ビットコイン価格が乱高下する中、ショートで利益を伸ばせるBitmexは取引高100万BTCを突破|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコインを始めとする仮想通貨市場の下げ相場が続く中、ショート(売り)でも利益を伸ばせる高レバレッジ取引を有するBitmexは現物買いのリスクヘッジにもなることから、取引高が100万BTCを突破するなど盛り上がりを見せている。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

仮想通貨市場は10日、数日続いたビットコインは下げ止まり、一時急反発、アルトコイン市場も相場の落ち着きを見て、上昇した通貨も見られました。

また急反発時にビットコインが前日比で4%ほど 戻したことで、一時ビットコインドミナンスが、2018年初となる節目の50%まで1%に迫る49%を超えました。

しかし、18時時点では、すでに反発後の勢いが衰えており、再度相場に弱さが見られる展開へと移行、下値抵抗線となるサポートラインに向けて動き出す可能性もあり、予断の許さない状況が続いています。

仮に64.4万円を超えた場合、2018年の年初来安値を更新するため、注意が必要です。

また下落相場が続く中で、ショートでも利益を伸ばせるビットコインFXは活況状態で、高レバレッジ取引を有するBitmexは、取引高が100万BTCを突破するなど盛り上がりを見せています。

現在の下げ相場とマッチした他、コール・プットオプション取引が多くのユーザーに利用された可能性があります。

金融庁の動き

また本日、金融庁は「仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりまとめの公表」を発表。

注目点は、金融庁が仮想通貨を「暗号資産」と表記したことが挙げられますが、立入検査の結果に関しては依然として厳しい内容となっており、取引も多い日本市場の今後の流れに陰りを見せています。

立入検査では、昨年秋以降、暗号資産に係る取引が急拡大し、各社においてビジネス展開を拡大する中、みなし業者で把握された同様の問題点が幾つか確認されるなど、内部管理態勢の整備が追いついていない実態が把握された。

仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりまとめの公表について

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

本日は、グノシー(6047)が前日の上昇分を打ち消すように5.84%と反落したほか、前日に上半期の決算を発表したGMOグループ(9449)も、営業利益は117.8億円で前年同期比57.2%増益となったものの、マイニング事業の赤字などを嫌気され、11.46%と大幅に売られました。

そのほか、仮想通貨関連事業に注力するセレス(3696)にブロックチェーン関連の材料が出て、1.59%高。

同社は、AI×ブロックチェーン技術を用いた新しいグルメSNS「シンクロライフ(SynchroLife)」を運営する株式会社GINKANとの資本業務提携を締結し、セレスと個人投資家を引受先とする総額8,000万円の第三者割当増資を引き受けたとのIRを発表しています。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
GMOが仮想通貨交換所やマイニング事業に参入し、重要事業に位置付ける理由
GMOインターネットは仮想通貨交換事業、マイニング事業にも参入しています。今回はイベントにGMO代表取締役熊谷氏自ら登壇し仮想通貨関連事業参入経緯について語りました。熊谷氏の23年に渡るインターネット事業から仮想通貨事業への参入に乗り出す決断を下したわけとは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用