日本最大規模のTEAMZブロックチェーンサミット開催|4月6・7日:無料チケットあり

日本最大規模のブロックチェーンカンファレンス、TEAMZブロックチェーンサミット開催
TEAMZブロックチェーンサミットがこの春、東京で開催される。TEAMZブロックチェーンサミットには業界の専門家、一流投資家、ベンチャーキャピタル、投資銀行、規制機関などが集結する。イベントでは、ブロックチェーン業界の将来の発展、投資環境、世界規模でのコラボレーション機会の拡大、さらに、質の高いプロジェクトが必要な投資や支援が中心テーマとして議論される。
CoinPost:TEAMZブロックチェーンサミットメディアパートナーへ
日本で最も影響力のあるブロックチェーンイベントが、東京で4月6日-4月7日に開催される。公式メディアパートナーとなった仮想通貨メディアCoinPostからも、編集長の各務がモデレーターとして登壇。
TEAMZブロックチェーンサミットとは
このイベントは日本トップの投資コミュニティであるTEAMZ主催、ブロックチェーンメディアであるCointime、東南アジア最大のデジタルアセット取引を行うSoarEXの共同開催のもと行われる。また、KoinEraは北米におけるTEAMZの独占ストラテジックパートナーとしての役割として参加する。今回で5回目の開催、2日間で5000人が来場予定。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

TEAMZブロックチェーンサミットとは

TEAMZブロックチェーンサミットが、いよいよこの春、4月6日-4月7日の2日間に渡って開催される。

開催概要

日本トップの投資コミュニティであるTEAMZ主催、ブロックチェーンメディアであるCointime、東南アジア最大のデジタルアセット取引を行うSoarEXが共催で行う、4月6日-4月7日の2日間に渡るTEAMZブロックチェーンサミットが開幕間近だ。

4月6日には、キーノート講演、展示、業界のエキスパートによるパネルディスカッションが行われる。テーマは、ブロックチェーン技術や仮想通貨の主流化・プライバシーに関することから、法律・STO・投資戦略に関することまで、幅広く深くディスカッションして行く。

4月7日も同様、キーノート、業界のエキスパートによるブロックチェーンイノベーションやデジタルウォレット、Dapsに関するパネルディスカッションが行われる。

また、夜にはエレガントなレッドカーペットガラを開催。TEAMZの専属パートナーがサポートし、永続的なビジネス関係を築き、新たなビジネスチャンスを模索する機会を提供する。

主催/特別協賛

TEAMZ/Cointime・SoarEX

日程

2019年4月6日(土)-4月7日(日)

会場

東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階

(東京メトロ銀座線『虎ノ門駅』1番出口より徒歩約5分、東京メトロ日比谷線『神谷町駅』3番出口より徒歩約6分)

プログラム

シンポジウム、パネルディスカッション、プライベート(招待制)カンファレンス、レッドカーペット・ガラパーティー

見込み来場者数等

  • 5,000人想定(1日2,500人 x 2日間)
  • プロジェクト 55社
  • スピーカー 90社
  • ファンド, 投資銀行&投資家 100名
  • メディア 100社

CoinPost:公式メディアパートナー:限定無料チケット

CoinPost編集長各務もモデレータとして出席、有識者の方々をお招きし、日本と海外との仮想通貨・ブロックチェーン文化の違いや、界隈のお話についてお伺いします。

チケットは下記よりご購入ください。

1dayPASSが無料となります。2日間参加したい方やレッドカーペットへ参加したい方は別途チケットをご購入ください。

3月31日まで上記のリンクは有効です。

日時

4月6日or7日

「公式メディアパートナー」のCoinPostでは、ブロックチェーン・仮想通貨分野のサポートを行い、CoinPost編集長各務がモデレーターとして登壇いたします。

「TEAMZ BLOCKCHAIN SUMMIT」スピーカー陣

2日間に渡る「TEAMZ BLOCKCHAIN SUMMIT」、各日程と非常に豪華なスピーカー陣をここに紹介しておこう。

スピーカー陣 一部抜粋

MORGAN CREEK DIGITAL創設者兼パートナー – アントニー・ポンプリアーノ

出展:TEAMZ

Pompとして広く知られる彼は、機関投資家のために暗号通貨のエコシステム全体に資本を 投資している。

それだけでなく、クリプト業界におけるプロの投資家を教育することを 目的とした、人気のあるポッドキャストおよびEmailニュースレターであるOff The Chainも運営している。

Qtum財団の創設者兼CEO – Patrick Dai、フォーブス中国の2017年度30アンダー30

出展:TEAMZ

Patrickは博士号取得のための研究をしながらブロックチェーン技術を発見。 2012年か ら中国科学院で通信情報システムの博士号を取得。また、アジアでも有数のBlockchain Platformの1つであるQtumの創設者としても広く知られている。中国で最も早くから尊 敬されているブロックチェーン技術の先駆者の一人であり、中国CCTVのグローバル版 CCTNチャンネル、CNBC、中国人民ネットPeople’s daily、NasdaqやTechCrunchなど の多くのメディアからもブロックチェーンのエキスパートと呼ばれている。

ライトコインHaus CEO – Franklyn Richards

出展:TEAMZ

2013年にライトコイン(Litecoin)チームに加入、2016年にはLitecoin Foundationの創 設理事に就任。 2018年にスイスの会社’Zulu Republic’に世界最初の暗号通貨を非接続 し、信頼度が低いSMSとソーシャルメディアメッセンジャーのためのデジタルウォレ ットを開発。 さらに2019年、LitecoinをサポートしLitecoin.comを運営するために Litecoin Hausを設立した。

DigiFinex共同創業者- Kiana Shek

出展:TEAMZ

Baiduの自動運転車部門の元副事業部長として、同社の世界的な事業開発とパートナー シップの交渉において重要な役割を担い、さらに、自動車製造業者・一流のパートナ ー・関連政府機関との交渉において主要な役割を果たした。 以前は、Baiduの技術チー ムと協力して、クラウド製品とビッグデータのパートナーシップの機会を築き、その革 新的な技術を推進し、有名なブランドと関連するテクノロジー部門の広報活動およびマ ーケティング活動を行っていた。 2017年末にかけて、DigiFinexの共同創設者として、 ブロックチェーンテクノロジーを使用してグローバルなデジタル資産プラットフォーム を構築している。

Wikipedia共同創業者、Everipedia CIO- Larry Sanger

出展:TEAMZ

フリー百科事典ウィキペディアの共同創設者として最もよく知られているラリー・サン ガーは、多くの教育および参照ウェブサイトを作成した。Nupedia、Encyclopedia of Earth、WatchKnowLearn、Reading Bear、Infobitt、そして最近Everipediaは彼が最高 情報責任者として加入し、インターネットやオンラインコミュニティの哲学についての 専門家の執筆・編集した。哲学者としては認識論(epistemology, theory of knowledge)に関心をもち、現在は米国オハイオ州に妻と ホームスクール教育を受け ている2人の子供と住んでいる。

以上が2日間に渡るブロックチェーン、仮想通過関連のシンポジウム・ワークショップ内容となる。

去年にも増して、多くの登壇者がが参加し、来場客も多く来ることが予想されます。春のの目玉のブロックチェーンイベントと言って良いのではないだろうか。

少しでも「TEAMZブロックチェーンサミットに興味のある方はこちら より、チケットの購入、及び詳細のご確認を。当日購入も可能。

CoinPostの関連記事

日経新聞社・金融庁共催イベント『FINSUM2018』開催|仮想通貨関連ブースも多数
日経新聞社・金融庁共催イベントで、日本最大級の金融サミット「FIN/SUM x REG/SUM」が9月25日〜28日に開幕。今年は仮想通貨にも注力しており、公式メディアパートナーとなった仮想通貨メディアCoinPostも、ブース出展などでサポートする。
国内外仮想通貨、ブロックチェーン関連カンファレンス・ミートアップまとめ
日本、海外で行われる仮想通貨、ブロックチェーン関連イベントのまとめ一覧ページです。仮想通貨、ブロックチェーンに関する、カンファレンス、ミートアップ、セミナー、サミットなどの予定を時系列順にまとめました。毎週更新いたします。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用