CoinPostで今最も読まれています

IOTAがマイクロソフト、富士通と提携/IoT市場開拓を目指す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

IoTに焦点を当てたIOTA
既存のブロックチェーンとは違う方法で分散型、非中央集権型を目指す Tangleという技術を使用し、モノのインターネット(IoT)に焦点を当てた通貨です。
多数の大手企業と提携
この IOTA は、マイクロソフトや富士通を始めとするその他20以上の企業と提携を結び、新しいデータ市場を開拓しようとしています。

新しく注目されている仮想通貨スタートアップである IOTA がマイクロソフト、富士通、そして、その他20以上の企業と提携を結び、モノのインターネット(IoT)のための、データを公共的にアクセス可能にする新しい市場を開拓しています。

この市場が、全て分散型台帳によって運営されることを考えると非常に興味深いものとなっています。

ステークホルダー(企業・行政等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者)が安全にデータの共有及び、収益化を可能にすることを提唱しており、改ざん不可能なデータ市場というコンセプトを実証しようとしています。

一度、IOTAの分散型台帳にアップロードされると、そのデータは無数のノードによって共有され不変性を持つようになります。

IOTA は時価総額29億5000万米ドルを誇り、 CoinMarketCap において、現時点で8番目に大きなシェアを持つ仮想通貨です。

IOTA で特筆すべきは、その台帳を分散化、非中央集権化する際に新しい技術を使用していることにあります。他の多くの企業が使用しているブロックチェーン技術とは違い、IOTA はTangle という方法を使用しているのです。

IOTA の共同創業者である Dominik Schiener氏(以下、Schiener氏)及び、David Sønstebø氏(以下、Sønstebø氏)によると、Tangle はブロックチェーン技術よりもスケーラビリティに優れ、手数料のかからない取引も実現できると主張しました。

「私たちは、このデータ市場の提供を発表でき、非常に嬉しく思っています。そして、これは研究、人工知能、データの民主化を包括するパラダイムを前進させる起爆剤となるでしょう。」

とSønstebø氏は述べました。

IOTAについてより詳しい内容はこちらに掲載しています。

初心者でもわかる仮想通貨 IOTA(アイオタ)|IoTの未来を支える技術とは
IOTA(アイオタ)は、Tangleという革新的な技術を用いてIoTサービスの安全性を高めることを念頭に設計された仮想通貨。IOTA独自技術の仕組みや、IoTに与える影響などについて解説。

マイクロソフトや富士通に加え、ドイツテレコム、ボッシュ、アクセンチュア、PwCなどの有名企業もデモンストレーションに加わりました。

マイクロソフトのブロックチェーン専門家である Omkar Naik氏は、

「私たちはIOTAと提携を結び、新しいデータ市場の先駆者になれることを誇りに思います。」

と語り、

この次世代の[sic]テクノロジーが、ブロックチェーン技術を超え、接続された聡明な世界を加速させることで、顧客に対して実在する課題への解決策、アプリケーション、そして、的確なアドバイスを提供できるようになるのです。

と付け加えました。

この市場のデモンストレーションは1月まで継続されます。IOTAは、ブログでの継続的な発信や企業や個人がこの技術をどのように使用できるかを説くケーススタディの公表を確約しました。

使用している IoT デバイスを IOTA 台帳に接続すると、何かしらのネットワークに接続されている一般的な人が、自身のデータを売り出すことができるのです。これは、気象台統計を始めとする様々なデータの収益化を可能にします。

この最初のデモンストレーションで、IOTA は全てのデータが平等に評価されると発表しましたが、これは将来的に変更される可能性があります。

「この概念実証として、全てのデータが平等に扱われます。」

とSchiener氏は語り、

「次の変更点で、簡単な入札メカニズムとデータセットに対しての複雑なクエリを組み合わせ、採用する予定です。」

と補足しました。

IOTAやTangle、そして、その市場について、より深く知りたい方は、12月1日0時(日本時間)に開催され、Schiener氏及び、Sønstebø氏によって行われる予定の TNWの質疑応答にぜひ参加してみてください。

Microsoft and IOTA launch first cryptocurrency market for the Internet of Things

Nov 29, 2017 by MIX

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア