ビットコイン(BTC)ラインブレイクで500ドル幅急騰、いよいよ最終局面へ|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)500ドル急騰、中期保ち合いの最終局面へ
米中貿易戦争の余波で為替・株式市場が大荒れ模様の中、仮想通貨ビットコイン(BTC)は9時頃から500ドル幅ほど急騰、10500ドル台を一時回復した。いよいよ煮詰まっており、今後の命運を別ける最終局面が近いものと考えられる。

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は、本日9時頃から500ドル幅ほど急騰。10500ドル(110万円)台を一時回復した。(下図:BitMEX 4h足)

(下図:bitFlyer 1h足)

週明け相場の午前9時は、仮想通貨チャートの重要指標である週足・日足・4h足の確定タイミングが重なるほか、国内株式市場(前場)が開く時間帯でもあり、各市場の出来高及びボラティリティが急上昇しやすい(相対的に仕掛けなどが入りやすい)性質を持つ。週末のジャクソンホール会議前後の米中発のネガティブサプライズで金融市場が動揺した事により、米NYダウ市場が前日比-2.37%の623ドル安に、株式市場では多くの銘柄が寄り付きからギャップダウンし日経平均株価が一時500円安の2万200円台となったことも、ビットコイン(BTC)の買い意欲を後押ししたか。

米中による報復関税合戦など米中貿易摩擦の先鋭化に伴い、景気減速がリセッション(景気後退)をもたらすことが警戒された。為替相場ではこれを嫌気し、一時1ドル=104円台まで円高・ドル安が進行、今年1月の安値を下回った。

現在国内外で意識されている日足ペナントのテクニカル面に加え、1万ドル割れ時の現物買い、BitMEXの資金調達率がショート払いに転じるなど需給面ともに若干ロング優勢にあったものと考えられる。ディセンディングトライアングル上抜けからのショートカバーで急騰をもたらしたことで、OI(未決済建玉)も大幅に解消されている。

ただ、今回の急騰でbitFlyerではプラス乖離が5.0%まで加速。一時「SFD」が発動しており、その後の値動きではスキャルピングなど投機筋のロング利確と新規ショートを伴う反落を見せている。

世界中の投資家が意識している巨大保ち合いもいよいよ煮詰まってきた。買い目線では①のトレンドラインをブレイクし、②の強抵抗線まで上昇できるかどうか、売り目線では③の支持線とその下に控える9000ドルラインをブレイクし、昨年11月のビットコインキャッシュ(BCH)の通貨分裂騒動時の「長期ディセトラ底割れ」再来となるかどうかが肝となるだろう。

しかしながら、当時はABCとSV派で繰り広げられた採算度外視の「ハッシュ戦争」泥沼化で、資金捻出のための保有ビットコイン(BTC)売り懸念のほか、クレイグ・ライト氏のBTC大量売りを示唆する発言が投資家心理を著しく悪化させるなどしたことも市況に響いた経緯がある事には留意したい。

いずれにせよ、少なからずテクニカル的な観点では、今後数ヶ月スパンの命運を別けるような”最終局面”が近づいていると言えそうだ。心理的節目である10,000ドルの攻防を左右するポイントについては、CoinPost所属ライターのタキオン(@wing_tachyon )が、以下の記事で詳しく解説している。

軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)
軟調な動きを続けるビットコイン分析、イーサリアムやリップルのアルトコイン分析を交えて解説。ビットコインは軟調な中にも中長期的な現物の押し目買いが見受けられる。一方でアルトコインは低調ながらも大きなサポートに達しており、ここで反発するかが仮想通貨マーケット全体を大きく左右すると言える状況だ。

CoinPostの関連記事

『移動平均線』ビットコイン(BTCFX)投資に役立つ、初心者向け仮想通貨チャート講座
仮想通貨ビットコイン(BTC)チャートなどで使える移動平均線を軸に、ゴールデンクロスとデッドクロス、パーフェクトオーダーといった相場のシグナルについて徹底解説。投資初心者にもわかりやすいよう図解付き。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/18更新】
【9/18更新】仮想通貨トレードの投資判断に役立つ、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの重要ファンダ情報を一覧表にまとめ、随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら