取引を牽引しています。

BitMEXの日毎の取引の出来高は30億円にも及びます。

BitMEXの去年の収益は8300万円、今年の1月の間だけで2100万円の収益を出しています。

しかし、投資家にとってはデリバティブ取引は非常にリスクの高い物です。

デリバティブ取引をする機関投資家は、自身の投資パフォーマンスに信頼できる基準を設けることで、デリバティブ取引の負担を軽減しようとしています。

元ゴールドマンサックス社員であり仮想通貨擁護派の大富豪Mike Novogratz氏はBloombergとパートナーシップを結び、Bloomberg Galaxy Crypto Indexを始めました。

Bloombergと億万長者のNovogratz氏:仮想通貨インデックスを開始・10種類の通貨を取扱い
Novogratz氏とBloomberg社は仮想通貨インデックス、Bloomberg Galaxy Crypto Indexを設立しました。このインデックスはビットコイン、イーサリアムなどの時価総額が大きい10種類のコインを取り扱います。

これから、この指標がデリバティブ取引をする個人投資家にとって「信頼できる基準」になるのでしょうか。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
16:50
Bybit、DEX「ApeX」を統合
海外の仮想通貨取引所Bybitは、分散型取引所ApeX Proのサポートを発表した。BybitのWeb3ゲートウェイ戦略の一環で、Bybitウォレットから同DEXへのアクセスが可能になった。
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧