米コインベース、イスラエルのセキュリティ企業を買収へ

コインベースがセキュリティ強化へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは30日、セキュリティ企業「Unbound Security」を買収すると発表した。

Unbound Securityの技術を活用し、コインベースのユーザーがより安全に仮想通貨の経済圏にアクセスできるようにして、信頼度を高めることが目的。また、Unbound Securityの拠点であるイスラエルで、コインベースの存在感を高める狙いもある。

最近コインベースは買収や提携を続け、事業の拡充を図っている。買収については先週も、仮想通貨のウォレットサービスを提供する「BRD」を買収することが明らかになった。BRDは以前、米リップル社やSBIホールディングスから出資を受けたことがある。

関連米コインベース、SBI出資の仮想通貨ウォレット企業を買収へ

今回買収の対象になったUnbound Securityは、エンタープライズ向けに暗号化サービスを提供することをビジョンに掲げている企業。デジタル資産や事業の取引情報などを、各企業がより安全に管理できるようになることをミッションにしている。公式ウェブサイトによれば、17の特許を持っているという。

コインベースはUnbound Securityを「暗号化セキュリティ技術のパイオニア」であると評価しており、中でも高く評価する技術の一例として、マルチパーティ計算(MPC)を挙げた。MPCを活用すれば、コインベースはより安全に仮想通貨を保管したり、送金したりできるようになり、以前より柔軟性も向上すると説明している。

マルチパーティ計算とは

複数の主体が、自分の秘密のデータを他の主体に隠したまま、連携して一定の計算を実行するプロトコルの総称。秘密を守りながらも必要な結果だけを知りたい場合などに用いられる。参考:日本銀行金融研究所

▶️仮想通貨用語集

また、コインベースは、イスラエルを世界で最も発展している技術拠点の1つと位置付けている。上述した通り、今回の買収には同国でコインベースの存在感を高める狙いもあり、今後の人材獲得にもつなげたい考えだ。

関連世界初、国の議会がNFTを活用 イスラエル新任大統領の宣誓書をデジタル化

今回の買収は慣習的な取引完了条件を満たした後、数カ月後に手続きが完了する予定。買収額は発表されていない。

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

コインベースがカストディのセキュリティを強化する背景には、同社が預かっている仮想通貨資産が世界的シェアを大きく占めていることがある。メディアBlockworksの報道によると、米JPモルガンは「コインベースは世界の10%ほどの仮想通貨を保管している」と分析したという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します