「XRPは素晴らしい通貨だ」Arrington XRP Capital創設者語る

Arrington XRP Capitalの創設者であるMichael Arrington氏は、サンフランシスコで行われたTechcrunchのカンファレンス「Disrupt SF 2018」で、リップルCEOのBrad Garlinghouse氏とゲストのMike Butcher氏との議論の中で、新しい仮想通貨ファンドを立ち上げる前にGarlinghouse氏からアドバイスを受けたと語った。

自身の仮想通貨ファンドでXRPを採用した理由を聞かれると、Arrington氏はBrad Garlinghouse氏とXRPトークンの2点を挙げた。

Arrington氏はリップル社のCEOとは以前から仲の良い友人関係で、きっかけは最初にTech CrunchをAOLに売却し、当時AOLに所属していたGarlinghouse氏はその後Tech Crunchを米国大手通信会社Verizonへ売り込んだことだそうです

それが関係して、Arrington氏がファンドを立ち上げた時にアドバイスをまず求めたのは既にRipple社のCEOに就任したGarlinghouse氏だったと述べた。

第2の理由はXRPの性質と投資ファンドとの相性の良さを挙げた。

XRPは、ヘッジファンドのように、資金を早急に動かしたい企業や人にとって素晴らしい通貨だ。 我々は世界中で投資をしているが、その際銀行を通じての送金は非常に時間がかかる。

と述べ、XRPだと500万ドルを3秒で送金できたことを熱心に明かし、その取引手数は20~30セントで済んだとしました。

対照的に、既存の企業では比べ物にならない程の高い手数料がかかるとし、時間もXRPには劣ると指摘した。

参考記事:“XRP is a fantastic currency to use for hedge funds”, says Arrington XRP Capital Partner

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

モルガンクリークが仮想通貨のインデックスファンドでリップル(XRP)を除外した理由
約1650億円の資産運用会社「モルガンクリーク」が設立した仮想通貨インデックスファンドが、時価総額上位のリップル(XRP)やステラ(XLM)を含まない理由が明かされた。
世界最大級の投資プラットフォームeToro、仮想通貨XRPの日本円(JPY)建て通貨ペアを追加
アメリカ、イギリス、中国など、主要国を中心に事務所を置き、世界最大級のソーシャルトレードプラットフォームを提供するeToroに、XRP/JPY、XRP/GBPペアが追加されたことが明らかになった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら