高級自動車ポルシェ、ブロックチェーン環境を利用し融資

ポルシェ:ブロックチェーンを利用し融資を受ける
高級自動車メーカーのポルシェは、ヨーロッパとアジアへ販売店の分散型ネットワークを拡大するため、スペインの大手銀行BBVAのブロックチェーン技術を利用したプラットフォームを通して融資を受けたことが明らかとなった。

ポルシェ:ブロックチェーンを利用し融資

ドイツの高級自動車メーカーのポルシェは、スペインの大手銀行であるビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行「BBVA」の分散型台帳技術が用いられたプラットフォームを利用し、融資を受けたことが明らかとなった。

BBVAのプレスリリース によれば、これはヨーロッパとアジアへ販売店の分散型ネットワークを拡大するため、戦略的買収を支援する長期ローンで、融資額は1億5,000万ユーロ(約190億円)となっている。

BBVAの企業投資銀行取締役Frank Hoefnagels氏はこれについて、「世界で初めてブロックチェーン技術(パイロット版)を利用して行われた買収資金融資だ」と発言。

また同氏は将来的予想として、実証実験の段階を経た後に、次のステップとして、ブロックチェーンを用いたユースケースやアプリが多く現れる世の中を描いていると述べた。

ブロックチェーン技術でDIYモデルの構築へ

BBVAは「ブロックチェーン技術は、文書の処理をより安全性や透明性を向上させることを可能にし、トレーサビリティや改ざん困難性をもたらす」と評価し、ブロックチェーン技術を応用することにより、取引を自動化し、運用リスクを最小化させることを期待している。

現在同行は、以上のようなブロックチェーンの特徴を生かし、企業などの顧客を対象とした、DIY(Do it Yourself)金融理財モデルを推し進めている。

また、ポルシェの企業金融支店長のDominik Paschinger氏は、「’分散化‘が2025年へ向けたポルシェ社の戦略の鍵となる」と話した。

さらに同氏は、

目標は、現在取り組んでいる全ての領域のビジネスを前進させること。

ブロックチェーン技術は、かなりのポテンシャルを秘めている。

とも語った。

欧州で広がるブロックチェーン推進の動き

先月には、EUの政策執行機関である欧州委員会(EC)が、多くの主要銀行と提携して、来年度から新しくブロックチェーン発展のための協会「IATBAを発足することを発表した。

業界のエキスパートなどの協力を得ながら、今後EUがどのようにこの革新的なテクノロジーを駆使していくかを焦点として、今後の発展を促すのが目的である。

この発表はECが開催した「EU各業界をブロックチェーンで統合、リードしていく」と題された会議で行われた。

この協会に参画する金融機関の中には、BBVAも含まれている

さらに、本日コインポストで報道したように、欧州議会(EP)は「ブロックチェーン:先進的な貿易政策」という決議を採用し、この新技術による、自由貿易と相互承認協定を含むEU貿易の政策に関わる数多くのメリットを取り上げている。

このように欧州(特にEU地域)では、ブロックチェーンを推し進める動きが加速しており、ブロックチェーン技術を応用したユースケースも見られるようになってきている。

この新興技術に対する期待値は、大変に高いと言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

欧州議会、「ブロックチェーン:先進的な貿易政策」決議を採択
欧州議会は、ブロックチェーンが貿易過程をよりスムーズかつ透明性を高める技術であり、EUとそのパートナー諸国間の貿易活性化を促すとし、貿易とビジネスにおけるブロックチェーンの採用の促進に動き出した。
欧州委員会が2019年に「ブロックチェーン協会:IATBA」設立、主要銀行が名を連ねる
EUの政策執行機関「欧州委員会」は、複数の主要銀行と提携し、ブロックチェーン協会の発足を発表した。EUブロックチェーン基準を国際的に推進することを目的としており、スペイン大手銀行のBBVAやサンタンデールも参加する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加