コインチェックの取引人数ランキング、ビットコインを抜いてXRP(リップル)が1位を獲得|ネム(XEM)も人気仮想通貨に

コインチェック、ユーザー統計データ
Coincheckが、取引所ユーザーのデータを数値、グラフ化したインフォグラフィック「Coincheck Data」を公開。日本におけるXRP(リップル)とネム(XEM)がアルトコインで人気を博していることがわかった。

コインチェック、ユーザー統計データ

仮想通貨取引所Coincheckは18日、取引所ユーザーのデータを数値、グラフ化したインフォグラフィック「Coincheck Data」を公開した。

Coincheckは、モバイルアプリダウンロードで『250万』を達成、日本国内のビットコインアプリではダウンロード数で1位を獲得(期間:2019年3月〜5月 データ協力:App Annie)しているという。今回の統計データは、日本国内でも多くのユーザー数を有する取引所のデータとして、日本人投資家の傾向を示す一つの重要指標となりそうだ。

公開されたデータでは、ユーザーの年代比率では30代が最も多く過半数が会社員であることがわかった。年代別の男女比では、年齢が後半になるにつれ、女性の比率が大きくなる傾向が見受けられている。

また、取引通貨に関しては、取引金額・取引人数共に、リップルとネムが人気通貨にあがった。取引人数ランキングに至っては、ビットコインを抜いてリップルが1位になったという。

取引金額ランキング

出展:coincheck.com

取引人数ランキング

出展:coincheck.com

取引人数が多い日別の統計でも、1位がNEMが高騰した日、2位と3位にXRPが高騰した日がランクインし、国内市場における人気通貨がデータから見えてきた。

出典:coincheck.com


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら