米連邦保安官局、11月5日にオークションを通じて4.7億円相当の660BTC売却へ

アメリカ連邦保安局が約4.7億円分のビットコインをオークション化
連邦保安局が犯罪捜査で没収されたビットコイン660BTC分を来月オークションで処分する事を発表した。同局は今年既に2回同様のオークションを行なっており、今回も含めると約6360BTC、計60億円以上が競売されている。

アメリカの連邦保安官局が犯罪捜査の一環として没収されたビットコイン約4.7億円分(660BTC)を11月5日にオークションで売り払う事を明らかにした。

出典:usmarshals.gov

オークションは11月5日に開始される予定で、オークションに入札・参加するためには10月31日までに20万ドル(約2200万円)のデポジットを入金する必要がある。

なおオークションの入札開始はアメリカ東部夏時間23日午前8時、日本時間23日午後9時から(時差は13時間)。

出典:usmarshals.gov

今回オークションされるものはビットコインを利用した資金洗浄(マネーロンダリング)などの犯罪で摘出された容疑者の保有していたビットコインを没収したビットコインとなる模様で入札者は11月6日日本時間午前6時には落札が通達される。

アメリカの連邦保安官局がビットコインをオークションで処分するのは今回が今年3度目で、過去2回は1月と3月に開催した。

その時3月には2100BTC、1月に至っては3600BTCをオークション化しており、これはオークション時の価格換算で計56億円に相当する。

来月オークションされるビットコインと合わせると総額6360BTC、約60億円以上が落札されている計算だ。

CoinPostの関連記事

リップルの「カップアンドハンドル形成」ビットコイン日足の「ゴールデンクロス」に注目|仮想通貨テクニカル分析
仮想通貨市場において、現在チャートの面で注目点が見られたビットコインとリップルのテクニカル分析を掲載。
米CMEのビットコイン先物出来高、第1四半期から172%増|背景にはアジア圏からの需要増加も
CMEがビットコイン先物の第3四半期データを公開した。そのデータでは、前期比率で41%増、2期前からは172%出来高が増加していることが明らかになり、ビットコイン市場に置いてより重要な存在になりつつある。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加