CoinPostで今最も読まれています

米高裁、アップルのアプリ外決済誘導禁止を違法判断 Web3アプリ開発企業にも追い風か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

小さな勝利と大きな一歩

米国連邦控訴裁判所(高裁)は24日、米アップル社が「App Store」で利用者の外部決済システムへの誘導を制限する行為は、カリフォルニア州の不正競争防止法(UCL)に違反するとの判断を下した。

米国連邦控訴裁判所は、地方裁判所の上位に位置する、控訴審を担当する裁判所。米国における最上位の上訴裁判所としては、連邦最高裁判所(US Supreme Court)がある。

今回の判断は、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元である米Epic Gamesが、スマートフォンアプリの課金方法を巡り、アップルを反トラスト法(独占禁止法)違反で訴えた訴訟で下された判決の一部だ。控訴裁は、上記以外の争点においてはアップルの主張の大半を受け入れ、独占に当たらないとした地方裁判所の判断を支持した。

Epic Gamesの創業者でCEOのTim Sweeney氏は、アップルの勝訴を認める一方で、App Storeの外部決済への誘導を制限する条項を裁判所が否定したことは、開発環境の大きな改善につながるとの考えを示した。

幸いなことに、アップルの反ステアリング条項を否定した裁判所の前向きな判断により、iOS開発者は消費者をウェブに送り込み、そこで直接ビジネスを行うことができるようになる。我々は次のステップに取り組んでいるところだ。

App Storeの反ステアリング条項では、アプリ開発者がApp Store以外のサードパーティの決済方法への外部リンクを設けることを禁止している。裁判所は、Epic Gamesの手数料(12%)がアップル(30%)に比べて格段に低いということをユーザーが知れば、直接Epic Gamesに集まり、Epic Gamesがより高い収益を上げていたと判断。反ステアリング条項は「不公平である」との結論に達した。

アップルはこの決定を不服として、上訴の可能性も検討していると声明で述べている。

アップル VS Epic Games

アップル社とEpic Gamesの法廷抗争は2020年に始まった。

Epic GamesはApp Storeの「法外な手数料」を回避するため、独自決済システムへのリンクをアプリ内に設けたところ、アップルは規約違反に当たるとして、人気ゲームフォートナイトの配信停止に踏み切った。

この措置を受け、Epic Gamesはアップルが他社の決済システムを認めず最大30%の手数料を課しているのは、独占的であり競争を阻害しているとして、アップルを提訴。程なくアップルもEpic Gamesを反訴した。

米地裁は2021年、Epic Gamesによるアップルの独占禁止法違反の主張を退ける一方で、反ステアリング規制については、アップルに撤廃するよう命じる判決を下した。

アップルならびにEpic Gamesは、この判決を不服として控訴し、今回、控訴裁判所で改めて同様の判断が下される事となった。

日本と欧州では

App Storeは長年に渡り、日本の公正取引委員会による独占禁止法に基づく審査を受けていたが、2021年9月、アップル社は同委員会との和解に伴い、規約の一部を改定した。

公取委は、アップルが音楽配信や動画配信などのアプリ提供者に対し、コンテンツ販売方法を限定する規定などを問題視していた。アプリ内での有料コンテンツ販売はApp Store経由に限定され、アプリ提供者には販売額の30%が手数料として課されていた。また、自社サイトでコンテンツを販売するためのアウトリンク表示は禁止されていた。

改定された規約では、「リーダーアプリ」上で有料のコンテンツや利用料支払いの際に、外部の決済サイトへのリンクの掲載を容認することになった。ただし、ゲームアプリでの外部誘導は引き続き禁じられていた。

改定された規約は2022年から、全世界に適用されたことから、日本の公正取引委員会が巨大IT企業に影響を与えた例として注目された。

アップルはまた、欧州連合(EU)のデジタル市場法(DMA)に準拠するため、App Store以外からも外部アプリをダウンロード可能にする「サイドローディング」の実装準備を進めているようだ。

対応はEUに限定されているが、同様の法律が制定される場合は他国でも適用される可能性があり、Web3およびNFT(非代替性トークン)業界にも追い風となり得る。

関連:アップル、欧州で外部アプリストアの許可方針 30%の「Apple税」解消か=報道

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。
10:02
米仮想通貨業界団体、ハリス米副大統領に3つの要望
米国のデジタル商工会議所は、バイデン氏の後任候補ハリス副大統領に書簡を送付。仮想通貨の支持や育成を呼びかけた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア