ベネズエラのペトロ(Petro)、仮想通貨取引所と称する6つのウェブサイト上で売買開始へ

政府公式ウェブサイトによると、ベネズエラは国家主導の仮想通貨ペトロ(Petro)を売却開始するために6つの仮想通貨取引所を認可したことが判明。

ベネズエラ政府は、同国の新法定通貨のペトロを市場流出させ、売りに出すために仮想通貨取引所と称する6つのウェブサイトを認可した。

Noticiero Digitalによると、

ペトロは10月17日(水)から6つの取引所で可能となるが、ニコラス・マドゥロ大統領は以前に、その通貨を販売出来る16もの認定会社があると発表した。

6つの取引所は以下の通り

  • Cave Blockchain (caveblockchain.com)
  • Bancar (bancarexchange.io)
  • Cryptia (cryptiaexchange.com)
  • Amberes Coin (amberescoin.com)
  • Afx Trade (afx.trade)
  • Criptolago (criptolago.com.ve)

この中のいくつかのサイトは、既にウェブサイト上でペトロを宣伝開始している。

参考記事:Venezuela Authorizes 6 Exchanges to Start Selling National Cryptocurrency Petro

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

"法定"仮想通貨ペトロが8/20よりベネズエラで導入か:1PTR=60ドルで固定
現在、ベネズエラでは経済混乱により大幅なインフレが起き、法定通貨の著しい価値低下が問題となっている。オイル価格に裏付けされた法定仮想通貨ペトロは、ベネズエラ経済を安定化させるカンフル剤となり得るだろうか。
ベネズエラ政府の仮想通貨ペトロがネムのブロックチェーン技術を採用?
ベネズエラ政府の発行する仮想通貨PetroがNEMブロックチェーンを使うのではないか、とみられています。ネム(NEM)公式Twitterでも「ベネズエラ政府はNEMブロックチェーンを導入すると思われます」と言及がありました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加