CoinPostで今最も読まれています

KONAMI「Web3には新たな体験創出の可能性」 国内大手ゲーム企業が相次いで参入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国内のWeb3動向

2022年に入り、日本国内でも暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンを含むWeb3領域に関する動きが強まっている。

自民党内では22年1月下旬に「NFT政策検討プロジェクトチーム」が設立された。後に「Web3プロジェクトチーム」と改名した同グループは、法整備が整っていないがゆえに、新興産業に関心を持った人材が海外に流出している状況を問題視。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

国のデジタル戦略とともに、日本の豊富なIPコンテンツとのシナジーを見据え、政府に対して新たな取り組みを提言した。

このような取り組みは岸田政権からも認められ、6月には日本政府の成長戦略の一部にWeb3が盛り込まれたほか、岸田総理も英ロンドンでの演説にて、NFT(非代替性トークン)、メタバース(仮想空間)などWeb3.0の推進のための環境整備を含め、「新たなサービスが生まれやすい社会を実現する」と意欲を示した。

関連: 「戦後に次ぐ第2の創業ブームを」岸田総理、Web3.0推進に向けた環境整備へ意欲

特にNFT分野では、マンガやアニメなど世界でも高い知名度を誇るIP(知的財産権)コンテンツを活用した、公式NFTの販売事例が目立つ。国内NFTの一例は以下の通り。

国内ゲーム大手企業では、Web3分野に投資するためのファンドを設立したバンダイナムコ(研究所)や、セガ、スクウェア・エニックス、グリーなどが日本発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」の初期バリデータとして参画。

出典:Oasys

ゲーム業界におけるWeb3との親和性も注目を集めている。

関連:バンダイナムコのWeb3ファンド、ブロックチェーンソーシャルゲームに出資

関連:DJT、セガのライセンス許諾受けたブロックチェーンゲーム制作へ

KONAMIもWeb3参入

こうした中、遊戯王やパワフルプロ野球などのIPで有名な株式会社コナミデジタルエンタテインメントは今年10月中旬、「Web3やメタバースなどの新しい体験を提供するサービスを展開する」ために求人募集を開始。

関連: ゲーム大手KONAMI、Web3やNFTの開発人材の募集開始

22年1月にはゲームのリリース35周年を迎えた「悪魔城ドラキュラ」シリーズのNFTオークションを実施。支払いにはイーサリアム(ETH)のERC-20規格であるラップドETH(wETH)を活用している。

出典:OpenSea

コナミデジタルエンタテインメントの関係者はCoinPostの取材に対し、「KONAMIのNFT・メタバースを活用したプロジェクト・取り組みに着手しているチームはブロックチェーン事業部と制作部、そして管理部門から構成されている」と説明。

ブロックチェーン事業部は独自の流通基盤の開発を含めてゲームへのNFT導入を推進し、制作部はコンテンツの企画開発を担当するとした。

Web3事業については、「既存のビジネスに加えた新しいチャレンジ」と形容。既存のゲームへのNFT対応は「ゲーム性とマッチするのかを個別にかつ慎重に判断する必要があり、一律の対応は予定していない」とした。

また、求人募集を開始した目的については「事業の現在と未来を両輪で進めていくこと」だと語り、チームの規模については具体的に明かさなかった。

Web3領域に注目する理由については、以下のようにコメントした。

メタバースなどの新しい体験が広がる未来においても常に必要とされるサービスを提供したいと考えており、その準備として、Web3やブロックチェーンの研究開発は重要な位置づけのひとつです。

Web3自体は目的ではないものの、可能性が広がるという点ではしっかりと取り組むべき領域です。

採用するトークンやチェーン

また、開発中の「ブロックチェーンを活用した独自の流通基盤」で利用するブロックチェーンについては「明確な正解はまだない」ため「選択を限定していく時期ではない」とコメント。「いくつかの方向性を持って経験を重ねていく体制にしていく」と述べた。

仮想通貨や独自トークンを採用する可能性については「可能性を絞ることは現段階では難しい」と説明。ゲームユーザーにとって最適なサービスや環境を考慮する姿勢を示した。

ゲーム以外での応用

またKONAMIグループは、フィットネス・スポーツクラブも展開する。ゲーム以外でのメタバースやWeb3技術の応用について尋ねたところ、以下のような回答があった。

Web3やメタバースは、ゲームだけではなくさまざまな分野で新たな体験創出の可能性があります。

デジタル上で同じ空間、同じ時間、同じ体験を共有することで各分野のシナジーを発揮できる可能性があると思います。

Web3とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア