CoinPostで今最も読まれています

分散型取引所(DEX)とは?/中央集権型取引所との違いについて解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中央集権型取引所にはハッキングリスク等のデメリットがある
取引所に仮想通貨を保管することは、取引所という一企業に仮想通貨の管理を委任する状態になるため、ハッキングのリスク等が常に付き纏います。
秘密鍵を自ら管理することでリスクを抑えた分散型取引所
ブロックチェーン上に取引所が存在しているため、ハッキングリスクを少なくしています。
分散型取引所にもデメリットはある
注文毎に手数料が取られてしまう、現状ではまだ利用者が少ないために出来高が少なく板も薄いというマイナス要素があります。しかし今後更に分散型取引所に注目が集まり、取引量や手数料についても改善される可能性は高いとみられています。
DEXとは
分散型暗号通貨取引所(Decentralized EXchange)のこと。 ブロックチェーン上の非中央集権型取引所であることで、高い安全性がメリットになる反面、割高な手数料や法定通貨が使用できない点、流動性及び利便性の低さがデメリット。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

目次
  1. 中央集権型取引所とは?
  2. 分散型取引所(DEX)とは?
  3. 主要な分散型取引所一覧
  4. 分散型取引所プラットフォームの注目ICO
  5. まとめ

仮想通貨の取引所には、中央集権型取引所分散型取引所(DEX)の2種類が存在します。

それぞれの特徴と違いについて解説します。

中央集権型取引所とは?

まず中央集権型取引所について説明します。

日本ではcoincheckやbitFlyer、海外ではpoloniexやbittrexのような中央管理者に仮想通貨を預けて取引を行う取引所が中央集権型取引所です。

大多数の方々はこの中央集権型取引所を利用しています。

その結果、大規模な取引所では取引量が多く、板も厚いため、より柔軟に取引を行うことが出来ます。

しかし中央集権型取引所では、秘密鍵の管理を取引所に委任している形になっているため、取引所の内部の人間が顧客の資金を不正に引き出すことが出来てしまう上、秘密鍵を持っている中央管理者へのハッキングリスクもあります。

取引所のウォレットに仮想通貨を預けておくとはつまり、取引所という名の一企業を完全に信頼し、自らの資産の管理を委任して預けている状態といえます。

取引所が倒産、もしくは上画像のようにハッキングされることで自らの資産を自分以外のせいで喪失してしまう恐れがあります。(例:マウントゴックス事件)

そのため、特定の仮想通貨を購入した後は取引所から対応したウォレットに移すことが推奨されています。

こういった中央集権型取引所に存在するリスクや手間を解消した取引所が分散型取引所(DEX)です。

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所とは、中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所の事です。

中央管理者が存在していないということは、自ら秘密鍵を管理しながら取引を行うことが出来ますので、上記した中央集権型取引所に存在するデメリットを解消することが出来ます。

昨今では国の規制により取引所の閉鎖等のニュースが起きていますが、国が規制することで分散型取引所が閉鎖するような事態は考えにくいため、そういった要因もメリットの一つと言えます。

ブロックチェーン上に存在しているためハッキングされる可能性は薄く、システムダウンや倒産の恐れもありません。

通貨を取引所に保有していても、ブロックチェーン上に保存している状態であるために、セキュリティは中央集権型取引所よりも堅固であると言えます。

しかしながら、現状の分散型取引所は新興取引所であるために、売り注文や買い注文をする度に手数料がかかり、出来高が少ないために板も薄いというデメリットがあります。

また、分散型取引所のプラットフォーム上の通貨が基軸通貨となることが主流なため、多くの中央集権型取引所のようなビットコインや法定通貨を基軸通貨とした取引ペアではないことが殆どです。

ただし、今後注目を集めていく事で出来高が増加し、取引対象通貨も増えていく可能性は高いです。

また、注文ごとにかかる手数料についても改善したICO通貨が増えてきているため、将来的にはデメリットではなくなる可能性もあります。

中央集権型 分散型
資産管理者 取引所(一企業) 自分
ハッキングリスク
身分証明の必要
注文手数料 少(※取引所による) 有(※今後改善する可能性あり)
出来高 少(※現在は少ないが、後々増加する可能性高)
基軸通貨 法定通貨、BTC、その他 DEXのプラットフォーム上の通貨

主要な分散型取引所一覧

イーサリアムプラットフォームを採用している分散型取引所(DEX)です。イーサリアムブロックチェーン上のトークン(ERC20トークン)は全てここで取引可能です。基軸通貨はETHです。ETH以外のトークン対トークンでも取引可能です。
BTS(BitShares)プラットフォームを採用しています。そのためBTSブロックチェーン上の通貨を売買することが出来て、なおかつUSDやJPYに価格をペッグ(レートを一定に保つこと、つまりは同じ価値になる)したBitUSDやBitJPY、ETHとBTCにペッグしたOpenETHやOpenBTC等といったSmartcoinを売買出来るDEXです。
Waves platformのDEXです。Wavesの場合、ウォレット内にDEX機能が実装されている、といった仕様になっています。JPYやUSDといった法定通貨も取引可能ですが、Wavesでは誰でもトークンが発行出来るため、名称が同じであるだけの偽装通貨に注意が必要です。

分散型取引所プラットフォームの注目ICO

ICO終了後、数日でPoloniex上場が発表された事で価格を大きく高騰させたDEXのプロジェクト通貨です。オフチェーンで処理しているために取引スピードが早く、現在数多く存在しているイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換することが出来ます。
ICOで5千万ドルもの資金調達に成功したDEXのプロジェクト通貨です。イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用することで、より利便性の高いDEXの設立を目指しています。また、決済API機能を使うことで様々な通貨でICOに参加することが出来るようになります。

それ以外の分散型取引所はこちら↓

これから主流になると予想される注目の分散型取引所(DEX)一覧まとめ
国自体の規制により取引所の閉鎖等のニュースが出て価格の乱降下が起きていますが、国家が規制をかけているのが中央集権型取引所であり、分散型取引所が閉鎖するような事態は考えにくいため、今後主要になるのがDEXと呼ばれる分散型取引所です。

まとめ

Poloniex等の中央集権型取引所のハッキングリスクを考えると、分散型取引所(DEX)はこれから更に注目を集めるのではないでしょうか。

取引量が少ない問題、通貨ペアの問題など、新興取引所であるためにデメリットもありますが、人が増えて開発が進む毎に改善傾向に向かうと思われます。

CoinPostではこういった世界で注目される様々な仮想通貨関連のプロジェクトについて多くの記事を書いていますので、是非チェックしてみて下さい。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア