米CFTC、仮想通貨取引所コインベースの元幹部を市場監視部門トップに抜擢

米CFTCが新人事を発表
米商品先物取引委員会(CFTC)が、市場監視部門のトップに、仮想通貨取引所コインベースの元幹部を任命した。デリバティブ商品のプラットフォーム管理や、ビットコイン先物のような新しい商品の査定を担当する。

米CFTCがコインベース元幹部を雇用

米商品先物取引委員会(CFTC)が、市場監視部門のトップにDorothy D. DeWitt氏を任命したことがわかった。

CFTCは、デリバティブ市場を初めとする仮想通貨の店頭取引などに対し、監督の責を負う規制機関だ。最近では、LedgerX社のビットコイン先物の審査が話題になった。

また先週末には、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)などの業界ニュースに特化したサイト「Bitcoin.com」の取引所部門と、BCHの先物を上場させるために協議を行っていることが分かっている。

DeWitt氏は以前、米仮想通貨取引所コインベースで幹部を務めており、事業やマーケットの法務など幅広く担当したキャリアを持つ。また、他社でポートフォリオマネージャーを務めるなど金融業界での経験が豊富で、マネーロンダリングスペシャリストとしての資格も有している。CFTCでは、デリバティブ商品のプラットフォームを管理し、ビットコイン先物のような新しい商品を査定する役割を担う。

CFTCのトップ Heath Tarbert氏は、DeWitt氏の20年以上に渡る、金融や法律分野での経験に期待している。「DeWitt氏は、投資やリスク、また法律やコンプライアンスに関する経験があり、それに加えて仮想通貨の分散型台帳技術に対する知識を持っている。我々にとって非常に貴重な存在だ。規制に準拠した新しい商品の提供に貢献してくれるだろう」と期待を示した。

CoinPostの関連記事

米CFTCがビットコインキャッシュ先物を検討、アルトコイン 先物の先駆けとなるか
「Bitcoinドットコム」の取引所部門は、BCHの先物を上場させるために米商品先物取引委員会(CFTC)と協議を行なっている。アルトコインの先物の切り口になるか期待されている。
Bakkt、入出金開始で機関投資家から高い需要を実感 23日にもビットコイン先物提供へ
BTCの入出金を開始したBakktは、機関投資家による温度感と需要が予想通り高いことを実感していることを明かした。サービス提供にあたり重要なセキュリティ対策についてまとめた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら