CoinPostで今最も読まれています

狙いは『数十億人が利用できる仮想通貨』フェイスブックがリブラの事業計画書を公表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Facebookが仮想通貨リブラの詳細を開示
Facebookが仮想通貨Libraの詳細を公開した。プロダクトの目的は『数十億人が利用できる仮想通貨』だという。

Facebookが仮想通貨Libraの詳細を開示

フェイスブックが開発を進めている仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」のホワイトペーパー(事業計画書)が公開され、全容が見えてきた。また、利用するためのウォレット兼決済アプリ「Calibra.com」も併せて公表された。

Libraのホワイトペーパーでは、新たな国際通貨を目指しているとプロジェクトのテーマが語られた。数十億人が利用しても耐えうるような、十分なスケールや安全性、エコシステムのガバナンスなど、世界的な利用に対応する柔軟性を備えるという。

Libraブロックチェーンの特徴的な機能として、以下の3つが挙げられた。

  • プログラミング言語「Move」を利用し、設計
  • コンセンサスアルゴリズムにBFT(ビザンチン・フォールト・トレランス性)を利用したアプローチ
  • 広く使われるブロックチェーンのデータ構造を採用

「Move」とは新たなプログラミング言語で、Libraブロックチェーン上でのスマートコントラクトの作成やトランザクション論理のカスタム実装に利用可能とのことだ。Libraの最終的なゴールとして、数十億人に利用されることを掲げているため、この新言語の設計には、安全性やセキュリティを最重要事項においたという。 具体的には、過去にスマートコントラクトで発生したインシデントなどの事例を参考にしたと記述されている。

Libraブロックチェーンは、BFTのアプローチに基づいたLibraBFTコンセンサス・プロトコルを使用している。これに関して、ホワイトペーパーで以下のように記載されている。

このアプローチにより、ネットワークの信頼を築くことができます。なぜならBFTのアプローチにより、たとえ3分の1以上のノード(バリデータ)に失敗あるいは不正をしても、ネットワークが正常に機能するようにデザインされています。

BFTとは、上記したように「ビザンチン・フォールト・トレランス性」の略で、例えば、分散システムが正しく機能することを「ビザンチン・フォールト・トレランス性を持つ」と表現される。これはビットコインで採用されている合意形成方法「Proof of Work」に比べ、エネルギー効率がよく、大量のトランザクションの処理も可能になるという。

さらに、Libraブロックチェーンは、変名で利用する形となり、現実世界の身分やアイデンティティとウォレットアドレスが紐づけられることはない。一つ以上のアドレスを保有することも可能だと語った。

またリリース前に、一足早くLibraを利用する場合は、Apache 2.0のオープンソース・ライセンスの下、Libraのテストネット上で利用可能となっているようだ。

ウォレット兼決済アプリ「Calibra.com」

出典:calibra.com

また、仮想通貨Libraとウォレット兼決済アプリ「Calibra.com」の関係性も見えてきた。

  • LibraはCalibraやFacebookからは異なった組織。
  • CalibraはLibraブロックチェーンを実装したオープンソフトウェアで、Calibraのエンジニアチームが開発。
  • フェイスブックチームは、LibraチームやLibraブロックチェーンの創設に大きく関わった。ただ意思決定はフェイスブック以外のチームが行なっている。
  • ソーシャルデータと金融データを分離し、サービスの立ち上げや運営するために、フェイスブックは子会社Calibraを設立した。

出典:calibra.com

上述したように、CalibraとLibra、Facebookは異なった組織により運用されているとし、実際にCalibraを利用するために、フェイスブックへ登録する必要はない。

「リブラ」の裏付け資産

裏付け資産の蔵となるのは、「リブラ・リザーブ」というシステムだ。

仮想通貨リブラコインの裏付け資産となるのは、「銀行預金や、政府債券を法定通貨に変えたものなどの低ボラティリティの資産の集合体」である。これに関して、リブラは、「リブラコインは複数の法定通貨に準拠するため、価格は変動する。」と明示している。

また、フェイスブックが設立した非営利団体「リブラ・アソシエーション」は経済が安定している複数政府の債券のみに投資するため、裏付け資産の本来の価格変動を最大限に抑えるという。

「リブラ・アソシエーション」には、VisaやMastercard、PayPalやCoinbaseなどの有名企業が参加しており、これらの企業は「リブラ・アソシエーション」の創設メンバーとして、ネットワークを維持する役割を持つ。

出典:libra.org

実際、リブラ・ブロックチェーンと仮想通貨リブラのローンチ予定は、2020年の上半期とされており、その前には100社による「リブラ・アソシエーション」への参加を目指していると記述してある。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア