CoinPostで今最も読まれています

LINEのNFTマーケットプレイスが新登場、おすすめポイントを解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

LINE株式会社は、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスやウォレットなどのトークンエコノミーの展開をしています。

NFTマーケットプレイスは、簡単登録・ネットワーク手数料ゼロ・秘密鍵の保管不要という特徴があるため、初めての方でも気軽に利用できます。

本記事では、LINEのNFTマーケットプレイスの特徴やおすすめポイント、出品・販売方法を紹介します。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

目次
  1. LINE BITMAX WalletのNFTマーケットプレイスとは
  2. LINE NFTマーケットβをおすすめする3つのポイント
  3. LINE NFTマーケットβの取り扱い商品
  4. LINE NFTマーケットβでNFTを購入するには
  5. LINE NFTマーケットβでNFTを販売するには
  6. LINE NFTマーケットβにおける注意点
  7. まとめ:LINE NFTマーケットβで気軽にNFTを楽しんでみよう

1.LINE BITMAX WalletのNFTマーケットプレイスとは

LINEの子会社LVC株式会社が提供するデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、「NFTマーケットβ」が提供されています。

関連:仮想通貨取引サービスLINE BITMAXとは |初心者向けに特徴を解説

LINE独自のブロックチェーン「LINE Blockchain」を活用しており、決済には独自通貨LINK(LN)が用いられます。

関連:LINE Blockchainとは|独自トークンLINK(LN)の付与やユースケースについて解説

LINEのNFTマーケットβの主な特徴は下記の通りです。

LINEアカウントのみでデジタル資産の管理ができる(秘密鍵不要)
LINEの友だちとデジタル資産の送受信ができる
様々なブロックチェーンサービスへのアクセスができる

上記の特徴に加えて、2021年9月17日よりコンテンツ料金の設定が実装されました。

出品者はLINEのNFTマーケットプレイス内で作品が購入されるたびに、収益を得られる基盤が整いました。

また、LINEはZホールディングスとの経営統合を終えています。

Zホールディングスはヤフーを傘下に収めており、今後はLINEのNFTマーケットプレイスで取得したアイテムを、ヤフオクに出品できるよう連携を進めていくそうです。

LINEの国内ユーザー数は8,900万人であり、今後もエコシステムの拡大が期待されます。

なお、現在はβ版での提供ですが、より機能を充実させた「正式版」が年内にリリースされる予定となっています。

関連:LINE、NFTマーケットプレイスの提供開始 決済は仮想通貨LINK

2.LINE NFTマーケットβをおすすめする3つのポイント

NFTの売買は複雑で難しいとイメージされる方は多いでしょう。

しかし、LINE NFTマーケットβを利用することで、簡単・お手軽にNFTの売買を行えます。

さらに、出品者は永続的に報酬を受け取ることも可能です。

以下では、LINE NFTマーケットβをおすすめする3つのポイントをご紹介します。

2-1 LINE BITMAX Walletの口座保有者はお手軽

LINE NFTマーケットβの利用に必要なものは、「LINE BITMAX Wallet」です。

LINE BITMAX Walletは、LINEアカウントのみで、本人確認をすることなく登録ができます。

ただ、LINE NFTマーケットβでNFTの出品と購入をする際は、仮想通貨取引サービス「LINE BITMAX」への登録が必要です。

関連:LINEがNFTマーケットプレイスを提供へ、BITMAXウォレット内で売買可能に

そして、取引通貨として使用されている通貨が、LINEの独自通貨LINK(LN)です。

例えば、LINE NFTマーケットβでNFTを3LNで販売した場合、LINE BITMAX Walletに3LNが入金されます。

LINKはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨もしくは日本円との換金が可能です。

上記の説明を簡単にまとめると、以下の通りになります。

NFTマーケットβを見るだけ→LINE BITMAX Walletに登録
NFTマーケットβで出品・購入する→LINE BITMAX Wallet+LINE BITMAXに登録

2-1-1 LINKリワードプログラムとは

LINKリワードプログラムとは、対象となるサービスを使うことで、LINKリワードが付与されるプログラムです。

貯まったLINKリワードは、LINKや日本円などと交換できます。

LINEのNFTマーケットプレイスの利用を考えている場合、まずはプログラムに参加して、LINKを貯めるようにしましょう。

2-2 コンテンツの二次流通で手数料を受け取れる

LINE NFTマーケットβでは、出品者はコンテンツ料(ロイヤルティ)の設定を行えます。

コンテンツ料を設定すると、出品したNFTがNFTマーケットβ内で売買されるたびに、永続的に手数料として収益を得られます。

販売後も収益を得られる可能性があるため、クリエイターは重宝するでしょう。

2-3 ネットワーク手数料(Gas)がかからない

一般的なNFTマーケットプレイスでは、イーサリアムチェーンでの取引となり、ガス代と呼ばれるネットワーク手数料がかかります。

イーサリアムチェーンでは、ガス代の高騰とトランザクションの遅延が問題となっているため、NFTに興味があるものの、購入できていない人は多いでしょう。

LINE NFTマーケットβでは、ガス代は無料で処理速度も申し分ないため、気軽にNFTを楽しめます。

3.LINE NFTマーケットβの取り扱い商品

NFTマーケットβでは、実際にどのようなNFTが取引できるのでしょうか?

3-1 LINE Blockchain限定NFT

6月にNFTマーケットβがローンチされたことを記念して発行された、LINE Blockchain限定NFTを売買することができます。

これは、LINE Blockchainのロゴにある緑・水色・青の三種類のブロックをNFT化したもの。執筆時点で10,000個以上が出品されており、安価で購入可能です。

3-2 BROWN&FRIENDSデジタルトレカ

LINEが主催したキャンペーンに応募した人がもらえるNFTが売買できます。

LINEの様々な公式キャラクターのコミカルな画像データがNFTされており、こちらも安価で購入可能。今後も同様のキャンペーンが行われる可能性はあるので、興味のある人はLINE BITMAX Walletの公式アカウントからの通知をチェックするようにしましょう。

3-3 ももクロメモリアル

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」結成10周年を記念して東京ドームで開催されたライブの画像を使用したトランプ型デジタルカード「ももクロメモリアルNFTトレーディングカード」も、2021年10月より取り扱われています。

2,288パック限定で販売されている中の一部がNFTマーケットβでも流通しています。全52種類あり、1パックにNFTトレカが10枚入っています。

3-4 取り扱い予定

2021年10月に発売開始された、大手ゲーム企業スクウェア・エニックスとブロックチェーン企業doublejump.tokyoが共同開発したNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」を、NFTマーケットβで二次流通させることができるようになる予定となっています。

資産性ミリオンアーサーは「集めて貼って楽しめるNFTデジタルシール」。スクエニの提供するスマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」(現在はサービス終了)より始まった人気シリーズで、同シリーズはこれまでWEBアニメ化もされています。

4.LINE NFTマーケットβでNFTを購入するには

LINE NFTマーケットβでNFTを購入する手順を紹介します。

1購入したいNFTを選択

NFTマーケットβのトップ画面から、購入したいアイテムを探し、「購入」をタップします。

2LINE Payのパスワードを入力

LINE BITMAXの画面が表示されます。LINE Payのパスワードを入力した後に、NFTの購入が完了します。

5.LINE NFTマーケットβでNFTを販売するには

LINE NFTマーケットβでNFTを販売する手順を紹介します。

1LINE BITMAX Walletに登録

まずはLINE BITMAX Walletに登録します。登録に必要なものは、LINEアカウントです。

規約などに同意をして、パスワードを設定したら登録完了です。

2NFTを出品

NFTマーケットβのトップ画面から、「出品」をタップし、出品したいNFTアイテムを選択します。

3販売価格の設定

販売価格(LNの単位)とコンテンツ料を設定します。

4出品完了

LINE BITMAX Walletのパスワードを入力して出品完了です。

6.LINE NFTマーケットβにおける注意点

ガス代が無料で、コンテンツ料の設定もできるLINE NFTマーケットβは魅力的ですが、利用前に知っておくべき注意点もあります。

取引に対応している通貨は、独自通貨LINKのみで、他の仮想通貨では売買不可能です。

また、LINKリワードには交換期限があるため、期限を迎える前にLINKに転換する必要があります。

以下では、LINE NFTマーケットβを利用する際の注意点を紹介します。

6-1 「LINE Blockchain」上のNFTのみ取引可能

LINE NFTマーケットβで取引できることは、LINE Blockchain上のNFTのみです。

例えば、OpenSeaで購入したNFTを、LINE NFTマーケットβで販売することはできません。

また、売買で使用できる通貨は独自通貨LINKのみであり、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は利用できない点にも留意しましょう。

6-2 LINKは受取期限がある

LINKリワードを受け取った後は、期限までにLINKに転換する必要があります。

期限が過ぎたLINKリワードは、LINKに転換できません。LINKリワードの期限の確認手順は以下の通りです。

  1. LINE BITMAX Walletを開く
  2. メインメニュー「トークン」、「LINK/LN」の順にタップ
  3. 「受け取り可能なLINK」をタップ

7.まとめ:LINE NFTマーケットβで気軽にNFTを楽しんでみよう

LINE NFTマーケットβでは、秘密鍵の管理の必要がなく、ネットワーク手数料がかかりません。

LINEアカウントのみで、すぐに登録できるため、初めてNFTの売買をする方でも気軽に利用できるでしょう。

LINEのトークンエコノミーには、独自通貨LINKやウォレット、仮想通貨取引サービス、dApps(分散型アプリケーション)、NFTマーケットが揃っています。

今後は様々なサービスとの拡大、および更なる盛り上がりに期待されるため、興味ある方はぜひ利用してみてください。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア