ブロックチェーンコンテンツ協会の設立宣言とブロックチェーン業界の発展

ブロックチェーンコンテンツ協会とは?

ブロックチェーン市場への新規参入を考えるスタートアップ企業にとって法令解釈やブロックチェーンに関しての調査と研究などの情報は必要不可欠であるが実際に信用度のある最新情報を取得することは難しい。

ブロックチェーンコンテンツ協会はブロックチェーンコンテンツ事業者とユーザ、国内外の企業、関係省庁、地方自治体、諸団体 にとっての情報のプラットホームになることでブロックチェーン市場の成長、拡大を促進することを目的としている。

今回の設立宣言はブロックチェーンコンテンツ協会が事業者が守るべきブロックチェーンコンテンツガイドラインの策定、更新や関連法規の取り纏めなどをセミナーという形で支援していく第一歩であると言える。

ブロックチェーンコンテンツ協会が解決しようとしている問題はブロックチェーン技術が人々の生活に浸透していく中で大きな壁であることに疑問はない。

CoinPostも一暗号資産メディアとして彼らの取り組みを応援していきたい。

加盟企業

アクセルマーク株式会社

カレンシーポート株式会社

CryptoGames株式会社

株式会社gumi

スタートバーン株式会社

株式会社スマートアプリ

double jump.tokyo株式会社

トークンポケット株式会社

株式会社博報堂

株式会社フィナンシェ

公式ウェブサイト

ブロックチェーンコンテンツ協会公式HP。 宣言、自主規制ガイドライン等を掲載していきます。 コンテンツ事業者からのお問い合わせ、入会のお問い合わせはお問い合わせページよりお願い致します。

CoinPostの関連記事

米財務省、FinCENで新たな仮想通貨関連規制=国会公聴会
米財務省の長官は国会の公聴会で、財務省所属のマネロン対策部署FinCENが新たな仮想通貨関連規制をリリースする予定があると発言。各規制当局と連携し規制要件を考案していたという。
仮想通貨に3年の規制猶予 米SEC理事が提案
米SECのPeirceコミッショナーは、仮想通貨やトークンの販売に3年間の規制猶予期間を設ける必要性を強調。「セーフハーバー・ルール」の策定を提案した。発行企業に寛容性を与える狙いだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用