仮想通貨取引所Zaif、4月23日より「モナコイン」の現物取引を再開|事業継承業務が終了へ

Zaif、4月23日よりモナコインの現物取引を再開
Zaifは株式会社フィスコへの承継業務終了の予定を踏まえ4月23日より「モナコイン(MONA)」の現物取引を再開すると発表した。同取引所は昨年9月にハッキングが発覚し、その被害額は約70億円(BTC、MONA、BCHを含む)に及んだ。

Zaif、モナコインの現物取引を再開

Zaifは、4月23日よりモナコイン(MONA)の現物取引を再開する予定を公式サイトで発表した。同取引所は、昨年9月にハッキングが発覚し、その被害額は約70億円相当(BTC、MONA、BCHを含む)にも上った。よって、被害補償が完了するまで、モナコイン(MONA)の取引及び入出金を停止していた。

昨年12月に、仮想通貨取引所Zaif復活への第一歩として、ビットコインの入出金が再開された。今回のモナコイン(MONA)の取引再開は、テックビューロ株式会社から株式会社フィスコ仮想通貨取引所への承継業務が22日に終了し、Zaifの安全性の強化、流出した仮想通貨の補償を完了させるためである。

ハッキング被害への対応

ユーザーへの被害補償は、同取引所からの「承継同意のお願いメール」にて、承継同意済のユーザーに限り対応済である。

MONA…約6割をMONAそのもので返還、約4割の消失した部分について日本円(1MONA当たり144.548円)に換えて補償

Zaifの「被害に遭われたお客さまへの補償について」はこちらから

なお、2018年11月22日までに承継同意したユーザーには、2018年11月30日までに補償が完了済である。2019年3月31日までの承継同意は、2019年4月12日に補償を完了している。また、依然再開時期が未定なサービスは以下である。

  • 新規登録
  • コイン積立(新規登録、引き落とし、買い付け)
  • カウンターパーティトークンの入出金
  • アフィリエイトプログラム
  • Zaif Payment
  • これらのサービスは、問題が無いことが確認され次第、順次再開される。「フィスコ取引所」は、22日の事業継承の完了から事業拡大や独自のサービス展開が期待されている。


    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

    telegramテンプレ
    ▶️本日の速報をチェック
    お問い合わせ 広告掲載はこちら