最高値更新イーサリアムのステーキング数「前週比+30万ETH」と加速 CoinPost週次データレポート

仮想通貨市場のデータ動向

5月第1週の暗号資産(仮想通貨)市場。

ゴールデンウィーク中の4日には、米財務省のジャネット・イエレン財務長官が経済の「過熱を避けるためには米国金利の利上げもあり得るかもしれない」と発言が、投資家の警戒するテーパリング(金融緩和縮小)を示唆したことで、米株をはじめ、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場にも余波が見られた。

出典:CoinMarketCap

ドミナンス(市場独占率)の大幅下落が続く最中でも、ビットコイン(BTC)の週間騰落率は+7%と上昇。依然として高値圏を維持している状況にある。

目立っているのがイーサリアムで、3,000ドルから過去最高値を相次いで更新。10日時点で4,000ドルを記録した。

関連:なぜイーサリアムへの資金流入が続くのか、高騰続く背景は

イーサリアムの検索ボリュームが過去最高水準

Google Trend上では、5月第1週におけるイーサリアム(Ethereum)の検索数が2017年のバブル期水準を突破。個人投資家からの関心の高さが伺える。

出典:Google Trend

時価総額TOP20の騰落率上位

  • イーサリアム・クラシック(ETC):290.87%
  • ドージコイン(DOGE):94.47%
  • イオス(EOS):82.72%
  • ビットコインキャッシュ(BCH):49.15%
  • ライトコイン(LTC):35.50%

時価総額上位銘柄では、米投資アプリ「ロビンフッド」の関連銘柄が軒並み好調だった。イーサリアムクラシックの暴騰は特に顕著で、1週間弱で時価総額ランキングで31位から16位まで昇り上げた。

関連:「DOGE、ETC、BCH」米大手投資アプリRobinhoodで取り扱う仮想通貨が軒並み高騰

ドージコインも時価総額4位に浮上。8日の米人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」のイーロン・マスク氏登場のファンダで関心が高まった。一時「セルザファクト」相場が発生するも、9日には、Space Xが「DOGE 1」と呼ばれる小型人工衛星を月に送ることが報道され、高値圏での推移が続く。

関連:ドージコインが時価総額4位に、最新動向と高騰背景

ビットコインのオンチェーンデータ

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物のOI(未決済建玉)は以下の通り。

イーサリアムのオンチェーンデータ

ETH2.0 ステーキング額

先週、ETH2.0に預け入れられたステーキング額の伸びはこれまでよりも好調に推移。前週から約30万ETH(1200億円相当)ほど急増した。

総ステーキング額:438万ETH

出典:CryptoQuant

4月16日以降、米最大手仮想通貨取引所コインベースで、次世代イーサリアム2.0の最大年利6%ステーキングサービスが提供されており、ETH高騰に伴い大口投資家の関心が加速している可能性がある。

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

DeFi(分散型金融)

TVL(Total Value Locked)は、DeFiプロトコルへ預入れされた仮想通貨資産の総ロック額を指す。

出典:DeFi Llama

関連:DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

UNI、CAKE前週比推移

  • ユニスワップ(UNI):40.77(-1.2%)
  • パンケーキスワップ(CAKE):36.20(-3.9%)

NFT上位銘柄:前週比

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFT(非代替性トークン)関連銘柄の騰落率は以下の通り。(7日時点)

  • シータ(THETA):12.29(12.4%)
  • チリーズ(CHZ):0.5156(-8.4%)
  • エンジンコイン(ENJ):2.63(-0.3%)

クリプト指標

                    
日程 指標
5/10 Zaif XYMの順次付与開始を発表へ
5/11 OKCoinJapanでXRPとLSKの上場を発表へ
5/15 BCH ハードフォークを伴うアップデート
5/15 Solana グローバル・ハッカソン開催

Zaif XYMの順次付与開始を発表へ

2021年5月10日

2021年4月30日、国内大手取引所Zaif Exchangeは、国内で初となる仮想通貨NEMの次期バージョン「Symbol(XYM)」を2021年5月10日(月)から順次付与することを発表した。

今後のスケジュールは以下の通りだ。

  • 2021年5月10日(月)以降:XYMの順次付与開始
  • 2021年5月17日(月):XYMのOrderbook trading(板取引)での取扱開始予定
  • 2021年5月19日(水):XYMの販売所取引(簡単売買)での取扱開始予定
  • 2021年5月末:XYMの入出金申請を開始予定

入出金申請開始は、2021年5月末を予定しているが、ブロックチェーンの稼働状況によっては延期する場合がある。注意点として「付与及び買付けによって取得したXYMを送金できるようになるまで、遅延する可能性もある」としている。

関連:国内大手取引所Zaif、仮想通貨ネムの新通貨Symbol(XYM)付与が決定

OKCoinJapanでXRPとLSKの上場を発表へ

2021年5月11日

2021年4月21日、OKCoinJapanはXRPとLSKの取扱することを発表。

現物取引サービスは2021年5月11日16時からの開始を予定している。

関連:仮想通貨取引所オーケーコイン・ジャパン、XRPとLSKの取り扱いを発表

BCH ハードフォークを伴うアップデート

2021年5月15日

2021年5月15日、仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は、ネットワークをアップグレードを目的としたハードフォークを予定している。 尚、ハードフォークを伴うコミュニティの分裂や新たなコイン誕生の気配はない。

Solana グローバル・ハッカソン開催

2021年5月15日

2021年5月15日、SolanaはWeb3、DeFi、NFTに焦点を当てたグローバルハッカソン「Solana Season」を開催することを発表。

今回は中国、インド、東欧米、ブラジルの地域を追加されるとのこと。各地域では、独自のサポートプロジェクトや審査員団のほか、オフラインのワークショップやイベントも開催される予定。尚、対象期間は5月15日から3週間としている。

Solana(SOL)とは、高度な取引処理速度とスケーラビリティ、そして低い手数料が特徴のレイヤー1ブロックチェーンである。

前週の週次レポートはこちら:イーサリアム時価総額がディズニー超え──仮想通貨の投資資金、ビットコインからアルトへ

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します