CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンや仮想通貨は、日常をどのように変えるのか|業界著名人インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン・仮想通貨業界の著名人にインタビュー
Microsoft AzureのプロジェクトマーケティングマネージャーJonathan Rose氏、Lisk財団のCEO、Max Kordek氏、大手仮想通貨データサイトCryptoCompareのCEO、Charlie Hayter氏、仮想通貨FactomのCEO、Paul Snow氏にインタビューをさせていただきました。
ブロックチェーン、仮想通貨が変える我々の日常
今回はそれぞれに共通質問として「ブロックチェーンが変える私たちの日常」、「仮想通貨が変える私たちの日常」について伺いました。

インタビュー協力者

Jonathan Rose – Microsoft Azure

出典:CoinPost撮影

Microsoft Azureプロジェクトマネージャー。

TeleTechにてマネージャー、グローバルアカウント部署にてディレクターを務め、Microsoftへ入社。現在はブロックチェーン、Microsoft Azureのプロダクトマーケティングマネージャーを務める。

Max Kordek – Lisk、CEO

出典:CoinPost撮影

現Lisk財団CEO、LightcurveCEO

大学で電子工学を学び中退。その後、オープンソース仮想通貨プロジェクトであるCriptiに携わる。

2016年にCriptiから派生するような形でLiskを立ち上げ1万4千BTCをICOで集める。

現在は、Lisk財団の会長とlightcurveのディレクターを務める。

Charles Hayter – CryptoCompare、CEO

出典:CoinPost撮影

大手海外仮想通貨データサイトCryptocompare、CEO

英国ロンドン出身。株アナリストとしてキャリアを重ねながら2014年に離職。

共同設立者のVlad Cealicu氏と共にサイト開発に取り組み、2015年に仮想通貨および取引所の比較サイト、CryptoCompareを立ち上げることに成功。

『仮想通貨に関する信頼できる情報を提供する事』をテーマに、サイト展開と仮想通貨の普及に専念している。

Paul Snow - Factom、CEO

出典:CoinPost撮影

現仮想通貨企業、FactomCEO

Texas A&M大学で情報工学の修士号を取得後、 数々の会社を立ち上げる。

2014年にFactomを始めCEOに着任。現在はテキサスブロックチェーン協会の会長も歴任。

昨今、仮想通貨やブロックチェーンが、我々の未来を変えていくという話はよく議論されています。

そこで実際にブロックチェーンや仮想通貨がどのような影響をもたらすのか、ブロックチェーン業界の著名人に見解を伺いました。

今回は、以下の4名にインタビューさせていただきました。

  • Microsoft Azureプロジェクトマーケティングマネージャー:Jonathan Rose氏
  • 仮想通貨LiskCEO:Max Kordek氏
  • CryptoCompareのCEO:Charlie Hayter氏
  • 仮想通貨FactomのCEO:Paul Snow氏

インタビューは5月に開催された、仮想通貨業界最大級のイベント「Consensus」中に行ったものです。

コンセンサス2018まとめ|LTC・Microsoft含む8社とインタビュー
注目ニュースの発表 BitmainがCircle社に約120億円の出資: USDと価格が連動する仮想通貨の発表 Circle...

インタビュー内容

ブロックチェーンは、我々の日常にどのような変化をもたらすのか

Microsoft Azure:Jonathan Rose氏

クラウドサービスには必ず仲介人がつきます。

もし顧客同士で問題やクレームがあった場合、仲介者がその間に入る必要がありましたが、ブロックチェーンではその仲介が必要ないので、顧客同士の摩擦に巻き込まれる可能性が無くなります。

良い例が、Webjet(航空会社)ですね。

オーストラリアとニュージーランドでサービスを主に提供している観光会社なのですが、以前はフライトやホテルの予約に問題がありました。

パートナー会社が多かった為、クラウドサービスには限界があったようで、頻繁ににダブルブッキングが発生したそうです。

その都度手当や謝罪金を払う形になり、パートナー会社同士での摩擦もありました。

しかしブロックチェーンで管理するようになってからその問題が改善されました。

このような話は、今後いくつも現れるでしょう。

Lisk:Max Kordek氏

ブロックチェーンは、仲介人として最も優れていると思います。

例えば、大勢が参加するカンファレンスでスピーカーバッジをもらうのに、待つ時間は非常にもったいない。

ブロックチェーンを使えばいいのに、なぜいちいち待たなければいけないのでしょう?本人確認すれば、チケットもバッジもすぐ交換できます。

データベースに、仲介人は必ずしも必要なく、保険も自動でできるはずです。

プロセスは匿名性を保ちつつすぐに結果が出て、なおかつ不変なブロックチェーンでやるべきです。

CryptoCompare:Charles Hayter氏

仮想通貨やブロックチェーン技術は、今後も利用されていくでしょう。ですが、その技術がどのように機能し、どのように成り立っているのかは、知られずに使われるでしょう。

仕組みまで理解しているのは、初期ユーザーとブロックチェーンを活用している企業だけですね。

今後はもっと簡単で使いやすいコインが出来るでしょう。

そうなれば、いろんな企業や加盟店が採用し、利用者も増えます。その反面、仕組みを理解している人達は、逆に減っていくと思われます。

Factom:Paul Snow氏

私にとって一番変わったのは、ウォレットですね。今私が持っている財布には、カード類がたくさん入っています。

例えば運転免許証は、「テキサス州で合法的に運転できる」と証明するものです。

クレジットカードは、私がどこの誰といつ取引したかは記録するものです。コストコカードは、私がメンバーであり、コストコで買い物をしてもいいと証明するものです。これらのカードは、全て一種の身分証明書なのです。

ここで生じる疑問があります。なぜ、こんなバラバラに管理する必要があるのでしょうか。

ブロックチェーン技術を使えば、このようなペーパーウォレットができます。これを使えば、財布を持ち歩く必要がなくなりますし、カードを何枚も維持する必要も無くなります。

またペーパーウォレットは、デジタル署名が組み込まれており、これ一つで身分証明ができます。しかも、デジタル署名はいつでも変えられますので、万が一ウォレットが盗まれても他の予備のデジタル署名を使って取り返すことも可能です。

旅行などで国境を渡るのに必要な身分証明書は、いくらでも印刷できる紙で作られたパスポートです。

ブロックチェーンは、社会をもっと良くします。

不便で非効率な現状を、より安全で、より簡単なものに変えることになるでしょう。

仮想通貨は、我々の日常にどのような変化をもたらすか
Microsoft Azure:Jonathan Rose氏

仮想通貨は、「リアルタイムかつ仲介なしに価値を転送」する能力を持っています。

この技術は、今までは不可能だったことです。まだまだ欠点はありますし、改善点もあるでしょう。

しかし、今後どう発展していくのは見ものです。

Lisk:Max Kordek氏

株式市場を考えた場合、取引時間が限られていますよね?これは今の時代に適していないように感じます。

ブロックチェーンにより、市場の流動性を作り、アクセスを可能にすることで、より多くの価値を作り出すことができます。

また、ライトニングネットワーク、シャーディングなどスケーラビリティを改善することは可能です。

これらを仮想通貨が可能にするのではないでしょうか?

Factom:Paul Snow氏

私たちがICOで学んだことは、銀行や金融機関の外で資本化を作成する方法があることです。

今後人々はさらに資本や価値になるものをトークン化しようとするでしょう。

例えば、1920年代に起こったアメリカの大恐慌。当時は価値の大暴落が起こり、農民が作物を都心に持っていくお金がなく、作物が腐ってしまう事件がありました。

当然そのせいで都心に食物がなく、市民は飢えました。

そんな時、仮想通貨のように仲介人が必要なく、国が価値の保証をする必要がない通貨があれば、あのような事態は防げました

仮想通貨は、消費者と生産者の直接的な取引を可能にします。流動性もある程度保証ができ、これは経済の発展にもつながります。

ブロックチェーンや仮想通貨は今後、社会を大きく変えていくことになるでしょう。

CoinPostの関連記事

コンセンサス2018まとめ|LTC・Microsoft含む8社とインタビュー
注目ニュースの発表 BitmainがCircle社に約120億円の出資: USDと価格が連動する仮想通貨の発表 Circle...
Lisk財団とブロックチェーン技術|非営利的プロジェクトとしての成功のために
Lisk財団の目標は、一般的なユーザーがブロックチェーン技術を利用できるよう障害を取り除き、Liskのオープンソース化および非営利的プロジェクトとしての成功にあります。基盤構造に含まれる分散型アプリにより、世界中のJavaScript開発者がカスタマイズした「ブロックチェーン(サイドチェーン)」を作成すること可能です。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧