CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 ファクトム(FACTOM)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

通貨コード Factoid(FCT)
プロジェクト名 FACTOM
取引開始日 2015年9月1日
承認アルゴリズム Proof of Existense
発行上限 発行上限は設定されていません。
現在の流通量 8,753,219FCT(記事作成時2017年7月)
ブロック生成サイクル ビットコインのブロックチェーンに依存する
ブロックチェーンURL https://explorer.factom.org/
あらゆる電子データ(FACT事実)を記録することができる
中国での土地管理システム、米国での住宅ローン管理に利用

概要

FACTOMはビットコインのブロックチェーン技術を応用して作られたビットコイン2.0通貨のうちの一つです。

ブロックチェーンが改ざん不可能であることに注目して、あらゆる電子データ(FACT事実)を分散し、記録、追跡、管理できるために作られたデータ管理プラットフォームである。

歴史

2015年4月からサービスが開始されたファクトムですが、ビットコインのブロックチェーンを利用したビットコイン2.0のプロトコルとして通貨が発行されました。

ファクトムのサービスを利用するには、セキュリティの面からFACTOMの支払いに使われるFACTOID「FCT」(ファクトムプロジェクトで使われる仮想通貨)が必要になるのですが、このFactoidのクラウドセール(ICOと同じ先行販売)がサービス開始と同時に4月から5月にかけて行われました。

ファクトムのテクノロジーはとても水準が高いもので、世界中誰でも使える仕様になっていますが、現状は専門知識があるエンジニアレベルでないと難しい内容になっています。今後プロジェクトが企業や国から一般の人への普及が考えられた時の需要にも注目が集まりそうです。

また最近では、中国にあるコンサルティング大手の「iSoftStone」と連携し、中国における権利の管理、監査をテクノロジーに置き換えるスマートシティ計画に参加することが発表されました。

ファクトムの技術を利用して広大な土地を有する中国で、頻繁に土地の所有者が変わる現状をしっかり記録した上で、監査できる機能に期待しての参加になります。

また、米国住宅ローン市場のデータ管理において、Factom(ファクトム)のブロックチェーン技術採用が決定し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と協力し住宅ローン市場の管理計画を開始しています。

今後、このように法人や国からの注目が集まっているのもファクトムの強みといえるでしょう。

ファクトムの特徴

  1. データの改ざんができないブロックチェーンを利用し、「貸付記録」、「証券」、「保険」、「医療」などあらゆる書面や記録を分散して管理、追跡、監査できる。
  2. データを遡って記録を証明できるため、あらゆる方面での応用が可能。
  3. 分散管理することにより、データ紛失や盗難のセキュリティが集権管理型の本来の保存方法に比べて格段にあがる。

事実の証明と管理

企業や国にとって、文書や記録を保存して管理をするのは今までかなりコストがかかり、集権型による消滅や盗難のリスクが隣り合わせのものでした。しかし、それらの企業や機関で文書等を保管することは必要不可欠なもので、そこにコストをかなりの割合で割いている企業も少なくありません。

従来契約というものは、契約書などの記録が実際に存在していることを証明する必要があります。また契約を担保するために当事者ではなく、信頼性の高い第三者機関に記録を管理してもらうこともあります。それによる管理コストの上昇がネックとなります。

これに対しファクトムは、2つの意味で第三者機関を不要とします。情報をブロックチェーン上に記録することで、記録されたデータは技術的に改ざんが困難となります。

改ざんできないブロックチェーン上の記録はそれ自体が存在の証明となるため、記録の存在をその都度証明するための第三者機関を必要としません。ブロックチェーン上にあるデータをいつでも参照すれば済むのです。また記録管理についても、ブロックチェーン上の記録は改ざん不可能であるためセキュリティコストを大幅に削減でき、従来よりも低コストで管理できます。

ビットコインレイヤー

ファクトムは、ビットコインのブロックチェーンを用いて機能拡張を行う「レイヤー(層)」に構築されています。本来ビットコイン自体は、暗号通貨としての機能がメインであり、拡張性に欠ける部分がありました。しかし、ブロックチェーン外で行われた処理(オフチェイン)をブロックチェーンに記録することで、実質的にブロックチェーンの機能を拡張する「レイヤー」という概念が登場しました。

ビットコインブロックチェーンはマイナーの数も非常に多く、攻撃に対する耐久性が強いというメリットがあります。ファクトムはビットコインブロックチェーン上に構築されていることで、セキュリティ面での恩恵を受けているのです。

ビットコインから派生してるコインなので、ビットコインのブロックチェーンをそのまま利用すると考えてる方もいらっしゃると思いますが、ビットコインのブロックチェーン自体を利用すると大量のデータを保管するためのスピードや、マイナーに支払いしなければならないコストなど機能面でファクトムを有効に活用できなくなります。

これを利用することによるメリットを一言で言うと、Factomを使うことで、大量の書類やデータの記録を、素早く安く、ビットコインのブロックチェーンに負担をかけずに行うことができることです。その意味で、Factomはブロックチェーン技術の通貨以外への応用の現実性を大きく引き上げます。さらにファクトムが記録する書類やデータはHASHだけですので、セキュリティの面でも大きな強みと言えます。

提携した企業や国の機関、また今後の展望

ウォール街の金融データプロバイダー企業であるIntrinioなどと提携をしているほか、土地権利の登記システム構築でホンジュラス政府など国との提携も行なっていますが、経済大国の土地権利に関してのスマートシティでの活躍が今後大きな注目点になることは間違いありません。

記録管理に関する手続きを大幅に効率化する可能性を秘めており、事実、企業監査、医療カルテ、サプライチェーン、選挙システム、資産登記、法的申請など、様々な形での応用が考えられています。いずれにしても改ざん不可能な情報記録・管理がもたらすメリットは非常に大きく、ファクトムが今後、情報記録・管理の面で多くの企業や国から注目されることは間違いないと思われます。

価格の推移ですが、リップルなどと同じく、ファクトム自体が使われることによる需要に伴い、価格が上がるように設定されています。国や企業にメリットがあることを考えると、この技術が注目された時の価格上昇が楽しみな通貨の一つです。

取引所

日本の取引所として扱っているのは、Coincheckがメインになります。あくまでも販売所としての立ち位置ですが、ファクトムを気軽に購入できる点としても大変優れていると思います。

この他に日本人が登録して使える取引所で、PoloniexBittrexでの取り扱いもありますので、英語でも問題ないという方はこちらでの取引をおすすめしています。

これらの取引所での英語での取引方法も日本語の解説で作成していますので、合わせてご参考になさってください。

ウォレット

Factomは現状日本語が対応しているわかりやすいウォレットがまだありません。

こちらが公式のウォレットになりますが、英語で作り方がわかりづらいので、追ってわかりやすいウォレットの作り方を掲載いたします。

マイニング

ファクトムではマイニングというものがありません。データの管理や記録を正確にこなすサーバーに、報酬としてファクトム独自の仮想通貨factoidが与えられる仕組みになっています。

マイニングの監視がない場合でもサーバーが管理をしてくれることによって、記録を改ざんするなどの不正な行為はすぐに発見され、ユーザーの投票により悪意のあるサーバーは排除されます。

まとめ

ファクトムはブロックチェーン技術を使って今後も土地の権利がはっきりしない国をはじめとする大きな企業、国で採用されて行く可能性がある通貨です。これからさらに多くの採用の動きに注目してニュースに注視することが、今後の投資情報としても大きく飛躍できるきっかけになりえると思います。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア