弱気市場の今こそ市場参入と技術開発に専念する良い時期|ライトコイン創設者チャーリー・リー氏

ライトコインの開発者でライトコイン財団の創設者であるチャーリー・リー氏がCNBCとのインタビューに応じ、弱気相場でも仮想通貨に対する姿勢を崩さないと語った。

リー氏は仮想通貨市場が下降気味でも仮想通貨の決済としての導入は増加している点を挙げ、長期的に仮想通貨には期待ができると強調。

その他にも価格が下がっている今は市場に参入するタイミングには適していると述べ、弱気相場も技術開発に専念するには良い時だとした。

参考記事:Litecoin founder Charlie Lee reveals what he sees for bitcoin

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

チャーリー・リー氏:LTCの分散化を推進する理由と、他プラットフォームとの提携方法
ライトコイン開発者チャーリー・リー氏に「Consensus2018」でインタビュー。仮想通貨分散化に対する信念や、自身の保持するLTCを売却した理由について、お話を伺いました。
強気の投資家が、ビットコイン価格5,000ドルまで暴落すると予想する理由
米調査会社のトム・リー氏は、年末のビットコイン価格目標は3万ドルと再度断言、強気予想を崩していない。しかし、ビットコインの将来を信じる投資家でも、過去の経験から底値割れで一旦5000ドルを下回るとの見方もある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら