CoinPostで今最も読まれています

「ビットコイン現物ETF」SEC初承認の誤報めぐり、暗号資産相場大荒れ模様に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

16日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比314ドル(0.93%)高、ナスダック指数は160ポイント(1.2%)高で取引を終えた。

FRB(米連邦準備制度)の追加利上げ懸念が後退したことや米主要企業の決算発表への期待が背景にあるものと見られる。

一方、イスラエル軍とパレスチナ・ガザ地区を実効支配する武装組織ハマスの衝突は深刻さを増しており、市場関係者はイランなどイスラム諸国の介入に神経を尖らせるなど、地政学リスクの高まりは懸念材料だ。

NYダウ・仮想通貨関連銘上昇 今後投資家心理を左右する要素は|17日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比1.62%高の1BTC=28,366ドル(約424万円)に。

BTC/USD日足

日本時間16日22時過ぎ、米国証券取引委員会(SEC)がビットコイン現物上場投資信託(ETF)を初承認したとの報道を巡り27,700ドルから急騰。一時30,000ドル(約440万円)を付ける場面があった。

しかし、SECやブラックロック関係者により、フェイクニュース及び誤報であったことが判明するとBTC価格は急落。デリバティブ(金融派生商品)市場では、乱高下に伴い200億円相当のショートポジションと80億円相当のロングポジションがロスカット(強制清算)されるなど、一時的に荒れ模様となった。

承認確率は過去最高に

最大手資産運用会社ブラックロックの申請するビットコイン現物ETFなど、市場期待の高い金融商品の最終承認期日は2024年初頭の1〜3月に迎えることになるが、いずれにせよ、「ビットコイン現物ETFの承認は時間の問題」との見方は有識者間で強まっている。

投資信託型ファンド「グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」の現物ビットコインETF転換がSECに非承認とされたことを受け、運用会社のグレースケール・インベストメンツが起こした裁判では、米SEC(証券取引委員会)が劣勢に立たされているからだ。

今月14日には、グレースケールの主張を支持した裁判官の判決について、SEC側は控訴申請を行わないことが判明した。

関連:グレースケールの投資信託「GBTC」とは ビットコイン現物との価格乖離が注目される理由

SECの判断については、21年11月に承認して証券市場に上場を果たした「ビットコイン先物ETF」と、現在も非承認のつづく「ビットコイン現物ETF」に整合性が取れなくなり始めており、“外堀り”を埋められつつある。

例えば、野村資本市場研究所が今年9月に分析したレポートでは、「ビットコイン先物ETFの審査において、CMEビットコイン先物市場と監視協定を結んでいることを承認根拠としたのであれば、ビットコイン現物ETFの上場先の監視協定の相手としても認められるはず」という算段があったのではないかと解説している。

また「暗号資産(仮想通貨)の大半は有価証券に該当する可能性が高い」との姿勢を鮮明にする米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長について、米議会の公聴会で、金融イノベーションの観点から米国における資本市場の足を引っ張っているとして厳しい質問攻めに遭ったことは記憶に新しい。

関連:米公聴会「トークン化されたポケモンカードは証券か?」ゲンスラーSEC委員長は答え示さず

23年6月にはSECの再編とゲンスラー委員長の解任を目的とした法案が提出されるなど、ここ最近のSECの執行措置は越権行為および過剰規制に該当するとして反発する議員からの圧力も強まりつつある。

SECの委員長の任期は通常5年間であり、21年4月に就任したゲンスラー委員長は2026年春で任期満了を迎える見込みだが、2024年11月5日には大統領選を控えており、次期大統領の政策転換や民主党と共和党の政権交代などが発生した場合、米国およびSECのスタンスにも少なからず影響を及ぼす可能性は十分考えられる。

また、これまでの経緯からしても、仮に今回ビットコインETF(上場投資信託)が非承認だったとしても、ブラックロックらは非承認理由を踏まえて組成し直したものをすぐに再申請することになるだろう。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

Meituは撤退か

画像加工アプリなどを提供する中国のテクノロジー大手Meitu(美図)が、AI(人工知能)関連事業に主軸を移すため、保有する暗号資産(仮想通貨)の売却を検討していることがわかった。中国広東省の大手新聞、星島綱(Xingdao Daily)が報じた

香港証券市場に上場するMeituは2021年、事業戦略の一環で1億ドル(150億円)相当を投じ、765BTCと31,000ETHを購入した。

しかし、2022年以降の暗号資産相場暴落に伴い、投資した資産の取得価値を大幅に毀損したことから、会計上の減損処理を余儀なくされた経緯がある。

一方、直近の決算発表では赤字から黒字転換を果たした。収益増にはMeitu Design Studioなどの購読者増などサブスクリプションモデルが寄与したという。

「現時点では暗号資産の具体的な売却計画は未定」としながらも撤退を示唆した格好であり、市場で売却される場合は一定の売り圧力となり得るか。

関連:「仮想通貨取引を申告分離課税の対象に」楽天・三木谷氏率いる新経連が政府に税制改正案を提言

CoinPostビットコイン現物ETF特集

SEC控訴せず グレースケールのビットコインETF転換訴訟で ビットコインETF転換訴訟で米グレースケールに有利な判決
上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由 ビットコイン現物ETF、新たに3社が申請 SECの懸念に対応し再挑戦
米SECゲンスラー委員長、BTC現物ETFに関する質問に回答 仮想通貨市場に懸念示す Bitwise、仮想通貨ビットコインETF申請取り下げ SECの可否判断延期を受け

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧