CPI発表前に警戒感漂う、ビットコインやイーサリアム急反落

仮想通貨市況

9日の米株式市場では、ダウが前日比58ドル(0.2%)安となった。

東京株式市場では日経平均株価も下落しており、日本時間21時半に行われるCPI(米消費者物価指数)発表を前にポジション調整の手仕舞い売りが先行したものとみられる。

CPIにおける市場コンセンサスは前年同月比8.7%高。40年ぶりの記録的水準となった6月度結果9.1%高との比較で伸び率の鈍化を予想する。インフレのピークアウトが認められれば、相場の底打ちシグナル観測で買い戻し機運が強まりそうだ。

一方、CPIが市場予想を大きく超えて高止まりし、インフレ抑制策が不十分だと見做されれば、FRBに「さらなる金融引き締め」の口実を与えることになりかねず、市場の動揺を誘うおそれがある。

来月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)における追加利上げ幅75bpについてはすでに織り込んでおり、金利先物市場では68.0%が75bpを、32.0%が50bpを予想する。

FedWatch Tool

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比3.65%安の22,925ドルと反落した。

BTC/USD 日足

先日のFOMCを境に4,000ドル幅ほど続伸していたこともあり、CPI発表を前に利益確定売りが先行したものと見られる。1BTC=24,000ドル台の上値は重く、弾き返されたのはこれで3回目。いずれにせよ今晩発表されるCPI結果が趨勢を左右することになりそうだ。

Kaikoのレポートによれば、ビットコインとナスダック指数の相関係数(30日平均)は、3ヶ月ぶりの低水準まで低下した。

kaiko

今年4月以降のリスクオフ局面では特に顕著であり、5月には過去最高値の0.8に達した。マクロ経済の重要指数発表前後には連動が強まる傾向にある。

関連:ビットコインと米株指数の相関係数(90日間)が過去最高水準に

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX米国版のBrett Harrison CEOは、ブルームバーグのインタビューに対し、「仮想通貨市場の冬が終わりに近づき、”雪解け”は近いように見える」と言及した。

関連:『仮想通貨の下落トレンドとFTXのスタンス』FTX.US社長との独占インタビュー

背景には、市場を揺るがしたThree Arrows Capital(3AC)やCelsius、Voyagerの破綻を巡る強制清算リスクの解消のほか、 運用資産規模10兆ドルを超える世界最大の投資運用会社ブラックロックとコインベースの提携発表がある。

関連:3ACへの巨額融資の影響で連鎖破綻か、仮想通貨企業Voyagerが破産申請

これにより、世界中の金融資産をモニターするブラックロックのリスク管理システム「Aladdin」を使用する機関投資家は、Coinbase Primeを介してビットコイン(BTC)を購入できるようになるほか、将来的には他のアルトコインにもアクセスできるようになる。

相次ぐハッキング被害

DeFi(分散型金融)の大手プラットフォームCurve Financeがハッキング被害に遭い、7,500万円相当のイーサリアム(ETH)が不正流出した。

Curveの調査チームによれば、フロントエンド攻撃でドメインハック(DNSハイジャック)され、ユーザーを偽サイトへ誘導するフィッシング詐欺が行われた疑いがある。異なるDNSプロバイダーを使用する「Curve Exchange」は被害を免れていた。

詳細:DeFi大手「Curve」でDNSハッキング被害の可能性 7,500万円相当のETHが不正流出か

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します