CoinPostで今最も読まれています

ビットコインスケーラビリティー解決策、ライトニングネットワーク取引が成功

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトニングネットワークのテスト成功
ビットコインのスケーラビリティ問題の解決の糸口ともなり得るライトニングネットワークが、ビットコインのメインネットでのテストを成功させました。しかし、飽くまでもテストの成功であり、その実用化はまだ先になるようです。
ライトニングネットワークがビットコインに与える影響
今後、このライトニングネットワークが採用されると、取引承認の遅延や手数料の高騰を抑えることができると予想されています。さらに、マイクロ決済を可能にし、Peer-to-Peer の仮想通貨としてまた利用されることになるかも知れません。

以前からライトニングネットワークはスケーラビリティー問題の解決策として注目されていました。

ライトニング・ネットワークは、スマート・コントラクトをビットコイン上に組み込み、個人とその個人がやり取りする全ての人との間にプライベートなペイメントチャネルを構成し個人間のやり取りをより効率的、スケールフリー、そして、低コストにすることができます。今回の発表は今後の不安定なビットコイン価格を安定させる非常に重要な結果でしょう。

ライトニングネットワークとは?

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するライトニングネットワークが早急に必要な理由
より多くのユーザーは、より多くの取引を生み出し、ネットワーク上でその取引承認の遅延が起きているのです。この問題の解決策として、ライトニング・ネットワークの採用が挙げられています。

ライトニングネットワークのテスト成功

ビットコインは、そのスケーラビリティ問題に対して、明確な解決策が求められています。

SegWitは既に施行されてはいますが、未だ採用率は低いままであることを考慮すれば、ライトニングネットワークも視野に入れていくべきだと感じています。

しかし、残念なことに、この解決策がいつメインネットに採用されるかは誰も定かではないのです。

複数顧客間でのライトニング取引が完了し、メイン・ビットコイン・ブロックチェーンでも実施されたことは大きな発展でしょう。

このようなことが行われたのは初めてなのです。ビットコインユーザー達は、はこのスケーラビリティ問題の解決策を長らく待ち望んでいました。

これで、一夜のようにビットコインの全ての問題が解決されるわけではありません。

ただ単に、テストが成功したというだけで、現時点ではそれ以上でもそれ以下でもありません。

ライトニングネットワークが実用化に向け進歩

現時点では、ビットコインユーザー達は多くの問題に直面しています。取引承認の遅延や、手数料の高騰は、今となっては日常茶飯事で当たり前になりつつあります。

将来的に、もしビットコインの価格が少しでも下がれば、さらに大量の取引が発生する可能性があります。

ビットコインが拡張されない限り、この遅延は続くでしょう。

世界で先駆者として認知されているこの仮想通貨で、このような問題が顕著に現れている状況は決して受け入れられるべきではありません。

このようなテストが成功したのは好ましいことです。

ライトニングネットワークは長い間、開発段階にありますが、多くのコーディング、テスト、そして、さらに多くのコーディング、テストを必要とするような解決策をゼロから実用化まで持っていくのは簡単なことではないのです。

メインネットで概念実証は行われましたが、まだやるべきことはたくさんあるようです。

よって、ライトニングネットワークの公式施行日は未定で、全ての準備が整うまで発表はないでしょう。

この技術が実用化されると、興味深いことが起きます。ビットコインは、やっとマイクロ決済が可能になり、ほとんどの取引承認の遅延を解消し、手数料も低くなり、Peer-to-Peerとして利用される仮想通貨に戻るかも知れません。

しかし、これは飽くまでも予想であり、実際、目にするまで定かではありません。

ビットコインにはスケーラビリティに対する黒歴史があるため、非常に少数のものしか順調に推移しません。そして、この開発も例外ではありません。

First Lightning Network Transaction on Bitcoin’s Mainnet is a Success

Dec 9, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから

CoinPost考察

ビットコインが仮想通貨決済として一番利用されている反面、スケーラビリティー問題や、トランザクションのつまりが問題となり、実用性を兼ねていない点が浮き彫りになっています。

このような状態が続いた場合、ビットコインの決済通貨としての未来はなく解決策が求められています。

この解決策となると噂されていたライトニングネットワークの実験成功は今後のビットコイン市場、つまり仮想通貨市場に大きな良きニュースと言えるでしょう。

仮想通貨業界:今後5年に起こりうる10のこと(前編)
仮想通貨業界で今後5年間で起こりうることの予想記事:前編です。ビットコイン価格が,000(約448万円)もの値を付ける、板の厚い分散型取引所は実現していない等の予想がされています。
仮想通貨業界:今後5年に起こりうる10のこと(後編)
仮想通貨業界で今後5年間で起こりうることの予想記事:後編です。政府発行の仮想通貨が増えること、更には国家が税金の徴収に苦戦するようになることが予想されています。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア