CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムクラシック12月12日ハードフォークを予定/今後の価格上昇に大きな後押し

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ECIP 1017を実行予定
イーサリアム・クラシックは、新たな金融政策を発表し、発行数推移及び、発行数限度を定めました。この金融政策の制定は、新しいシステムが飛躍するための第一歩である投機的資金流入を促し、結果、その価値を高め、多くの人々が参入することでその安全性、信頼性を高め、実用性の向上に努めようとしています。
長期的な価格上昇にも大きく期待できる環境となる
発行上限や報酬減額導入は、供給量を減らすこととなるので、需要拡大と共により価格への影響が大きくなることに直結します。

イーサリアムクラシックが数日間大暴騰を起こしており、この理由として考えられるのは、イーサリアムクラシックの発行上限やブロック報酬減額へと移行するためのハードフォーク(ECIP 1017)が控えていることだと言えます。

このハードフォークの詳細を詳しく見ていきましょう。

変更点

このハードフォークではいくつかの変更点が存在します。

発行枚数上限の変更

2億1000万ETCを予定しています。最大値は2億3000万(ブロック報酬変動率により、完全な上限枚数はわからないが、この範囲の中で行われる模様)となるようです。

ブロック報酬減少

5,000,000ブロック作成される毎に20%ずつ減額、更にアンクルブロック作成に対しての報酬も減額されます。

ECIP 1017 とは?

イーサリアム・クラシックのコミュニティは2016年7月の発足以降大きな成長を遂げてきています。

イーサリアム・クラシックのビジョンに沿う形で、コミュニティは投資家、開発者、ビジネス運営者の長期的な利益を考え、適切な金融政策を採用する必要がありました。

また上記の変更点がECIP 1017というイーサリアムクラシックの共同声明の内容となります。

アンクルブロックって?

ビットコインでも起きることですが、イーサリアムネットワーク上の二人のマイナーがほぼ同時にブロックを承認することがあり、これを”アンクル”と呼びます。

この場合、ネットワークが一方のブロックを不適正であると判断するまで、二つのブロックが一定時間共存してしまうことになります。

一方が不適正であると判断されると、そのブロックから派生したチェーンも不適正とされ、無効になります。

この無効にされたブロックをビットコインでは”オーファン”と呼び、イーサリアムでは”アンクル”と呼び、イーサリアムではこの”アンクル”と呼ばれるブロックでのマイニングに対し、少量の報酬が支払われます。

これは、マイニングをより公正にするためです。

実際にどう機能するのか

具体的にどのように機能するのか、ブロック数などについて解説します。

初期段階 (0 ~ 5,000,000 ブロック)

”確定”ブロック作成報酬は 5ETC です。

確定ブロック作成マイナーは、付随して最大2ブロックの 各uncle ブロックの作成に対して 1/32 (0.15625ETC)が付与されます。

作成した uncle ブロックが確定ブロックに組み込まれることに成功した マイナーは、確定ブロック報酬の最大 7/8である 4.375ETCを獲得します。 この時、確定ブロックに組み込まれる uncle ブロックの最大数は 2 とします。

1回目のブロック報酬減額が行われた後 (5,000,000 ~ 10,000,000 ブロック)

”確定”ブロック作成報酬は 4ETC です。

確定ブロック作成マイナーは、付随して最大2ブロックの 各uncle ブロックの作成に対して 1/32 (0.125ETC)が付与されます。

作成した uncle ブロックが確定ブロックに組み込まれることに成功した マイナーは、確定ブロック報酬の最大 1/32である 0.125ETCを獲得します。

この時、確定ブロックに組み込まれる uncle ブロックの最大数は 2 とします。

何をすべきか?

合意された変更点は、既存のクライアントに反映されます。

よって、Parity (>1.6.9)、または、ETC-Geth、Mantis が最新バージョンにアップデートされていることを確認してください。

(これはクライアントの話なので、一般のETC保有者は対応する必要はありません。)

展望

ETCネットワークにおいて既存の金融政策から、発行上限を設け、発行数を減少させていく金融政策に調整した目的は、ネットワークのセキュリティをブートスト・ラップするためです。

ネットワーク上のセキュリティを高めることで、適切な金融政策が間接的にネットワーク自体を成長させ、安全なプラットフォームの提供を可能にし、スマートコントラクトの発展を促すことになります。

投機が、新しいシステムの経済的後押しを促し、需要を押し上げるものであるという前提を受け入れるとすれば、同様に新しいシステムであるイーサリアム・クラシック・ネットワークにおいての投機も、そのトークンの実用的価値が追いつくまでは、その価値を高める役割を担うことになります。

つまり、投機を後押しすることはネットワークの安全性を高め、成長させるためには合理的であるのです。

大規模で、高いリスクを持つ高性能のアプリケーションが、低いハッシュレートなどの脆弱なセキュリティのブロックチェーン上で開発されるとは考えにくいでしょう。

イーサリアムクラシック・トークンの需要が高まれば、それに伴い、イーサリアムクラシック・トークンの価格も上昇します。

その価格が上昇すると、マイニングへの報酬額も必然的に高まり、イーサリアムクラシックのネットワークの参加者も増加し、このインセンティブの増加によって増えるマイニング力は、ネットワーク自身のセキュリティを高めるのです。

そして、セキュリティが高まると、既存のユーザーや潜在的ユーザー、開発者との間の信用も高まり、これが、結果的にこのブロックチェーン上で大規模で、高いリスクを持つ高性能のアプリケーションの開発に繋がるのです。

このように、投機の促進は、イーサリアムクラシックのネットワークをより安全に、そして、より成長させます。

特に初期段階にある仮想通貨は、もしその他の要素が全て均一であるならば、発行数が徐々に減少していきます。

そして、行数限度が決まっているネットワークの方が、発行数推移や発行数限度が決まってないネットワークよりも高リスクの投機が起こりやすくなります。

上記を踏まえると、金融政策が直接的にネットワークの価値を生み出す訳ではなく、実用的なアプリケーションを持つ安定したプラットフォーム及び、活気に満ちたコミュニティが価値を生み出すと言えるでしょう。

適切に構成された金融政策は、人々が万全とは言えないシステムに対してリスクを取る際に有利に働き、さらに、関心がなかった人々や、プラットフォーム上でまだ開発を行なっていない人々、そして、未だ懐疑的な人々がこの初期段階にあるプラットフォームに参入する理由になるのです。

金融政策及び、イーサリアム・クラシックの最新予定(英語)

イーサリアム・クラシック金融政策の共同声明(英語)

Ethereum Classic Era Countdown

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

ビットコインにあって、イーサリアムやイーサリアムクラシックにない点は、最大発行枚数の設定です。

ビットコインは2100万枚という最大発行枚数が設定されており、半減期を迎えるごとにマイニング報酬が半減される仕組みが取られており、供給量減少の後押しをします。

これにビットコイン自体の需要増が重なることで、より価格の上昇が見込めることから、投資家の将来的なビジョンとしてこの発行が一定枚数で停止する規定はかなり重要となります。

逆にイーサリアムとイーサリアムクラシックは、今までこの発行上限枚数の設定がなかったことで、現在のマーケット供給量と需要から逆算した価格はある程度推測できる状況でしたが、上限設定がされていることによる有限資産という意味での価格上昇は見込めない状況でした。

仮想通貨の価格にとって、この上限枚数の設定はとても大事であり、今回ETCは同時にマイニング報酬額が20%ずつ減少していく仕組みを発表しています。

これら2つの材料はETCにはプラスの材料となり、短期的なハードフォークまでの期間の価格上昇(事実売りは発生する可能性がある)と、長期的な価格を見てもいい影響を与えるのではないかと思います。

仮想通貨 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?
イーサリアム・クラシックの機能や特徴とは? 本記事では、イーサリアム・クラシック(ETC)をなるべくわかりやすく解説いたします。 ...
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア